ラディッツに捧ぐ

あ、そうそう、久しぶりに新刊が出て、なんとなく、自分の中で止まっていた時が動いた感がある昨今なんですが……。

もう一件、その感覚を助長させる事件が最近ありました。

もの凄い裏方レベルの話ですし、あんまりこんなことわざわざブログに書く人もいないと思いますが……。

最近、八年ぶりぐらいに、担当編集者が変わりました。

いやー、ビックリしたね……。

変わったことにもビックリしたけど、そんなにコンビ組んでやってたとは……!

正確には、何年組んだか分からないくらい組んでますから……!(『テツワン』二巻~最新作『遊び人』まで、ずっとこの人でした)


たぶんですけど、このブログで最初に登場したのは、この話。

ブログタイトル『ザッキ』の回。

2010年の年末には既に、登場しています。しかもけっこう悲劇的な話で。

あとは、メールアドレスを遡ると、保存されてるこちらから送った最古のメールは、


>K様

申し訳ありません、僕の油断により、いままで使っていたメルアドが完全凍結されてしまいました……。
というわけで、今後は、このアドレスでやりとりしていこうと思います。よろしくお願いいたします。
あと、すいません、確認したいことがあります。
先日の重版分の印税って、振込みはいつごろになるかんじでしょうか?
ちょっと使うかもしれないので、日にちを教えていただけると助かるのですが……
それでは、よろしくお願いします。失礼します。


……これ。
マジで苦難を予感させる船出やなぁ……。

まぁ実際ほんま大変やったと思いますよ向こうは……。特にテツワンの頃は、僕、今とは比べ物にならんくらい、謎に消耗してましたから……。

マジで何回九州の漁港に高飛びする妄想したか……。

けどこの担当Kさんは、(コラム内では、ドランゴンボールのラディッツに性格が似てるから、担当Rってあだ名)、異常な粘り強さと、根拠はないオレへの期待で、毎回そのタイミング打ち消してきてくれたんですよね……。

原稿送ると、だいたい、しばらくすると電話かかってきて、

担「毎回安定の文量の少なさと、私のアドバイスを全無視した原稿、ありがとうございました!」
大「イエイエ」
担「でも私、この原稿、ちょっと変えればいけると思うんですよ」
大「はぁ!? えぇ!? い、いけます!?」
担「ええ。例えばあそこをああして……」
大「あぁ……えぇぇ……!?」
担「どうです?」
大「いける……気もしてきたけど……」
担「でしょ!? 絶対いけますって! だってこれ面白いですもん。
  じゃあ週明けお待ちしています。あ、週明けって火曜とか水曜じゃないですよ。月曜日ってことですよ。よろしくお願いします」

ツーツーツー

大「マジかよ……」

で、やりだす。
で、ちょっとだけ進む。
で、さっきのやりとりの冒頭に戻る。
しかし少しは進んでいるので、文量は増える。

……こういうやりとり、ほんま、八年の間に1000回くらいあったんちゃうかな?

おかげで、霧の中を進み続けた結果なんかなんなのか、今は九州の漁港への高飛びとかも全くしたいと思いませんし、
いつのまにか、そもそも、なんか消耗してるって感じすら、なくなりました。

まぁそんなわけで、もしかしたら、出版業界的には今のほうがより厳しいかもしれませんが、精神的には一番路頭に迷ってた時期に付き合ってもらった担当さんでした。
直接も伝えましたが、この場でも、お礼を。
ほんま、お世話になりました。
心残りなんは、一緒に作品をアニメ化する、って状況に到達できひんかったことかな……変な作品ばっかり書いて。
その辺は、新担当さんとがんばっていこうと思います……!

あ……そうそう、新担当さんとは、先日、初めてお会いして、諸々やってるところです。
また新キャラとして、いつかこのブログに登場されることもあるでしょう……。
萌えコラムも、次々回から、この方と行く予定ですし。

ちなみに、その方、人生初、自分より年下の編集さんです。
オレも齢をとったもんや……?


そんなこんなで、極個人的なことですが、ちょっとした変化の報告でした。

このままバンバン、止まってた時、動かしていこうや。



拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2018-04-12 17:42 | 遊び人篇
<< コメンタリー 春といえば…… >>