新大陸との出会い


前に、鳥山明が出てくるって理由で買った『学校へ行けない僕と9人の先生』って漫画と→『岡崎にささぐ』

『ガンバfryhigh』と→『僕だけがいない街』、『リアル』 。

って感じで、バイト先で後輩達とせっせせっせと漫画交換してる私です……。

けど、久々にやるけど、マンガ交換制度は、読む幅広がってええな。
『僕だけがいない街』も、『リアル』も、知ってるつもりやったけど、ちゃんと知らんかった話やし。
『岡崎にささぐ』にいたっては、恥ずかしながらまったく知らんかったし。

中々、自分で買うとなると、金銭面でもそうやけど、趣味趣向的にも、基本ストレートど真ん中のもんしか買わへんから、読む幅狭まるしなー……

そういえば、高校の時も、この制度でめちゃめちゃ世界広がったな。
『タッチ』 『ホイッスル!』 『帯をギュっとね!』 『ドカベン』 『ガンバFryHigh』 など少年誌スポーツマンガを持ち込みまくってたオレに対し、
返って来たん、
『ベルセルク』 『寄生獣』 『特攻の拓』 『今日から俺は!』 やったからな……新大陸との邂逅もいいとこや(笑)。

あと、かつてルームシェアしてた時、本棚ごっちゃやったんも、読む幅広がったな。

ぼくは、専門学校出てから、『七人の武器屋』二巻出す頃まで、東京の足立区の北綾瀬ってとこで、専門学校の時の友達と2DKを一人一部屋で割って二年ほど一緒に住んでたんですが
(ちなみにそいつはこの前一緒に”復活のF”観にいったヤツ)、

そいつ、中々無頼なヤツで。

『ブックオフで気になったマンガの、一巻目だけを適当に買いあさる』ことを繰り返してたんで、無造作に、あんまり知らんかったマンガの一巻だけ本棚にささりまくってたんですよ。

で、読んで、七割くらいは、ぜんぜん趣味じゃないんやけど。
たまに『ジャングルはいつもハレのちグゥ』とか『ササメケ』とか「いや、これ続き買えや!」ってなったマンガは、そいつ差し置いて、一人で最終巻まで買って、今もまだ家にあります。

そういえば、小説でも、『バトルロワイヤル』とか『星虫』とか、自分の中でBIG3になってるくらい好きな小説も、専門時代、同じ寮に住んでた奴から借りて読んで知ったもんやし。

てか、交換制度って、めちゃくちゃ宣伝効果高いんやなー。
今気づいたわ。
オレ、借りた結果気に入って、結局自分で買ってる本、どんだけあんねん……!? 
全く自覚なかった。
交換制度、実売に繋がってたんか、結果的に……!

てことで、しばらくはこの交換制度を維持していきたいと思います。
後輩が初日、「すいません! ガンバの代わりにもってこようとした『東京グール』、実家でした!」っていってきた時、
「は? お前何いってんの?」
って、かつてないほど後輩に対し冷徹な声出たけど(笑)
まぁ、代わりに『僕だけがいない街』と『リアル』持ってきてくれて、グールも今度実家帰った時もってきてくれるらしいんで、全然ノープロブレムとしよう。
あとは、オレが、シフト自在に変えまくった結果、クビになったりせんよう気をつけるだけや……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2015-06-16 14:18 | 無心&結果篇
<< お中元をもらいました タイムリープ所望 >>