いやー、8年くらい同じ箇所でアルバイトやってると、こういうこともあるんですね……。

な出来事が、先週起こりました。


「あ、そうそう。そういえば、あそこにいる○○さんって、大楽君の本、昔読んでたことあったらしいよ」

先週、バイト中、ものすごい唐突に、バイト先の先輩からそういわれました。

「え?」

その一瞬、ぼくは、状況がまったく飲み込めませんでした。

詳しく聞いてみると、その○○さんとは、もう一年以上一緒に働いてるんですが……。

誰かが、○○さんに、「大楽って(たまに)本とか書いてるらしい」と世間話。

ネット等でググる。

著作の書影等出る。

それ見て、「え!? このシリーズ昔読んでた!」となった。

そういう顛末らしいです。

いや、いろいろビックリですよね……。

何が一番驚きって、やっぱり、大半の読者の人って、作品買うし、読むけど、作者名はそこまで興味ないんやな……。ってことかな。
オレ、隣でずっと働いてたんやけど……。

あと、単純に、オレの本の話を○○さんに世間話する人物がいるくらい、バイト先に自分の本の仕事が把握されてる事実もけっこうビックリした。

いや、まぁ、学生でもないのに、八年とか、しかもフルタイムじゃない、すげぇ中途半端な時間で勤務してて、妙に「今日シフト遅らせてください」とか電話してくる人間いたら、謎すぎるし、「あの人一体どういう人生なん……?」ってなるんは当然なんやけど。

けど、別に、改まって自分で公表してるわけでもないから、誰が知ってて、誰が知らんのか、よくわからへんねんな……。

いや、うーん、でも、もう、全員知ってんのかな……? 
僕の中では、最初に、「○○さんって大楽君の本読んだことあったらしいよ」って教えてくれた先輩が知ってらっしゃったんも驚きやったんですが……。え!? 少なくとも、その先輩は知ってたんやって。初めて知りましたよ……。

たぶん、だいたいの人が、知ってるけど、基本的には深くつっこまず、なんとなく働きやすいシフトで働かせてくれてるんやろうな……いい職場や……。
売り場の切り替えとかで残業確実の日に限って出勤率が100%なんは気になるとこやけど……。まあ……おおむねいい職場やろ……。

ま、というわけで、中々レアな? 邂逅があったというお話でした。

あ、そうそう、そういえば、その○○さん、その事実を知った時、「当たり前だけど、やっぱり、本を書いてる人って実在するんだ……」って呟いたそうなんですけど。
気持ちわかるわ……。オレだって、もしバイト先にいきなり深沢美潮さんとかいたら、たぶんそういうこと呟いてたと思う。

まぁ……。

深沢先生が文房具屋で週四でバイトやってる状況、絶対にありえへんけどな……。




拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2017-08-16 01:19 | インターバル篇

a0116230_1323729.jpg
・てんいちを比較的よく記事としてとりあげることの多いこのブログですが、意外に、この店も、「おれ、この店好きや……」と腹から思うこと多いです。

スープストックトーキョー。

バイトの帰りとか、ものを考える気力がない時、
「もう修行中の僧みたいにスープだけとかでいいわ……」って、ちょっと自分を痛めつけるくらいのテンションで行くんですが。
毎回、僧とかとんでもない、えげつないくらいの旨みが凝縮されたスープに「いや、ちょ……何かの間違いか!?ってくらい美味しい!」って驚きます。

特にオマールエビのやつ、美味しいですよね。

しかもけっこうたっぷり入ってるスープ二種つけられて、玄米ごはん無料で1000円以下やし……。

まったく文句のつけどころがない。

お客さんは女子が大半な気もしますが、気にせず、今後とも応援していこうと思います……!



・土日に、めちゃくちゃ凝縮して、青森にいってきました。
a0116230_1323771.jpg
本州の先の先、下北半島大間崎の岬です。

北海道までもう15キロくらいしかないとかで、曇ってたけど、うっすら輪郭見えました。

a0116230_1323898.jpg
東京から車で、途中休憩もするんで片道16、7時間くらいかな?

時間ないんで48時間以内ってタイムリミットあったんで、48時間中30時間以上車にいた感じでしたし、(そこに車中とかベンチで寝る時間も含まれる)、
岬に数時間滞在した以外は他一切イベントがない(なんかねぶた祭とかもやってたけど、時間ないんで泣く泣くスルー)一点集中、ほか全部移動時間な感じのイベントになりましたが、なんとかなりました……!

まぁ……僕、免許持ってないんで、運転は全行程、同行した友人一人でしたが。

友「大ちゃんいい加減免許とってや……」
大「うん、まぁ、それはおいおい……」

友「大ちゃん、水とってくれ」
大「はい。ゴクゴクゴク……」
友「なんでお前が飲むねん!? おれ運転してて飲めへんから、水とってくれってゆうてんねん!」
大「あ、そ、そうなん!? なんかこの水の存在が邪魔やからどけてくれって意味かと……」

友「いやー疲れたわ……」
大「ほんまやな。おれ、もう限界やわ」
友「なんでお前が先に”限界”口にすんねん!? 間違いなく100倍オレのほうがしんどいやろ!?」
大「い、いやいや、オレも必死に戦ってるって!」
友「ウソつけや! お前さっき助手席で一瞬落ちてたやろ! 何事もなかったかのようにとりつくろってたけど余裕でバレてるから!」
大「い、いやいや、あれ、ほんま0コンマ何秒の離脱やから! こっから巻き返す!」
友「もう、ほんま頼むわぁ……」

かなりの苦闘でしたが(主に友人が)、まぁなんとかなりました……。

しかし青森ってめちゃくちゃ遠いですね……。ていうか、青森だけでも、縦断するのに3~4時間かかって、ビックリしました。岩手と青森縦断するだけで半日くらいかかった気がする。

a0116230_1323810.jpg
途中で食べた”黒石やきそば”。ラーメンのツユに間違ってやきそばを入れたのが起源という焼きそばですが、やきそばの味の濃さがスープでほどよく落ちて、マイルド風味でかなりおいしかったです。

本州最北端は、空気良かったですね。8時くらいに行ったんで、他の観光客もほとんどおらず、いい感じに寂れてました。

a0116230_13253610.jpg
a0116230_13253625.jpg
a0116230_1325369.jpg

a0116230_13392000.jpg


a0116230_13253761.jpg

最後は、栃木のサービスエリアでギョウザとか食べて、フィニッシュ。
疲れましたけど、中々濃い旅行でした。

しかし、もう一回やれっていわれたら、もう無理かもしれん行程やったかな……。
中々、もう、人生で再訪できる機会ないかもな、大間崎……。

そんな感じの近況報告でした。

あ、そうそう、ドラクエはまだやれてません。2Dでやりたいんで、既に家には3DS版があるんですが。
旅行もいったしな……。しかし隙をついて、そのうち必ず。

というわけで、夏休み終了終了。

原稿巻き返す……。



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2017-08-07 13:44 | インターバル篇

八月ですね。

ということは……もう言い訳が聞かないくらい、夏!

去年の夏、新作が出るまでは、なんとなくサブタイトル変えずにいこうと思って、(2016夏→秋→冬→春篇)みたいな感じでやってきたんですけど、余裕で手も足も出ず季節がひとめぐりしましたね。

まぁ心のどっかで、たぶんこうなるんやろうなーという予想はしてたんですが、そんな予想できてた時点でたぶんダメなんやろうな……!

中々、自分の負の未来予測が覆せへん時期が続いてるなぁ……。


とりあえず、長すぎてわけわからなくなるんで、サブタイは作品と作品の間ってことで、インターバル篇、とでもしておきましょう。

しかし長いインターバルだぜ、毎回毎回……。



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2017-08-01 14:14 | インターバル篇

ブログ更新しようと思い、なんかネタないかな~と机を見回してると、こんなノートが。

a0116230_13282549.jpg


……完全に忘れてた……

ずっと机の上に乗ってたんですけど、完全に風景と化してた……。

そういや、ちょっと前に、執筆用のネタ帳だけじゃなく。ブログもがんばろうと、こんなノート、つくるだけつくったんやった……。

中を見るとそこには、
a0116230_13282551.jpg

の文字だけ……。

あ、これ要するに、
先日萌えコラムの取材行った時、担当さんに珍しく服装のことを褒められて、照れ隠しで「いやいやこの服GUで買った安物ですから」っていったら、
「あ、ホントですね! よく見たらペラペラですね」ってめっちゃ素直に肯定されてへこんだ……謙遜に決まってるやろ……!

って内容です……。
当時のオレ、このネタをどうやってブログの記事にするつもりやったんやろ……(笑)
ただの担当さんに対する愚痴……(笑)

しかもこの一回しか書いてない……。

あ、でも!
まさについ先日、このとき取材に行った萌えコラムの記事が乗ってるドラゴンマガジンが出たわ……九月号

今回は『大正メイドカフェ&バー』。
ぼくのGUのジャケットをぺらぺらと言った担当Rにわけわからんキャラを追加したりした回です。
良かったらご一読&アンケートはがきよろしくお願いします !m(_ _)m



すげぇ……怖いくらい、ブログのネタ帳と現実世界のやらなアカン告知が連動したな……!!

このノート、案外存在意義あるんか……?

というわけで、机の奥にしまわず、もうしばらくこのノートはおきっぱなしにしようかと思います。

また何か結果的にブログのネタになってくれるかもしれんしな……。




拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2017-07-24 13:35 | 2016夏篇

一人で外食する時って、悪循環が悪循環を呼び、なんかとてつもない孤独を呼ぶ時ありますよね…………。


先日、バイト後ちょっと用事あって、あんまり知らん街来たんで、「ハンバーグでも食うか」って店入ったら。
「ここ物置!?」ってくらい狭い店の端のテーブル回されて(他けっこうあいてるパターン)。

気をとりなおしてハンバーグ注文、ライスは別っていうんでライス(250円)頼んだら…………

「おまたせしました」


……パン、来る。

どうやらもともと無料で食べ放題のパンついてたらしい……。
教えといてくれへんかな!?
これあるならライスなくてもよかったんやけど……。

そしてさらに孤独を深くしていくのは待ち時間。

どう少なく見積もっても10分以上ただただ待ってて「おかしいな……注文忘れられてんのかな」と思ったら、別のテーブルで同じハンバーグ注文してるお客さんに、店員さんが説明してて謎が解けました。

「そちらのハンバーグ、ご提供までに20分少々お時間いただきます、よろしいですか?」


だから……教えといてくれへんかな……!? 
20分って……!? めっちゃお時間いただくやん……。
それやったらメニュー変えたって……なんでオレだけ、こんな情報規制された中で戦わなアカンねん……!? 
オレの注文とったウェイター新人さんか何かやったんか……?

その後、だいぶ待ってからやっとハンバーグ来て、それは中々美味しかったんで救われましたが、ああいう、クレームつけるほどじゃない、微妙な不満を抱えながら料理を待つ時間って、すごい哀しくえらい孤独やわ……。

しかもオレ、けっこうそういう事態起こりうるねんな……見知らぬ店行ったら、三回に一回は起こる感覚ある……。

間が悪いんやろうか……すべてにおいて……。



拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2017-07-19 08:59 | 2016夏篇