情熱大……楽 (DSP篇)

dkdkdkdkdk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

『ウェポン・オブ・ナカムラ』(上)

 ピリリリリリリ……
 
 装着していたインカムに、緊急用アラームが鳴り響いた。間髪入れずに、店長の怒鳴り声がインカムを通じて聞こえてくる。

「てめぇら、出番だぞ! であえぇ、であぇぇ!」
「ちょっと店長、店員が混乱するから黙ってて下さい!」
「べらんめい、ワシは店長だぞ! お? コ、コラ離せ、コ……ザザ……」
「……失礼しました。緊急事態です。午後17時1分、2階の文房具売り場にてスティールが発生しました」

 いつもこの言葉を聞いた瞬間、体が軽く震える。

「スティールされた売り物は、アバレンジャーキャラクターカードつきぬりえちょうが1点、ジャポニカ学習帳が1点、マッキー極細8本入りが1点です。現在賊は、正面玄関に向かって逃走中。タイムカード番号が偶数の人間は、正面玄関に急行してください! 繰り返します、タイムカード番号が偶数の人間は、正面玄関に急行してください!」

 ショッピングセンターナカムラの、精肉売り場。

 夕方5時過ぎだとあって、精肉売り場コーナーには、大勢の主婦がつめかけていた。

 僕は、まさに今、牛サイコロステーキ(冷凍のオーストラリア産だ)をお客から受け取って、値段を言い渡そうとしていたところだった。
 けど、緊急事態だ、肉を売ってる場合じゃない。あわててお客にバツサインを出すと、慣れたもので、お客もすぐに理解し、離れていってくれた。

 偶数の人間。僕のタイムカード番号は1002番、偶数だ。……偶数だよな?

「落ち着け優介。1002番は偶数だよ。そら、ウェポンだ」

 優介っていうのは僕で、本名は古川優介。エージ先輩はそういうと、僕の両手の中に鉄製の銃器を押し付けた。
 ナカムランチャー。正式名称、中村式43mm砲。店長である中村が、グレネードランチャーを模して作った、ショッピングセンターナカムラ最強のウェポンだ。大きさは774ミリ、重さは弾丸を装填してない状態で4kg。46mmの模擬弾を撃ちだして、その打撃で賊を気絶させるのが基本的な使い方だ。

「エージ先輩、僕、ランチャーはあんまり自信無いんですけど……」

「毎日一応練習してるじゃないか? 自信持てよ」

 自信持てよといわれて、自信が沸いた試しはない。

「だいたい優介。お前さん、今日は1人も賊を撃退してないだろ? もう夕方だ、そろそろ撃退しておかないとヤバイんじゃないの?」

「じゃあ、せめて電磁モップに持ち替えさせて下さい。あれならまだ」

「おいおい、今逃げてる賊は、超強襲型、バリバリの肉体派だぜ? 接近戦挑んで、木っ端微塵になりたいのか?」

 木っ端微塵。すぐさま僕は、先月強襲型に足を踏み潰された社員のレントゲン写真を思い出した。粉々も粉々、足の骨は踏んで割れたポテトチップスのようになっていた。

「うぅ、分かりました、ランチャーでいいです」

 自分で思い出して、自分でゾッとした僕は、先輩の意見を素直に聞くことにした。

「OK。ここで頑張って、歩ちゃんにいいところ見せろよ」

「たたた? 滝川さんは関係ないでしょ!」

 僕は断固否定したが、悔しいことに顔は熱くなっていた。

「関係ない? そうでもないぜ。大物を捕らえて、勢いづいたところで告白だ。どう?」
 
 大物を捕らえて、勢いづいたところで告白……。

「そ、そんな勢いなんて借りなくても、僕は気持ちを明かしますよ。そんなことより、先輩、そろそろ正面玄関に行きましょうよ。賊が撃退されますよ?」 

「ん、それもそうだな。んじゃ、そろそろ行きますか」

「ハイ」

僕達は、ようやく正面玄関に向かって走りだした。しかし走りながらふと思う。

(勢いをつけて告白か、悪くないな)

 ハッキリいって僕は、エージ先輩の言葉を、おもいっきり真に受けていた。
         


「ギャオース!」
 正面玄関で暴れ狂っている賊は、想像を超える化物だった。
 
 身長は……2m半ぐらいだろか? 自動ドア前の小さなスペースはこいつ1人でほぼ埋まっていた。顔は角刈りのコワモテ、全身筋肉の固まりで、フランケンシュタインってこんなのか? と思わせる。
 店員は30人近く集まっていたらしいが、今立っているのは10人程度だった。あとは全員気絶して床に寝転がっている。

「せ、先輩! あんなモンスター君が相手なんですか?」

「みたいだな。マンガ並だぞ、ありゃ」

「ぜ、絶対勝てないですよ、あんなの。僕達の手に負える相手じゃない……」

「ギャアァオース!」
 
 残っていた社員を、ちぎっては投げ、ちぎっては投げるフランケン。

「クソ、優介撃て! このままじゃ店から出ちまう!」

「えぇ? なら、先輩も撃って下さいよ!」

「オレはウェポン持ってきてねぇんだ! あんな化物だなんて予想外だった。いいから撃て、マジでやばいぞ!」

「苦手なのに。でぇぇ、当たれ!」

 バシュゥゥゥ! ナカムランチャーから模擬弾が発射された。模擬弾といっても、ヘビー級パンチの2乗の威力がある(店長曰く)、くらえば即気絶の代物だ。

 ガウンッ! 模擬弾は、フランケンの頭上を越えて、入り口の自動ドアの上、コンクリート部分にめり込んだ。パラパラと破片が落ちる。

「あぁ……やっぱり当たらない……」

 何度もいうが、僕はナカムランチャーが苦手だった。練習じゃ結構当たるんだけど、実戦じゃ頭が真っ白になって、どこを狙えばいいか分からなくなる。

「いいからどんどん撃て!」

「うりゃ、うりゃ、うりゃぁ!」

 ガウン! ガウン! ガウン!
 
 1発目は天井に、2発目は自動ドア横の植木鉢に、3発目は、すでに気絶して横たわっている社員の尻に直撃した。社員は当たった瞬間「ウッ」と喘いだが、再びすぐに気絶した。

「だ、誰がやったか憶えてないよね?」

「そんな悠長なこといってる場合じゃない、来たぞぉ!」

 明らかに自分が狙われている事に気づいたフランケンは、僕に向かって突進してきた! ドォン、ドォンと一歩踏み出すごとに、軽い地震が起こる。

「ギャギャォォォォン!」

「う。わぁぁぁぁ、どうします、どうします!」

 もはや完全にパニック状態になった僕は、とにかくエージ先輩に指示を仰いだ。

「撃て、的がでかくなってチャンスだろうが!」

「僕には無理です、先輩、交代して下さい!」

「バカヤロー、撃て!」

「当たらないんですよぉ! やっぱり僕は」

「優介ぇ、後ろだぁ!」

「え? く―――」

 ガウン! ゴッ! 

 振り向きざまに、反射的に撃った僕の弾丸は、床に当たり、そのまま跳ね返ってフランケンの顎を直撃した。

 ウ~ア~、と怪物そのものの叫びをあげると、フランケンはそのまま床に、大の字になって崩れ落ちた。

「た、助かった」

 半ば放心状態で、僕は床に座り込んだ。ほどなく、インカムに場違いな、さっきのオペレーターの、どこか間の抜けた声が響いた。

「皆さん、お疲れ様でした~。17時6分、賊は撃退されました。撃退したのは……タイムカード番号1002番、精肉売り場担当の、古川優介さんですね。すぐ報告のため、社長室に来てください。それでは各自、通常業務に戻ってください」

 こうして、僕は久々に賊を撃退した。しかも結構、大物を。


 今の戦闘は、はたして何だったのか?
 
 何故、精肉売り場でアルバイトをしている普通の高校生、古川優介がグレネードランチャーもどきを振り回してフランケンとバトルしていたのか?
 
 答えは簡単、ここショッピングセンターナカムラは、いつのまにか『派手なバトルがウリのスーパー』になってしまったからだ。
 
 ナカムラは、もう15年以上前からこの土地にあり、ずっと地元の市民に愛され使われてきた。けど、周りにドンドン進出してくるコンビニと、ここ数年の不況のせいもあって、何か新しい、客を引きつけるようなパフォーマンスが必要になった。

 そこで店長が目をつけたのが、『日本シーフギルド』。

 世の中には、盗みに命を懸ける人間が、星の数ほどいる……らしい。その人達が集まってできたのが、日本シーフギルド。

 シーフギルドの人間は、盗みのプロで、人間離れした奴らばかり。さっきのフランケンがいい例で、あれは危険指数Aの大物だったらしい。

 何を血迷ったか、我が店の店長中村は、そのシーフギルドに挑戦状を叩きつけてしまったのだ。『盗めるモンなら盗んでみろ』と。店長の狙いは、自分の作った武器で、シーフギルドの『賊』を撃退して、そこに起こる派手な戦闘で客を取るとことだった。

 かくして、いつ終わるともしれない、ナカムラVSシーフギルド、宿命の対決の構図ができあがってしまったのだ。

 店長のアイデアは意外にも的中し、この戦いが始まってからのナカムラの客員動員数は、今までの倍近くにまで膨れ上がった。ただ同時に、この激務に耐えられず辞めていく社員も数多くいた。僕の場合、辞められない理由があったから今ここにいるわけだ。

      ※

「はぁ、結局1発も狙ったところにいかなかったんだよな。ふぅ~う」

 僕は、20時2分にタイムカードを押し、着替え、挨拶を済まし、ナカムラを後にした。時間も時間だけに、入り口前の駐輪場に止まっている自転車の数はまばらだ。

「何で僕ってこうなんだろう? はぁ~」

 もう十一月も半ば、ため息は吐いた瞬間、白い息へと変わる。

 僕はいつも通り、どっぷり自己嫌悪に浸っていた。

 嫌悪するのは自信を持てない自分。容姿、仕事、人間関係、全てにおいて僕は自身が持てなかった。ようするに暗い性格ってことか。……はぁ~。
 
まず自分が人より劣っていると強く感じさせられたのは、小学校に入学してしばらく経った頃だった。
 両親が営む定職屋が今にも潰れそうなことを肴に、からかわれたのだ。
 あれから10年、僕は高校生二年生になったが、未だに定食屋『五郎』はしぶとくもちこたえていた。

 昔は、自分がからかわれる原因を作った親がどうしようもなく憎かった。さんざん、何でウチだけが貧乏なんだ! と詰め寄った。けど、今は僕なりにその苦労を理解し、バイトをして家計を助けている。ただ誤算だったのは、一番近所だから入ったバイトに、あんなふざけた新システムが導入されたことだった。

 もうひとつ、僕が人より劣っていると感じさせられている最大の原因……それは顔に対するコンプレックスだ。

 右目から口の右端に向かって、弧を描きながら点在する『3つのホクロ』。

 まるで涙を流しているように見えることから、小学校入学から中学一年頃まで『泣きむし優介』略して『泣っきー』と呼ばれるハメになったのだ。
 
 あいつらは、冗談のつもりだったろうけど、僕には後遺症が残ってしまった。

 例えば授業中、先生に当てられ、立って教科書を朗読するとき。

 恐らく、だれも僕のことなど気にしていないだろう。だけど僕は、自分のこのホクロが視線を集め、今にも笑われているようなイメージを受けてしまう。
(ねぇ、見て古川君の顔)

(プッ! なにあのホクロ、泣いてるみたい)

(クスクス)

この幻聴を、何百回も僕は聞いた。

 最近は誰も泣きむし優介とはいわないけど、僕は常にこの顔を意識してしまい、自身が持てなかった。

「な~に暗くなってんだ、今日のヒーローが!」

 突然、パン! と背中がはたかれた。

「あ、エージ先輩」

 そこにいたのは、同じく食品部門でバイトしている先輩、三森栄治だった。

 年は二十歳で大学2年、176cmの長身で、きれいに鼻筋の通った、絵に描いたような色男。仕事もこなし、そして常に自信と余裕を持って行動するエージ先輩は、僕にとって見習うべき先輩だった。

「心の準備はできたか?」

 といいつつ、先輩は僕の首に右腕を回し、気安く肩を組んできた。いつものことだ。

「何の心の準備ですか?」

 ? 本当に分からなかった。すると。ポカッと僕の後頭部がこづかれた。

「あいた! 何するんですか?」

「大物を捕らえたら、その勢いで告白、だろうが」

「あ~、それか。ダメですよ今日は。僕は自分のダメさ加減を、部屋に閉じこもって徹底的に責めるんです。ウジウジウジウジとね。ということで――?」

「おまたせっ!」

 パシッ! 背中が再びはたかれた。まさか? 脳裏にある人物が浮かび上がる。振り返ると、そこにいたのは――

 健康的で、明るい性格だと一目で感じさせる、黒髪のショートヘアーの少女。気の強そうな顔だが、朗らかに笑っている今の顔は、人好きされる、愛らしい顔だ。

 そう、この少女こそ、僕をこの店に留まらせている……脳裏に浮かんだ意中の人、ショッピングセンターナカムラのパン売り場の看板娘、滝川歩だった。僕と同じ高校2年生で、僕は普段滝川さんと呼ぶ。頭の中ではもちろん歩ちゃんと呼んでいた。

「あ、た、滝川さん? ……先輩、まさか?」

「ああ、誘っておいてやったぞ」

 それを聞いた瞬間、僕の頭に血が昇った! 

 このデリカシーのない先輩の行動に腹を立てた僕は、野獣の如く先輩の首に掴みかかり、前後に激しく揺さぶった。

「何勝手なことしてるんですか! 嫌です、僕は帰りますよ!」

「ガフッ!? オ、ヂ、ヅ、ゲ!」

「ええ? 古川君帰るの? 今日の主役は古川君でしょ、アタシと栄治先輩だけでご飯行くの?」

「え? ご飯? え?」

 強制告白じゃない? 僕は、とりあえず首から手を離した。

「ゴホゴホ……そうだよ、全く。3人でお前の大物獲得を祝って、メシでも行こうと思ったんだよ、早とちりしやがって。いいたいことがあるなら、メシを食い終わった後にいうんだな」

軽く咳き込みながら、先輩はニヤッと意地悪そうに笑った。

「何ボソボソやってるの? 古川君、行くんでしょ!」

「は、はい」

 いきなり、予想外の展開だ。もはや自己嫌悪などしてる場合ではなかった。


「んじゃ、オレちょっと寄っていく所あるから」

 食事を終え、店から出た途端、先輩はサラッとそういった。瞬く間に、僕の血の気は引いていく。

「え? ちょっと先輩? そ、そんな」

唐突なその申し出に、僕はすがるような目で精一杯、「行かないでくれ!」という合図を送った。しかし先輩は、苦笑して僕から目をそらしただけだった。

「どこ行くんですか、三森先輩」

歩ちゃんは、先輩の発言にさほど驚いていない。ニコニコしたまま聞いた。

「ん~、まぁ、ちょっと君達にはついてきて欲しくない場所かな?」

「うわぁ、なんかヤラシイ~。彼女ですか?」

「まぁ、そんなところだ。優介、ちゃんと送って行ってやれよ」

「はぁ。分かりました……」

 これは……チャンスなのか? 
いや、落ち着け。ここで暴走して何になるっていうんだ? せっかく仲良くなれるかもしれないのに。いやしかし、A級の賊を撃退して、僕の評価は歩ちゃんの中でうなぎのぼりのハズ。しかも、食事直後で脳は幸福な状態。だいたい、僕と歩ちゃんが二人きりで歩くなんて、未来永劫金輪際永久に二度とないかもしれない。僕の思いを打ち明けるのは、今日なのか? いやしかし、いや、だが。

「じゃあね、歩ちゃん。優介も」

 僕は無限にループする妄想ワールドから、先輩の挨拶で現実に引き戻された。

「サヨナラ三森先輩、またおごって下さいね」

「ハハハ、気が向いたらね」

そういうと、先輩は僕に意味ありげな視線を送ってから、去っていった。

(上手くやれよ、ってことだろうな。……いわれなくても)

「じゃ、行こ、古川君。ちゃんとエスコートしてね」

「は、はい」

 僕は一緒に歩きながら、横目であらためて彼女を見た。

 身長はいっしょぐらいだから、170cmぐらいかな? やはりお腹一杯になって幸せなのか、いつも以上に白い歯が覗けた。やはり……カワイイ。けど、見た目なんかどうでもいい! いや、カワイイほうがそりゃいいけどさ。とにかく、歩ちゃんの一番の魅力は、断固あの人間性なのだ。      

 明るく活発な性格で、どのグループにいても、いつのまにか輪の中心にいる。そして老若男女、分け隔てなく接する彼女は、こんな僕にも気さくに話しかけてきてくれた。

「古川君て、大学行くの?」

 ふと、歩ちゃんが口を開いた。僕は必死に脳内コンピューターを起動し、ベストな返事を検索した。

「え、と、う~ん、まだ決めてないかな」

「そっかぁ。まだ、高校二年生だもんね」

「そ、そうだよね」

 沈黙。

「ねぇねぇ、なんでナカムラに入ったの? やっぱり近いから?」

「うん、そう」

「そうだよね。アタシもなんだ。いまや、あんなバイトになっちゃったけどね。アハハ」

「ハハ」

 沈黙。

「そういえば、パートの三浦さんて、不倫してるらしいよ」

「へぇ~」

 沈黙。

 こ、これで会話は成り立ってるんだろうか? 明らかに、普通の会話より短い気がする。質問の受け答えを間違えたか? 
 
ん、いや、しかし楽しそうな顔をしている。上手くいってるってことなのか? 雰囲気は良好、こうなりゃ玉砕覚悟でやってやる!

「た、滝川さんてぇ! その、ほら、彼氏とかいるの?」

う、我ながら下手な牽制だ、バレたか!? いきなりの質問に、歩ちゃんはビックリして数秒固まった。しかしすこし経つと、僕の目を見て

「いないよ。いたらこんなに毎日バイトこないよ」

と冗談ぽく、笑いながら応えてくれた。と、いうことは、だ。

「な、なら。その、あれです。ぼ、僕と」

「え、なぁに?」

「ぼぼぼ、ぼく、ぼ」

「?」

「僕と、僕と」

「うん」

 僕と……つきあってくれるなんて、そんなことあり得るんだろうか? 

 ふと、僕は冷静に考えてしまった。そしてその迷いの瞬間を見逃さず、僕の脳裏にいつもの幻聴がこだました。

【プッ! なにあのホクロ、泣いてるみたい】

【クスクス】

「古川君?」

 ……そうだよな。危なく暴走するところだった。分をわきまえなくっちゃ。

「ハハハハ」

「な、何? どうしたの?」

「いや、なんでもないんだ。そういえば、パートの三浦さんが不倫してるんだって? 詳しく聞きたいなぁ、アハハ」

「……」

 う!? そ、その目は?

 歩ちゃんは、かつてみせたことのないような、冷たい目で僕を見た。

「えーっとね。三浦さんはね」

 しかし、次の瞬間には、何事もなかったかのように、いつもの明るい歩ちゃんに戻っていた。

 結局、この日は何もいえなかった。

 僕は自分の情けなさを再確認し、再び自己嫌悪モードに入った。







(中)へ続く

by dkdkdkdkdk1 | 2002-12-30 00:00 | 過去作篇

ライトノベルも書いてるアルバイター大楽絢太が、情熱大陸ばりに現状垂れ流すブログ。最近は不定期更新!


by dkdkdkdkdk1