スキャンサービス

やべ、”大楽ヨーダ”から、10日くらい更新空いてしまいました。

その間、萌えコラム書いたり原稿書いたり……。

萌えコラムは、送ったら、新担当さんから、「あの、これ面白いんですけど、萌えどこいったんですか……」「これじゃただの私達の珍道中コラムじゃないですか!? 修正お願いします!」と、前担当Rと全く同じツッコミ飛んできてビックリした。

すげぇ、そんな、誰が読んでも同じ反応するような原稿書いてたんか……おれ……。

けど、担当編集さんと同行すると、そっちで色々面白い要素発生するから、つい文字数使いたくなってしまうねんな……。

担当Rにも「私が前面に出すぎです!」「私はいいから女の子書いてください!」っていわれたなぁ……。

まぁなんとか軌道修正しましたが。


そうそう、萌えコラムといえば、超小規模な話なんですけど、最近、著者校正のやり方を変えました。

萌えコラムは、1pしかないし、恐ろしく時間の無い中での進行になったりするんで、メールに校正の赤が入った画像添付してもらって、それを見ながら対応してたんですが……。

うちにはスキャンとかもないし、最悪口頭、基本は文字で指定してたんですよ。

例えば、

「三段目右から27行目の”いらっしゃいませ御主人様”は”いらっしゃいませご主人様”に変更してください!」

「五段目右から34行目の”カフェ。”の句読点をとりますか、の校正者さんからの指示は、そのままスルーで大丈夫です!」

みたいな。

まぁでもやっぱこれ大変なんですよね……たぶん7年くらい、このスタイルでやってましたけど。

修正する箇所多いと、もうエライ長文メールになったりするし。確認するほうも大変やろうし。

けど、そんな中、僕に転機が。

以前、なんかでコンビニのコピー機使った時、

「あれ? このスキャンサービスって何や……?」

コンビニのコピー機に、そんな文字があることを発見……!

いつ時代が進化したのか、コンビニのコピー機に、自宅のUSBメモリが刺せて、そこに、そのコピー機でスキャンした画像を保存できるようになってたんですよ……!

これなら、自宅で、メールに添付されてた校正終了後のデータを印刷→そこに手書きで赤入れる→それをコンビニに持ってって、スキャンしてデータ化→家に帰って、メールに添付してそれを送る……! そういうことが出来る……!

というわけで、担当R時代の後期に、「今回から僕も時代の波に乗ります」宣言をして、それ以降はこのやり方継続してるのでした。

金かかんのと(スキャン代・30円)、コンビニまでの移動(近くなんで50秒くらい)がネックですけど、まぁスキャナー買うより安いしな……。スキャナー、萌えコラムの時以外全く使わへんし……。
ほんま物書きって、そういう周辺機器とかソフトいらんよな……。

まぁそんなわけで、コンビニの進化に助けられて、萌えコラムのやり方もフォームチェンジしてますよ、って話でした。

あとは、絶対コンビニに、原稿忘れるっていうベタなミスやらかさんことやな……。

あれ忘れて、コンビニの店員さんに回収されて、そこに「あの……なんか原稿の忘れもんとかなかったですか……」って言いに行くん勇気いりすぎる……。



拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2018-06-20 10:45 | 遊び人篇
<< ブリグズビー・ベア/犬ヶ島 大楽ヨーダ >>