<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


拍手ボタン

……肩の荷が降りたかと思ったら、降りすぎて、あっさり二週間くらい無更新になってしまった……!


この二週間、いろいろあった気もしますが、このブログ的な事件は、萌えコラムの取材に”失敗”したことでしょうか……。

a0116230_11594018.jpg


敗北後、二人で親子丼食う、の画。


というのも、お盆の真っ最中に(コミケとかやってる)行ったら、めぼしいお店は全て定休日で……

で、なんとかやってる店にいったんですが、行った店が、こう……もはや、店として、体をなしてない、いくらなんでも萌えコラムで取り上げられないレベルの店で……(笑)

入った瞬間、(これはまずい)と思いました。

店に、女の子(というか、……ママ?)みたいな人が一人だけいる店やったんですが、店入った瞬間、ママが、他のお客さんと一緒に、ダンスダンスレボリューションでめっちゃ盛り上がってるんですよ……。オレらそっちのけで……。

で、しばらく待たされた後、テーブルに通されたんですが、そのメニューに書かれてた、ほとんどのメニューが「あ、それもうやってないんです」と一蹴されるダミー・メニューで……。

そしてその間も、ママは、基本的にはダンスダンスレボリューションに夢中で……。

そんな中、一つだけ生きてた、面白メニューに、”南京錠をハリガネで開ける”ってのがあったんで、みんながレボリューションで盛り上がる中、担当Sと共に20分くらい無言でカチャカチャやってたんですが、

S「だ、大楽さん。ど、どうでしょう? これ、コラムにできそうですか?」

大「あ、できますよ! 担当Sと大楽絢太のオモシロ奇店珍道記って方面でよかったら! 任せてください! オレそういうの得意なんすよ!」

S「いや……あの、いちおう、まだ萌えを学ぶコラムとしてやっていきたいので……すいません! もう一回、仕切りなおしていいですか!?」

……担当Sの英断もあり、初の、取材ギブアップに……。

うん、まぁ、そのほうがいいかもな……。さすがにあの店で萌えを学んだ、って言い張るのは無理がある……。

というわけで、その日は基本的には親子丼食って、執筆の打ち合わせだけして秋葉原から帰りました。
この失敗は、上司に怒られるとSさんは若干ブルーになってましたが……。


というわけで、萌えコラム、取材行ったものの、実際には取材できなかったですよ、という事件でした。

さすが秋葉原、いろいろありますよね……。



拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2018-08-17 12:00 | 遊び人篇


よしっ、今週はなんとかそんなに間を空けず更新できたぞ……!

とはいえ、相変わらず、そこで行われている日常は、外食したり、バイト行ったり(来週、週六出勤)、そんなもんなんですが……。

執筆関係に関しては、ちょっと、今、報告できる段階のものがないんですよね……。

しばしお待ちください。

随分、ラノベ作家らしい記事書いてないなぁこのブログ……。

いやこれがラノベ作家のリアルといえばリアルなんやろうか……。


とはいえ、実は、自分と同じ勤務形態のラノベ作家さんって、あんまりおらんねんけどな……。

自分の周りで一番多いのは、ザ・専業作家。文筆業のみで喰ってる超越者達……!

めちゃくちゃ売れてるシリーズやってたり、複数シリーズ掛け持ったりして、名実共に作家を名乗って良いしびれるプロ集団……!

僕が、そういう意味で、そのプロ集団に属してたことは、デビューしてから13年で、確か半年くらいの間です。

『七人の武器屋』が終わったほぼ同時期、いろいろ職場内環境が変わったんで、ついでにその時所属してたプールのインストラクター的なバイト卒業して、フリーター……完全に執筆だけの状況に半年くらいいたんですが。

『武器屋』で出し切った疲労+新作が全く書けへんストレスで、これはやばい……となって。

「誰か人間に会わな、やばい……!」

お金を稼ぐというより、人間に会う為のツールとして、ヤキトリ屋のバイトとか始めた……気がする。

あの当時は、毎日誰とも会わず、一人で原稿書くことに、異常な恐怖を覚えてんな……。

今は人間に会う為というより、完全にお金を稼ぐツールとしてバイト行ってるんでもうそんな心配は皆無なんですが……。



勤務形態で、次に多いのが、少数派ですが、たまにいらっしゃる、兼業作家さん。

ただ、ここでの”兼業”が、バイトっていう人、あんまりおらん気がするねんな……。

だいたいが、正社員。正社員と、執筆、同時にこなすスーパーエリート。頭のデキが並じゃない人達。

もしくは、専門学校等で、”教える側”としてお金を稼いでる、ある意味文筆業の副業としてめちゃくちゃ王道の仕事してる人もいる。

あとは、家業があって、それ手伝ってる人とか。

これらも中々格好良いですよね……!


というわけで、ラノベ作家のリアルを見せる、とかいっても、全然似た境遇の人おらんから、ラノベ作家のリアルっていうより、ただ大楽絢太のリアル見せてるだけやねんなこのブログ……。

……とか思ったけど、ふと気づいた。

あれ? 

もしかして……そんなこと、このブログ見てるブログ読者さん、とっくに気づいてる……のか?

このブログみて、そこにラノベ業界のスタンダードを重ね合わせてはいない……のか?


……このブログ始めて9年くらい経ってるけど、今更ながら、とんでもなく重要なことに気がついた気がする。

あぁそう……! そういうこと……!

オレは別にラノベ業界全体のイメージを背負う必要なかったんか……! 

随分重い肩の荷が下りた気がする……! (何を背負ってたん?)


というわけで、なんかブログを借りての自己分析の結果、勝手に何かの憑き物が取れたような感覚がしますが、改めまして、ここはそういうブログです。

ラノベ作家のリアルっていうより、大楽絢太のリアルを見せるブログ、やったんか、ここ……!

まあそれでも良かったら、また見に来てください。

いや、知らんかったなぁ……。



拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2018-08-03 13:30 | 遊び人篇