国家機密
a0116230_034315.jpg



バイトバイト。

つか、毎週更新の度、あんまんの写真アップするっていうこのブログの謎のルーチン、一体なんなんやろ……(笑)

けど、ここ(バイトの休憩室)で売ってるあんまん、まじでうまいねんな……。
ふかふかで、
あんは、最近流行のゴマの香りとかまったくせず、
正々堂々、あんこのやわらかい甘みを口の中にいっぱいに広がらせる感じでさ……。

あと、やっぱ年なんすかね?

一説によると、人間、中華まんはいろいろ試行錯誤を繰り返すけど、
最終的には、幼少時には軽視してた(そりゃまぁ10代20代は肉まんとか角煮まん食いたいよな)、
あんまんが一番うまい、という結論に落ち着き、そのままずっと行く場合が多々あるらしいです。

おれ、今、完全にその流れのったよな……。
この冬、バイト休憩中、プライベート問わず、ほんま週2、3であんまん食ってるし……。

で、肝心のバイトなんですが。

今日、久々に、マンガみたいなミスやらかしてもうた……(笑)

店に、なんか、整髪剤べったりの、ちょっとプライド高そうなスーツの人、来る。

「すいません、社員の○○さんいますか?」
と、ぼくが問いを受ける。

「え?あ、いえ、○○は今日、家庭の事情で少し遅れてまして……」
と、僕が事情を説明。
(事実、○○さんは今日家庭の事情で遅刻、何時に来るか、というかこれるかどうかも不確定やった)

お客さん、その時点でピキッ。
「いや。さっき電話して、○○さんに商品確保してもらってるんですよ。いないはずないんですけど?」
チッ。
使えねぇなこのバイト、ってな感じで不快感を強めるお客様。

(はわわ……)
僕、内心、焦る。
まさか、おれの知らん間に○○さん、出勤してたってことか?
「ショ、少々お待ちください」
慌てて言い捨て、店の奥、事務所に向かう僕。

事務所に着くと、○○さんの姿。
おお!
やっぱ、入れ違いというか、おれが店に出てる間に出勤してたんか!
となると、この人に早速店に出てもらって、責任者として問題解決してもらうしかない!

「○○さん! やばいっす! 今、店に、めちゃくちゃ怖い、めちゃくちゃ怒ってるやばいお客さんが来てて、○○さん探してるんすけど!」
僕は必死に状況説明。
その瞬間。
何故か。
何故か、こわばる、○○さんの表情。
不審に思い、振り返ると――

ぼくの背後。

いつから聞いてたのか。
いつのまに、ついてきてたのか。
何故か開けっ放しになってた事務所の扉のすぐ外。
そこに、能面のような表情で立ってる、さっきのお客さんの姿。

(う、うぉぉぉぉぉぉぉ!?)

まじで時、止まりました。

居たんか!?
ここまで、どうやっておれの動きトレースしたんや!
距離、道順、速度、すべてが一般のお客さんについてこれるレベルじゃなかったはずやけど!?

聞かれてる!
完全にさっきの
今、店に、めちゃくちゃ怖い、めちゃくちゃ怒ってるやばいお客さん来てて
ってオレ発信のいわれなき中傷、完っっ全にお客さんの耳に入ってる!

大楽「…………………………………………」
お客さん「…………………………………………」
○○さん「…………………えぇ、お待たせしました、私が○○です」

凍った時を動かすように、とりあえず何事もなかったように喋りだす、○○さん。

その後――
ほら、野球選手も、あまりにど真ん中の絶好球やと、逆に力入って打ち損じるっていうじゃないですか?
そういう感じやったんか、お客さんは、何故か、そこの接客のことには一言も触れず……
奇妙なくらい普通にお店から帰って行かれましたが……。

なんでそんなラブコメマンガみたいなミスやってもうたんやろ、オレ……。

あのお客さんの”絶”(ハンター×ハンターの気配消す技ね)が、野生の獣並やったってことなんか……
それともおれのどんくささが、天井知らずなレベルなのか。

気をつけよ。

だから、おれ、絶対、国家機密とか知りたくないわぁ……
まじでうっかりバラしてまうしさぁぁ……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-12-16 00:03 | 前進篇
<< エンカウント! 富士見ファンタジア大感謝祭2014! >>