大晦日です!

更新します。

というわけで、まずは、本ブログをごらんの皆様、本年(2018)も大変お世話になりました……m(_ _)m

今年は、今まで踏ん張ってやってた週一更新から不定期更新になったりして、申し訳ない。

また更新ペース上げられそうな時期が来たら、ハイペース更新、やってみます!


で、えぇと……本業っていうか、執筆のほうですね。

今年は一冊本出た! 素晴らしい!(当社比)

しかしそれじゃ全然収入ないし、そもそも、オレの理想としてる、こう……物語をお届けするペースからかけ離れすぎている!

僕はね……年に最低3、ほんまは4冊くらい出して、なんかこう……みんなと盛り上がりたいんですよ……理想としては……。

自分の書いた物語で、みんなでワイワイ盛り上がりたいじゃないですか……ほんまは、常に。

けど僕の力不足で、全然そんな生産体勢整えられず、申し訳ないです……。

来年がんばります。

来年は2……もしくは3くらい出すぞ……クオリティも高めつつ……!


他にも2019は色々ありそうなので、また、ここでお届けできることはお届けしていこうと思います。
このご時勢に、ブログ一本でネットに適応しようとする大楽絢太のブログ『情熱大……楽』を2019もよろしくおねがいします。

さて、そうこういってるうちに、ぼちぼちバイトの時間です。

今年の大晦日は、金貯める為にも帰郷せず、なんか、百貨店で夜にかけておせちとか福袋を搬入する単発のバイト行こうと思います!

相変わらず大学生みたいな大晦日の過ごし方だぜ……!

ラノベ作家らしいといえばらしい…………のか?


まあそんな感じで、執筆情報だけじゃなく、バイト情報も満載になりそうなこのブログ、来年もよろしくお願いしますね。

みなさま、良いお年を!

身体に気をつけて。

僕も風邪が、ようやく治ってきました……!










【追記】
a0116230_23484573.jpg

バイト行ってきました……!

僕含めて異常にバイト慣れしてる人間ばっかりやったんで、23時終了予定やったのに、21時30分に終了した……!

しかも、おせちかと思ったら、何故か下着売り場の福袋の設置やった……!

ので、年越しソバ代わりにてんいち食べて、家まで人気のない夜の東京を散歩して帰りました。

ま、良い一年やったかな。

というわけで、良いお年を!

来年もまた更新します!



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-12-31 13:45 | 遊び人篇

ごぶさたしております大楽です。

今日はバイトまで時間あるので更新でも。

一ヶ月ぶりぐらいですか……!

最近は普通に風邪ひいてましたね。

しかも咳は全然収まる気配がないという……腹立たしい……!

人と喋ろうとすると咳出るから、一日のかなりの時間、おもろない時間になる!

このまま年末突入しそうやな……。


年末は、またなんかブログ更新すると思いますが、しかしクリスマスってことは、もう今年も終わりか……。

12月って、いちおう31日までありますけど、クリスマス終わったら実質試合終了っていうか。
クリスマスと大晦日の間の中途半端な一週間って、いちおう存在はしてるけど、なんか毎年全然身ぃ入らへんねんな……。
つまり実質2018はもう終了。

2018……。まぁ今年は一冊本出たから、まだマシな気もするけど、けど常識的なスケールで考えたら、まぁいまひとつな一年やったなー今年も。

何回かチャンスはあった気はしたんやが……。

ま、来年がんばろ……。

とにかく今は、さっさと風邪治しきりたい。

失ってみて初めてわかるありがたさ。

全てにおいて、健康が、一番大切……。



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-12-24 11:22 | 遊び人篇

ご無沙汰しております、大楽絢太です。

気づいたら一ヶ月近く更新空いてましたか……!

自分の時間感覚では、そんなに時間経ってないんですけど。


最近は、当たり前ですけど、まあ基本的には執筆がんばってます。

やや……やや……全体像見えてきたか?

とはいえ変に期待させて裏切るみたいなこともしたくないので、あの、ほどほどの期待で、やんわり待っててください。

まぁ、このブログ来るような濃い私の読者さんは、そんなこと改めていわんでも、既にやんわりモードで待機してくださってると思いますが……!


あとは、この一ヶ月にあったことといえば…………。

あぁ、そうそう。

先週、妹が結婚したんで、大阪での結婚式に参加してきました。

思えば、妹どころか、従兄弟とかの結婚式に参加したこともないんで、親族側として結婚式参加したん、生まれて初めてでしたね。

まぁだからこそ、でしょうね。

正直、親族ファッションのルール、全く分かってませんでしたわ……。


ことの始まりは、数週間前。

何かを敏感に察した母親から、

「ちょっと待って。結婚式、あんた、冠婚葬祭用のスーツで来るやんな当然?」

と電話連絡。

「ん? 冠婚葬祭用? よくわからんけど……富士見のパーティとかに着ていく、若干縦じま入ってるグレーのやつ着ていくつもりやけど……」

そこで母親悲鳴。

「なんでやねん!? やめて! 前におじいちゃんのお葬式に着ていった黒いやつあるやろ!? 親族は結婚式あれ着るんや!」

「そうなん!?」

既に兆候はあったんですが……。

一体どれだけ無知なんでしょうね……。

そっからメールでどんどん知らされる驚きの事実。

式の前日。

母「ちょっと待って。ふと思ったんやけど……あんた、ネクタイ、もちろん白いやつ持ってるよな?」

大「え? 持ってないで。だってお母さん、この前、おじいちゃんのお葬式の服って……だから漆黒のネクタイをつけて……」

母「なんでやねん!? それお葬式用やんか! やめて!? 親族は白いネクタイ是れ当然!!」

大「そうなん!?」

なんか話の流れ的に、てっきり、できるだけ気配を消せる服装で行くべき、だからネクタイもハンターハンターでいうところの”絶”に近い、黒いネクタイが正解かと判断してたんですが……。
結局、実家で余ってる白ネクタイ持ってきてもらうことになりました……。

で、ここで終わればまだ良かったんですが……(いやこの時点でたぶん、世間的には相当終わってる無知さなんやろうな……)

そこからも終わることのない、吹き荒れるオレの無知&勘違い……!

当日。新幹線で移動中。

母「ちょっと待って。ふと思ったんやけど……あんた、白いシャツ、どんな白いシャツ着てる? 襟のとこにボタンとかついてない?」

大「? もちろんついてるで。うちにあるやつで一番ええヤツもって来たわ」

母「なんでやねん!? やめて! ボタンダウンシャツはカジュアルな時に着るシャツやから!」

当日の、母親の荷物に白シャツ追加……! なんか襟にボタン無いシャツ推奨らしい……!

10分後。

母「息子へ。念の為聞きますけど、靴下の色は何色ですか」

大「母へ。一番お気に入りの、白地に水色と青がペイントされてるかわいい五本指ソックスです」

母「やめてください。みんなで写真など撮るのでとてつもなく浮く足元になります」

当日の、母親の荷物に黒靴下追加……!

……その10分後。

大「あっ…………!」

ふと気づいて電話。母親に。

大「あ、もしもし……お母さん??」

母「なんなん……絶対何かある電話やんこれ……」

大「ごめん。オレ、シワになったらアカンと思って、現地で着替えようと思ったんやけど……
  えっと……スーツに使うベルト忘れたみたい……」

母「はぁ!? 今はいてるズボンのベルトとか無いの!?」

大「いや、それまではリラックスすることが大事やと思って、ゴムのズボンみたいなやつはいてきてもうて……」

母「あんた…………逆に、今日、一体何もって来てんの……!?」

大「事実上、実戦に耐えうるのはスーツのジャケットとベルト無しのズボン、あと革靴だけってことやな……」

母「どんだけ軽装やねん……もう頼むわぁぁ……」

電話の向こうで天を仰いだっぽい母親……。

というわけで、自分でも信じられんくらい、勘違い&無知で母親にめちゃくちゃ荷物もってきてもらうハメになりましたよ……。

当日めちゃ忙しそうやったんですが……。

ちなみに当日は、うちの父も、信じられないくらいありえないミス(具体的には、指輪の交換みたいなタイミングで、何故かマナーモードにしてない携帯を爆音で鳴らす、親族紹介で数分前まで名前が出てた親族の名前が出てこない)などやってましたんで、その男性陣のフォローに奔走してる気配でした。

アカンやん……? 大楽家男性陣……?

ありがとう……お母さん……。

あ、でも、肝心の式自体は、すごい良かったです!

母親とか、もう初っ端から泣いてましたし、お父さんも最後手紙のとこでちょっと泣いてましたね。

どういう感情なんやろう、と想像してみたんですけど、まぁ、なるほど……自分に子供いたとして、その子結婚するとなったら、嬉しい&寂しい等で、泣くかもな……。娘やったらほんま……号泣するわ……。

とか考えて、いろいろ感動しましたよ。

まぁ、というわけで、主に女性陣のがんばりで、結果中々良い結婚式でした。

妹夫婦よ、どうかお幸せに。


しかし……当たり前かもしれんけど、妹の旦那さん、めちゃくちゃしっかりしてそうなサラリーマンやったな……。

妹より年下らしいんやけど。

オレもいつかはどうにかあのレベルに……!

厳しいか……。

妹は、結婚式の後、披露宴中のオレの振る舞い見た友人に、「なんていうか……弟みたいなお兄さんやったね」って日本語的におかしい評価聞いたらしいし。

年齢いったら自動的にしっかりするもんやと思ってたけど……。

どうやらこの世界はそういう仕組みにはなってへんみたいや…………。





拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-11-20 20:57 | 遊び人篇

そういえば、先週、秋葉原で「ファンタジア文庫大感謝祭」なるイベントが開かれまして、僕も萌えコラムの取材がてら、ちょっとお邪魔してきました。
a0116230_9381299.jpg


僕はこのイベント、初年度からだいたい見てるんですけど(大喜利要員か、取材班としてか、観客として)、
ファンタジア文庫30周年記念の今回の盛況さはたぶん過去最高でしたね。
なんかもう、局地的なUSJかってくらい、賑わってました。
サイン色紙見るのにどんだけ時間かかったか……。

詳しいレポートは11月売りのドラマガの萌えコラムに載りますが、けっこう写真も撮ったんで、ここではそれ使ってブログでもちょっと紹介ー。

今年は会場も拡大してて、三層構造やったんですが、

まず一階に、物販やら、ファンタジア文庫に縁のある作家・イラストレーターさんの色紙が飾ってあるコーナーがありました。

僕の色紙も、一応ありました。
a0116230_9381249.jpg

a0116230_9391294.jpg

なんか一人だけ哀愁漂ってたな……!

一応、色紙右下隅に、最近の富士見ファンタジアの文庫の背表紙に書いてあるFマークみたいなん書いて忠誠心をアピールしてたんやけど、誰か気づいてたかな…………
他には、色紙コーナーでは、細音さんの色紙が、イラストレーター枠じゃないのに、自作の美麗なイラスト入りでかなり注目を集めてましたね! どんだけイラスト上手くなってる……!?


二階は、ファンタジア文庫30周年お祝い特設会場。

ここも色々出し物があって面白かったんですが、詳細は萌えコラムに譲るとして、ちょっと自著が関係してた写真でも載せましょうか。

二階には、『書庫』と称して、30年前の、富士見ファンタジア文庫一冊目の本から、現在まで……2700冊以上の本が、全部刊行順に本棚に詰まって並んでるという……で、節目の番号の本は、ちょっとピックアップされてる……かなり壮観なブースがあったんですが。
a0116230_9391222.jpg

a0116230_9381229.jpg


ずっと追っていくと、意外な光景がありました。

a0116230_10325546.jpg
a0116230_9381227.jpg

通算1200冊目→『七人の武器屋 二巻 結婚式をプロデュース!』 

マジでか!?

そうなんや、武器屋二巻って富士見から出た1200冊目の本やったん……!?

ああ、ガラケーじゃない、ちゃんとしたカメラを持っていかへんかったことがマジ悔やまれる……(笑)
こんなフォトジェニックな瞬間を、こんな暗い写真しか撮れへんとは……!

けどうれしかったです。この2700冊以上の膨大な本の歴史に、ちょっとでも参加できてることが実感できて。

あとは、デビュー作の刺さった部分を激写したり。
a0116230_9381216.jpg
2005年9月刊行ゾーン。まあ同期なんでしかも刊行順なんであたりまえですが、淡路さんとか瀬尾さんと隣接。

a0116230_10254223.jpg
2006年一月デビューの三浦さん石踏さん葵さんは、その少し後に固まって置かれてました。

懐かしい……!

この催し面白いなぁ……もっとゆっくり見たかった。

ちなみにこの時、ちょうど石踏さんも葵さんもいたんでこの辺は一緒に回ったりしてました。
その辺は、萌えコラムにちょっと書くかもしれませんー。


まあ他にもいろいろあったんですけど、まだ使えるレベルの写真として残ってるんはこれくらいか……。

もっと撮っときゃよかった。ちゃんとデジカメとかもっていけばよかったな……!

まあともかく、そんな感じの大感謝祭レポートでした。来年も行きたいなぁ。






拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-10-25 09:38 | 遊び人篇

ご無沙汰しております大楽です。

最近全然更新できずすいませんー。

もちろん生きてますよー、全然景気の良い話はないですが!


いやー、しかし、書けないもんですね、ブログ。

まあ書けないのはブログだけじゃないんですが……。

ブログ、何書いてもいいはずなんですけど、やっぱりどうしても、読者さんが読んでること前提に考えちゃうんで、目に見えるカタチで本業=執筆の成果が出てない時は、喋る資格ないみたいな気分になるというか、自分でもふざけてる場合じゃないやろ、とか思っちゃうんですよねー……真面目か……。

なんかそこ、切り離したブログかけばいいんかなー……架空の人物になりきって書くみたいな……。

いや絶対違うな……。むしろ余計ふざけてるやん、それ。

ならやはり、何回も考えては辞めてるブログ小説か? これならいちおう、ふざけてることにはならへんし……。
まあそんなことやってる間に、本業の小説書けやってハナシになりそうですけど……。

ゲーム実況とかは、絶対アカンな……性格的に(笑) 絶対、ふざけてる自分に打ちのめされる。

まあ依頼されてる小説ガンガン書けば、「やることやってないのにふざけてる自分」に打ちのめされることもなく、もっとシンプルにブログも更新できるんやろうけどな……(笑)

はあ。ほんま、なんでもっとスピーディに書けへんのやろ、小説。

金入る。充実感ある。ブログ書ける。ブログでふざけられる。

良いことしかないんやけど……。

才能? もしくは、それ以上に手放したくない、怠惰な日常とかを無意識に必死に守ってんのか……?


まあということをつらつら考えながら、けど元気に生きてます! という報告でした。

いや、ほんま、小説以外は全然元気なんですよねー。

小説さえ書ければ……全てはうまくいくんやけど……

ブログ、なんか考えます!!



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-10-15 21:07 | 遊び人篇