ご無沙汰しております、大楽絢太です。

気づいたら一ヶ月近く更新空いてましたか……!

自分の時間感覚では、そんなに時間経ってないんですけど。


最近は、当たり前ですけど、まあ基本的には執筆がんばってます。

やや……やや……全体像見えてきたか?

とはいえ変に期待させて裏切るみたいなこともしたくないので、あの、ほどほどの期待で、やんわり待っててください。

まぁ、このブログ来るような濃い私の読者さんは、そんなこと改めていわんでも、既にやんわりモードで待機してくださってると思いますが……!


あとは、この一ヶ月にあったことといえば…………。

あぁ、そうそう。

先週、妹が結婚したんで、大阪での結婚式に参加してきました。

思えば、妹どころか、従兄弟とかの結婚式に参加したこともないんで、親族側として結婚式参加したん、生まれて初めてでしたね。

まぁだからこそ、でしょうね。

正直、親族ファッションのルール、全く分かってませんでしたわ……。


ことの始まりは、数週間前。

何かを敏感に察した母親から、

「ちょっと待って。結婚式、あんた、冠婚葬祭用のスーツで来るやんな当然?」

と電話連絡。

「ん? 冠婚葬祭用? よくわからんけど……富士見のパーティとかに着ていく、若干縦じま入ってるグレーのやつ着ていくつもりやけど……」

そこで母親悲鳴。

「なんでやねん!? やめて! 前におじいちゃんのお葬式に着ていった黒いやつあるやろ!? 親族は結婚式あれ着るんや!」

「そうなん!?」

既に兆候はあったんですが……。

一体どれだけ無知なんでしょうね……。

そっからメールでどんどん知らされる驚きの事実。

式の前日。

母「ちょっと待って。ふと思ったんやけど……あんた、ネクタイ、もちろん白いやつ持ってるよな?」

大「え? 持ってないで。だってお母さん、この前、おじいちゃんのお葬式の服って……だから漆黒のネクタイをつけて……」

母「なんでやねん!? それお葬式用やんか! やめて!? 親族は白いネクタイ是れ当然!!」

大「そうなん!?」

なんか話の流れ的に、てっきり、できるだけ気配を消せる服装で行くべき、だからネクタイもハンターハンターでいうところの”絶”に近い、黒いネクタイが正解かと判断してたんですが……。
結局、実家で余ってる白ネクタイ持ってきてもらうことになりました……。

で、ここで終わればまだ良かったんですが……(いやこの時点でたぶん、世間的には相当終わってる無知さなんやろうな……)

そこからも終わることのない、吹き荒れるオレの無知&勘違い……!

当日。新幹線で移動中。

母「ちょっと待って。ふと思ったんやけど……あんた、白いシャツ、どんな白いシャツ着てる? 襟のとこにボタンとかついてない?」

大「? もちろんついてるで。うちにあるやつで一番ええヤツもって来たわ」

母「なんでやねん!? やめて! ボタンダウンシャツはカジュアルな時に着るシャツやから!」

当日の、母親の荷物に白シャツ追加……! なんか襟にボタン無いシャツ推奨らしい……!

10分後。

母「息子へ。念の為聞きますけど、靴下の色は何色ですか」

大「母へ。一番お気に入りの、白地に水色と青がペイントされてるかわいい五本指ソックスです」

母「やめてください。みんなで写真など撮るのでとてつもなく浮く足元になります」

当日の、母親の荷物に黒靴下追加……!

……その10分後。

大「あっ…………!」

ふと気づいて電話。母親に。

大「あ、もしもし……お母さん??」

母「なんなん……絶対何かある電話やんこれ……」

大「ごめん。オレ、シワになったらアカンと思って、現地で着替えようと思ったんやけど……
  えっと……スーツに使うベルト忘れたみたい……」

母「はぁ!? 今はいてるズボンのベルトとか無いの!?」

大「いや、それまではリラックスすることが大事やと思って、ゴムのズボンみたいなやつはいてきてもうて……」

母「あんた…………逆に、今日、一体何もって来てんの……!?」

大「事実上、実戦に耐えうるのはスーツのジャケットとベルト無しのズボン、あと革靴だけってことやな……」

母「どんだけ軽装やねん……もう頼むわぁぁ……」

電話の向こうで天を仰いだっぽい母親……。

というわけで、自分でも信じられんくらい、勘違い&無知で母親にめちゃくちゃ荷物もってきてもらうハメになりましたよ……。

当日めちゃ忙しそうやったんですが……。

ちなみに当日は、うちの父も、信じられないくらいありえないミス(具体的には、指輪の交換みたいなタイミングで、何故かマナーモードにしてない携帯を爆音で鳴らす、親族紹介で数分前まで名前が出てた親族の名前が出てこない)などやってましたんで、その男性陣のフォローに奔走してる気配でした。

アカンやん……? 大楽家男性陣……?

ありがとう……お母さん……。

あ、でも、肝心の式自体は、すごい良かったです!

母親とか、もう初っ端から泣いてましたし、お父さんも最後手紙のとこでちょっと泣いてましたね。

どういう感情なんやろう、と想像してみたんですけど、まぁ、なるほど……自分に子供いたとして、その子結婚するとなったら、嬉しい&寂しい等で、泣くかもな……。娘やったらほんま……号泣するわ……。

とか考えて、いろいろ感動しましたよ。

まぁ、というわけで、主に女性陣のがんばりで、結果中々良い結婚式でした。

妹夫婦よ、どうかお幸せに。


しかし……当たり前かもしれんけど、妹の旦那さん、めちゃくちゃしっかりしてそうなサラリーマンやったな……。

妹より年下らしいんやけど。

オレもいつかはどうにかあのレベルに……!

厳しいか……。

妹は、結婚式の後、披露宴中のオレの振る舞い見た友人に、「なんていうか……弟みたいなお兄さんやったね」って日本語的におかしい評価聞いたらしいし。

年齢いったら自動的にしっかりするもんやと思ってたけど……。

どうやらこの世界はそういう仕組みにはなってへんみたいや…………。





拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-11-20 20:57 | 遊び人篇

そういえば、先週、秋葉原で「ファンタジア文庫大感謝祭」なるイベントが開かれまして、僕も萌えコラムの取材がてら、ちょっとお邪魔してきました。
a0116230_9381299.jpg


僕はこのイベント、初年度からだいたい見てるんですけど(大喜利要員か、取材班としてか、観客として)、
ファンタジア文庫30周年記念の今回の盛況さはたぶん過去最高でしたね。
なんかもう、局地的なUSJかってくらい、賑わってました。
サイン色紙見るのにどんだけ時間かかったか……。

詳しいレポートは11月売りのドラマガの萌えコラムに載りますが、けっこう写真も撮ったんで、ここではそれ使ってブログでもちょっと紹介ー。

今年は会場も拡大してて、三層構造やったんですが、

まず一階に、物販やら、ファンタジア文庫に縁のある作家・イラストレーターさんの色紙が飾ってあるコーナーがありました。

僕の色紙も、一応ありました。
a0116230_9381249.jpg

a0116230_9391294.jpg

なんか一人だけ哀愁漂ってたな……!

一応、色紙右下隅に、最近の富士見ファンタジアの文庫の背表紙に書いてあるFマークみたいなん書いて忠誠心をアピールしてたんやけど、誰か気づいてたかな…………
他には、色紙コーナーでは、細音さんの色紙が、イラストレーター枠じゃないのに、自作の美麗なイラスト入りでかなり注目を集めてましたね! どんだけイラスト上手くなってる……!?


二階は、ファンタジア文庫30周年お祝い特設会場。

ここも色々出し物があって面白かったんですが、詳細は萌えコラムに譲るとして、ちょっと自著が関係してた写真でも載せましょうか。

二階には、『書庫』と称して、30年前の、富士見ファンタジア文庫一冊目の本から、現在まで……2700冊以上の本が、全部刊行順に本棚に詰まって並んでるという……で、節目の番号の本は、ちょっとピックアップされてる……かなり壮観なブースがあったんですが。
a0116230_9391222.jpg

a0116230_9381229.jpg


ずっと追っていくと、意外な光景がありました。

a0116230_10325546.jpg
a0116230_9381227.jpg

通算1200冊目→『七人の武器屋 二巻 結婚式をプロデュース!』 

マジでか!?

そうなんや、武器屋二巻って富士見から出た1200冊目の本やったん……!?

ああ、ガラケーじゃない、ちゃんとしたカメラを持っていかへんかったことがマジ悔やまれる……(笑)
こんなフォトジェニックな瞬間を、こんな暗い写真しか撮れへんとは……!

けどうれしかったです。この2700冊以上の膨大な本の歴史に、ちょっとでも参加できてることが実感できて。

あとは、デビュー作の刺さった部分を激写したり。
a0116230_9381216.jpg
2005年9月刊行ゾーン。まあ同期なんでしかも刊行順なんであたりまえですが、淡路さんとか瀬尾さんと隣接。

a0116230_10254223.jpg
2006年一月デビューの三浦さん石踏さん葵さんは、その少し後に固まって置かれてました。

懐かしい……!

この催し面白いなぁ……もっとゆっくり見たかった。

ちなみにこの時、ちょうど石踏さんも葵さんもいたんでこの辺は一緒に回ったりしてました。
その辺は、萌えコラムにちょっと書くかもしれませんー。


まあ他にもいろいろあったんですけど、まだ使えるレベルの写真として残ってるんはこれくらいか……。

もっと撮っときゃよかった。ちゃんとデジカメとかもっていけばよかったな……!

まあともかく、そんな感じの大感謝祭レポートでした。来年も行きたいなぁ。






拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-10-25 09:38 | 遊び人篇

ご無沙汰しております大楽です。

最近全然更新できずすいませんー。

もちろん生きてますよー、全然景気の良い話はないですが!


いやー、しかし、書けないもんですね、ブログ。

まあ書けないのはブログだけじゃないんですが……。

ブログ、何書いてもいいはずなんですけど、やっぱりどうしても、読者さんが読んでること前提に考えちゃうんで、目に見えるカタチで本業=執筆の成果が出てない時は、喋る資格ないみたいな気分になるというか、自分でもふざけてる場合じゃないやろ、とか思っちゃうんですよねー……真面目か……。

なんかそこ、切り離したブログかけばいいんかなー……架空の人物になりきって書くみたいな……。

いや絶対違うな……。むしろ余計ふざけてるやん、それ。

ならやはり、何回も考えては辞めてるブログ小説か? これならいちおう、ふざけてることにはならへんし……。
まあそんなことやってる間に、本業の小説書けやってハナシになりそうですけど……。

ゲーム実況とかは、絶対アカンな……性格的に(笑) 絶対、ふざけてる自分に打ちのめされる。

まあ依頼されてる小説ガンガン書けば、「やることやってないのにふざけてる自分」に打ちのめされることもなく、もっとシンプルにブログも更新できるんやろうけどな……(笑)

はあ。ほんま、なんでもっとスピーディに書けへんのやろ、小説。

金入る。充実感ある。ブログ書ける。ブログでふざけられる。

良いことしかないんやけど……。

才能? もしくは、それ以上に手放したくない、怠惰な日常とかを無意識に必死に守ってんのか……?


まあということをつらつら考えながら、けど元気に生きてます! という報告でした。

いや、ほんま、小説以外は全然元気なんですよねー。

小説さえ書ければ……全てはうまくいくんやけど……

ブログ、なんか考えます!!



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-10-15 21:07 | 遊び人篇

いやー、お金を稼ぐって大変ですね…………!


というわけで、なんか辛気臭い始まりですが、ご無沙汰しております大楽です。

すいません、更新空いてしまって。

で、ご無沙汰している間何をしていたのか?

まぁもちろん原稿はやってたんですが、一個、新しいことにチャレンジもしてみてました。

ラノベ作家の新しいチャレンジとは何か?

マンガ原作の仕事? アニメの脚本のお仕事?

……いやー、そんなシビれる新しいチャレンジやったら最高ですよね……。

違いますよ……。

新しいバイト、初めてみたんですよ……。


というのも、まあどっから語ればいいのか……。

来年、ちょっと、お金が必要なことがありまして。

で、正直、今の収入(たまに出る本+文房具屋バイト)やと、年間の収入と、年間の支出が全くイコールみたいな生活なんで、どうやってもプラスに行き着かないんですよ……。

ただ、とはいえ、収入は少ないけど、執筆と、週四、五でバイト行ってたら、オレの時間メモリーカードの空き容量、残り10~20%くらいしかないんですよね……。
つまり、ここでガッツリ新しいバイトとか始めたら、容量130%とかになって、色々瓦解するかもしれん(まぁ時と場合によってはそれも必要やと思いますけど、できるだけ火事場の馬鹿力を発揮する状況作るのはイザという時にしたい……)

というわけで、まずは今の生活に無理ない範囲で足せる、”チョイ足し”みたいなバイトやろうと決意……。

で、最初は、COOPの開店前の準備、みたいな求人があったんでちょうどいいと思い、面接行って、「キミが採用になった場合、キャベツとかをカットする係になる」とかいわれてたんですが、数日後、「吟味の結果、今回は見送らせていただくということで……」とアッサリ落選。

これは厳しいか……!? と思ってたんですが。

数日後、高校の友人(東京在住・自営業)から、連絡電話があり。

「大楽、オレの店で、配達の仕事探してる人いるんやけど。チャリでいけるし、期間限定でちょっとやらへん?」

まぁちょっと意訳もありますが、まぁだいたいこんな感じの、まさかのそんなお誘いがありまして。

というわけで、最近は、ちょっとそれやったりしました(たぶん期間限定になりますが)


で、冒頭の、「いやー、お金を稼ぐって大変ですね…………!」発言なんですが……。

久しぶりに(たぶん九年ぶりくらい)に、執筆でも文具屋販売員でもないアルバイトやったら、自分がどんだけ仕事できひん人間やったかガッツリ思い出しまして……。

配達の仕事、久しぶりにやったら、まぁ迷う迷う……!

文明の利器に頼ろうと、UQモバイル? の無料スマホとか借りて、グーグルマップとか見ながら走るんですが、気づいたら逆方向に走ってるし……!

で、それ頼りにたどり着いても、マップはマンションの入り口の場所までは教えてくれへんから、どこが入り口か分からずマンションの回りをグルグル徘徊……。

結果、久々にお客さんに「どんだけ遅いんだよ!? 作り直してこい」ってキレられましたよ。自分でもそう思うんで、「ですよね!」って答えましたが……。

思い出すのは、10代の頃やってた、ピザーラの配達のバイト。

そういえば、あの時も客からも店からもめちゃくちゃ怒られたなぁ……!

ていうか、忘れてたわ。

オレ、方向音痴やし、いつまでたっても上達しぃひんから、つまり、ハンター×ハンターでいうところの、強化系やのに具現化系習得しようとしてる状態やったから、
二度とデリバリーの仕事はやらんと決めて、ピザーラのバイト、引越しをきっかけに辞めたんやった……。


で、そんだけ苦労して配達した結果得られるのが、一時間1000円くらい……!
1000円稼ぐ大変さを久々に思い出しました。
それ以来、外食、一切してないです。
「ラーメン一杯800円……!? ありえねぇ。あんだけ苦労して稼いだ金使うなんて、もったいなさすぎる……!」

なんか金銭感覚が一気に10代くらいのものに進化(というか退化?)したという……!

というわけで、なんか第三の矢をいまさら放ち始めましたよ~ってニュースでした。

うん。

このブログ、やっぱラノベ作家のブログじゃない! 

なんてしみったれた最新ニュースなんや……

パリッとしたニュース期待してる人いたらすいません…………



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-09-18 19:32 | 遊び人篇

うおおお、もう八月ラストか……!

なんとなく、軽く更新だけしとくか。

近況は……いろいろ忙しくしてます。

この二週間は、意外にネタあったんやけどな……。

a0116230_18435444.jpg

萌えコラムの取材にリベンジして、カラオケメイド喫茶みたいなとこ行ったり(これはその後の打ち合わせの銀座ライオン)、

a0116230_18435487.jpg

あと、年に一回友達と行く旅行で、東京から車で京都の舞鶴のほうに行って、ちくわ作ってきたり(なんで?)

a0116230_1843545.jpg

てんいち食ったり……(水道橋店ね)

あとは、とある知人と、とある知人(作家とかではない、完全プライベートな知人)の、まさかの交際を報告されて、のけぞったり……。

その他もろもろ……。

まあまた語る機会もあるでしょう。

まぁ、トータル、良い夏やった。


さぁ九月。

今年もいよいよ残り三分の一かぁ。

まあまだ、残り三分の一もあるといえるな。

アレとかコレとか、今年中にケリつけなアカン問題がいろいろある気がするので、また気ぃ引き締めてがんばってこうと思います。

肝心の小説にかんしては、水面下では、前進はしていますので、んー、秋以降の、大楽からの報告を、なんとなく期待しながらお待ちください。

いい報告……したい。



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2018-08-31 18:48 | 遊び人篇