マテリアルレポート2019


もうすぐ”平成”も終わるじゃないですか……。

最近、何か、気になってたんです。

何か……何かやり残していることがある気がする……と。

何か……”平成”を象徴するような、”平成”を凝縮したような快適な空間があって、そこに行かなアカン”約束”があったような…………??

そんなことを考えていた最中でした。

みな想いは同じだったのでしょうか。

一通のメールが来ました。

そこにはこう書かれていました。

石踏一榮『平成最後のマテゴハウスを行います! 日程決めをするので都合を教えてください』

大楽「これやん…………!!」


というわけで――

久しぶりに、『マテゴハウス』こと、作家の葵せきなさんのお宅にお邪魔してダラダラ遊んできました……!

このブログによると、前回の記事が2017年の3月ですから、レポートは約二年ぶりですか!

けっこう過去最高に空きましたね。

まぁ石踏さんとか近年、尋常じゃなく忙しかったですからね。

久しぶりなんで、いちおう登場人物を整理すると、

1・石踏一榮 マテゴハウスの発起人。家主では無い

2・葵せきな マテゴハウスの家主。ちなみにマテゴを書いてたのはもう13年ほど前。

3・瀬尾つかさ 参加者その1。メンバー唯一のアルコールOK側の人間。なめろうを好む。

4・細音啓 参加者その2。メンバー唯一の常識人。今回も一人だけお土産(美味しいシュークリーム)を持参する。

5・大楽絢太 参加者その3。メンバー唯一のアルバイター。少し、お財布の中身が寂しい。

こんなカンジです。

まぁいつもの面々ですね。

では、いつも通り、当日の様子を、ダラダラ振り返っていきましょか。



まず、集合時から、さかのぼっていきましょう。

今回は、全員年老いてきたこともあって(徹夜がキツくなってきた)、昼12時に集合でした。

昼ごはんは、食べて来てもいいし、食べて来ない人はマテゴハウスに行くまでにコンビニで買っていくという、ほんま大学生みたいなユルい集合やったんですが……。

さっそく、僕にとって、予想外の展開が。

大楽「さて、昼メシどうする?」

石踏「え? もう食べてきたよ」

瀬尾「私も」

細音「あ、私もです」

葵「オレ、11時くらいに起きてパン食べたから全然お腹すいてないや」

大楽「なんなんソレ……!?」

まさかの、食べてきてないのオレ一人という展開……。

オレ、朝から清掃のバイト一発こなしてきてるから、腹ぺこなんですけど……。

というわけで、一人だけファミリーマートのおにぎりと、冷凍の餃子買って葵さんの家でレンジ借りて食べました。

a0116230_12492704.jpg
a0116230_12492701.jpg

石踏「つか、なんで半分くらい食ってから写真撮るんだよ……」

瀬尾「インスタ映えしねぇなぁ」


で、次は、マテゴハウス恒例、石踏さんが推薦する、えーと、今旬の、ちょっと変わったゲームをやる時間。

全員で合議の上、体力に余裕があるうちに処理しよう、という結論に至ったので、食後一発目にやることにしました。

石踏「今回はこのゲームにしてみたよ。これ、葵さんにプレゼントね」

a0116230_12492761.jpg


葵「………………」



石踏「せっかくだから大楽さんにも買ってきた」

a0116230_12492738.jpg

大楽「お金の使い方絶対オカシイやん……」

というわけで、このゲーム『レフト ア ライブ』やったんですが……。

いや……あれ?

五人でやったら、めちゃくちゃ盛り上がりました。

内乱中の国で、兵士だった人間が敵の包囲網を突破しつつ話を進めていく……みたいなゲームやったんですが。

一人一機交代でやった結果……次のプレイヤーが、前のプレイヤーが習得した技術を目で見て伝承していく”ロマサガ2”システムが発動しまして、最後のほうとか、もう映画くらいのめりこみましたよ……!

葵さんが”スライディング”というアクションを習得、次のオレが”空き缶を投げる”というムーヴを習得。

続く石踏さんが”アイテムの合成”を覚え、細音さんが”センサー爆弾”の生成のやり方に開眼……!

この四人で、一時間くらい、開始三分で遭遇する雑魚兵士三人の包囲網を突破できずぎゃあぎゃあ言ってたんですが、

最後は、瀬尾さんが、全員の叡智を受け継ぎ、”リモコン爆弾”の存在を察知、銃弾を喰らいながら前に進み、

瀬尾「行ってやる……最初のイベント戦闘の雑魚敵の向こう側へ」

四人「「「行っけぇええええええええええええええ!」」」」

ものすごい一体感で、最初のイベント戦闘をクリア……!

まぁ……ここでもう疲れ果てたのでゲームクリアということにして、終了してしまいましたが、このロマサガシステムでやったらかなり面白かったです。

少なくとも、以前やった石踏印のゲームより100倍面白かった。


で、次は、まぁもうこれも恒例な気がする、マリオパーティ(スイッチ版)とか、誰かが持ってきたアナログゲームをやる時間。

これがまた面白いんですよね……。

マジで、なんでこのメンツで対戦すると、ここまで盛り上がるんやろう……!?
容赦なく罵り蹴落とすことが許されてるから……? (笑)


マリオパーティは、大楽対大楽以外全員のゲームの時に起きた”石踏偽コーチ事件”など愉快すぎる事件あったんですが、そこまで書いてたらキリないんで割愛(笑)


アナログゲームは、今回は、細音さんが持ってきた『MIRARIS』ってゲームと、
a0116230_12492712.jpg

葵さんが持ってた『ゴモジン』ってゲームやりました。
a0116230_12501720.jpg


『MIRARIS』は、オレ達が割と好きな、好きなアクション起こしていいが、他のプレイヤーと被ると一銭の得にもならない系の、騙しあい、出し抜きあいゲーム。

基本ルールは、1~9の手札を一枚出して、その数字の大きさの順に、場に出てる財宝的なカードが得られる。

ただ、このゲームでミソなんは、手札の数字の順位が高いほど、価値ある財宝が得られるわけじゃないってところ。

数字の強さが、上から三番目の人が取れる場所に、その場で一番価値ある財宝カードが置かれたりするので、

(あのカード欲しい……。ってことは、全体で三番目の順位になれる大きさの数字出さなアカンくて……。となると、5とか、6……? 
 あぁ、でも、他のプレイヤーもそう考えるやろうし……被ったらそもそもゼロリターンやし……となると裏かいて、3とか4? けどなぁ……)

みたいなこと、延々考えなアカン。それが面白い。

さらに、自分が選んだキャラクターの特殊効果みたいなんも色々あるんで、駆け引き無限大です。
こういうの、やっぱり盛り上がりますよね…………!


『ゴモジン』のほうは、これもまた好物、駆け引きより、みんなでわいわい盛り上がる、知恵絞って戦う系ゲームで……。

a0116230_12501768.jpg
一人が答える側。他のメンバーが出題する側になって、まず、さいころと付属のカードを使って、お題を決めます。

お題の答えを、答える側のプレイヤーは見てはいけません。

それに対し、他のメンバーが、フリップを使って、果たしてお題はなんやったのか? をその言葉を使わず、間接的に伝えていくんですが……。

フリップにルールがあって、お題を連想させる言葉を、漢字二文字、カタカナ三文字の組み合わせで伝えていく仕様になってるんです。

例えば、今回あった例やと、お題が”海水”やったら、フリップに書くの『塩分ノウド』とか。

他にも、上の写真のボクの渾身の一作『出目レッド』は、”金魚”を連想させたくてひねり出した一作でした(不評でしたが)。

そんな感じで答えていって、で、早く回答者から答えを引き出せたプレイヤーがもちろん高得点をもらえる……そういうゲームです(かなりザックリですが)。

で、そんな中。一番難航したのは、中盤に出た、ある問題。

細音さんが答える側で、他の四人がフリップで伝える側。

答えはある漢字二文字の単語やったんですが……。作家四人のあふるるワードセンスをもってしても、全く伝わりませんでした。

これらの言葉が何という言葉を現したかったのか……。みなさんも良かったら考えてください。

大楽『夏好ツルベ

石踏『鶴瓶ボトル

瀬尾『飲呑ブラウ

葵 『夏場ドリン

a0116230_12501786.jpg


細音「なんだツルベって…………!?」

あれですよ、あれ……(笑) けどTV見てへん人には、オレと石踏さんのワード、無効化されるかもな……。

もう最後のほうは、ルールを忘れて全員で一致団結して細音さんに答えてもらおうとしてました。

これもやっぱり盛り上がりましたねー……延長に延長を重ねて、食事予約してた時間ギリギリまで粘ってみんなでやってたくらいです。


で、12時に集合して、一瞬で夜の19時になってたんで、そこからメシ。

前も行った、葵さんが予約してくれたもつ鍋屋へ。

a0116230_13405642.jpg


葵「だから、写真撮るタイミングおかしいから……(笑)」

ここ、相変わらずうまかったです。これも前書いたけど、モツも美味いけど、サイドメニューが全部美味すぎる……!

ポテトサラダとか。サシミとか。

そっから自由に歓談。

大楽「いやぁ、良いオダシが出てますなぁ……♪」

葵「あのグルメレポーター気取り誰か黙らせてくれ……(笑)」

細音「(瀬尾さんの日本酒のトックリを指しながら)瀬尾さん、せっかくなんで、それいただきます!」

瀬尾「え!? どうしたの!? 貴方日本酒とか飲むっけ!?」

細音「いや、違います……(笑) その、ちょっと横にある”トウモロコシのかき揚”が欲しくて……(笑)」

石踏「ビックリしたぁ……。急に、”センパイ、今日は朝まで聞いてくださいよ~”みたいなこと言い出したのかと……」

その他、ゲーム・アニメ・漫画の話してたら、あっという間に時間が過ぎ……。

葵「あ、石踏さん、そろそろ電車やばいんじゃないの?」

石踏「だね」

瀬尾「んじゃお開きにしますか」

22時を過ぎたあたりで、終了……。

集合から10時間……マジであっという間でした……。

その後は各方面に向けて解散。

大楽「じゃーねー」

細音「おつかれさまでした」

瀬尾「ではでは」

石踏「じゃあ、次回は新元号一発目のマテゴハウスで」

葵「うん。まぁ家主はオレなんだけどね……」

以上、こうして平成最後のマテゴハウスは無事カーテンコールを迎えたのでした……!


というわけで、平成最後のマテゴレポートでした。

ご精読、ありがとうございました ……m(_ _)m

そして葵さん、お邪魔しました ……m(_ _)m

いや、もういつから集まってるのか本気で思い出せないですが……。

初めて行った時、”なんやこの居心地の良さは”……!? って全員がなって以来。

たぶん平成の間に、15回とか20回は行ってるはず……。

毎度自由に過ごさせてもらってすいません。

新元号でもバリバリお世話になろうと思いますので、これからもよろしくお願いします……!

そしてこのレポートは、萌えコラム一本書くのに匹敵するくらい疲れますが……
謎の使命感で、今後も続けていこうと思います……!

次回のマテリアルレポートにご期待ください。

ではでは、この辺りで。

いやー、しかしアレですね。

めちゃくちゃ面白かったなぁ。





拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2019-03-15 13:07 | 遊び人篇
二月ー② >>