今日は新作打ち合わせの為、九段下まで行ってきました。

提出した初稿を、こっからどう磨いていくか、担当サンと相談。

短い時間やったけど、けっこういろいろ収穫もあったし、それも踏まえて、がんばってしびれる原稿書きたいと思います。
まずは、戦闘の構図を練り直さんとなぁ……。



執筆って、『マラソン』とか『遠泳』とかって例えられることがよくありますけど。

現状、ぼくの場合、執筆=『ゴルフのパッティング』 って例えるのが一番しっくりかな、と思ってます。

目指したい『作品の完成形』が、『ゴルフのカップ』で。

そこに辿り着くためのラインを探って、パターを打つ……みたいな。


しかし、なにを隠そう大楽。
肝心のその執筆パターが……めちゃめちゃ下手です(笑)

カップまでのラインはさっぱり読めへんし、下手すれば、グリーンのどこにカップがあるのかも分からん状況に、しょっちゅう陥りますヽ(`Д´#)ノ 
そんな状況でやみくもにパッティングしても、ボールがカップに入るワケもなく。

ライジングインパクトって知ってます?
ぼくが高校の時にジャンプでやってた、七歳児が420ヤードぐらいボールカッ飛ばす、なんかかわいくて痛快なカンジの、傑作ゴルフマンガなんですが。
(たぶん、アイズと、ハンター×ハンターの次ぐらいにジャンプマンガで好き)

そのマンガに、黒峰サンっていう、黒髪の、ちょっとサダコみたいなかんじの女子キャラ(しかも回を追うごとに、なんか可愛くなっていく)が出てきます。

その黒峰サンは、パッティングの瞬間、カップまでの正解ラインを教えてくれる『黒い蛇』を、グリーンの上に”何匹”もイメージすることができ。
その黒い蛇が示すラインにパットを打つことで、8割の確立でパットを沈めることが出来る能力を持ってるんですが(笑)

その能力を遥かに上回る、パットの瞬間、カップまで続く『一本の光の道(シャイニングロード)』を見ることが出来る、パッティング成功率100%の天才美青年ランスロット君に、パット勝負で秒殺されてしまいます。

んで、そんな秒殺された黒峰サンに向かって、ランスロットは淡々と一言。

「蛇が複数見えるということは、それだけパットに迷いがあるということ。でもどんなグリーンであろうと、ボクには常に一本の光の道しか見えない。100%迷いはないということさ……」

テんメェ……ランスロットォォォオ!!!
お前に……お前に、複数の蛇が見える者の悲しみは分かるまいヽ(`Д´#)ノ


ぼくは完全に黒峰サンです。
グリーンの上に、230匹くらい蛇のラインが見えてしまう、ダメな黒峰サンですヽ(`Д´#)ノ
(それはもはや黒峰サンじゃないけど!! 金園くらいか?) 

ま、でも、パットと同じで。執筆も、別に一回でパットイン出来んくても、何回かはだいじょうぶ。

間違ったラインにボール乗せても、少なくとも打つ前よりは、カップに近づいた場所にボールいくから。
そこから、また、カップ目指してパター打てばいい話……。

というわけで、いまから、2パット目に入ります。あわよくば2パットで成功、少なくとも、3パット目が確実に入るような距離まではボール転がしたいわ……


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-03-26 19:39 | 派遣アルバイト篇
今日は休日。

てなわけで、カネもないのに、知り合いと、越谷レイクタウン、とやらにいってきました。


ぼくは呼び出されるままに向かったんで、「越谷レイクタウン」がなんなのかさっぱり知らなかったんですが、
要は、めっちゃでっかいショッピングモールがある場所、みたいなもんなんです……よね?

わりと話題の場所とからしく、確かにかなりの人手でした。


越谷レイクタウン、楽しかったです。
とにかく、ショッピングモールの広さと店の数が、尋常やない(笑)
服屋雑貨屋飲食屋本屋ツタヤ……ってかんじで、ひたすら店が数キロ続いて、しかもそれが、三階建てになってる。

でも、せっかくそんなとこまで出向いたのに、おれにはカネがなく。
でもなんも買わへんのも屈辱的なんで、300円均一で、マガジンラックだけなんとか買いました。

a0116230_0335554.jpg


何故かムキになって、いってすぐ購入したんで、めっちゃ邪魔やった(笑)



で、ひととおり店見た後、死ぬ気で1800円払って、映画見てきました。

「ドラゴンボール エヴォリューション」

ていうか、それを見るために、ここまで来たんです!

感想としては……

予想通り……



フツーにおもろかった(笑)



いや、もともと、原作と切り離して観る自信あったんで、普通に冒険映画として楽しめたカンジでした。(まぁ、途中、若干寝たけど……)

むしろ、チチに好印象をもたれるために必死にワックスつけたり、調子ノッテるヤンキーをボコボコにする高校生のカカロットは、感情移入のしやすさでは原作よりしやすかったくらい(笑)
チチも、異常にかわいかったなぁ……。
ヤムチャなんか、むしろ原作よりオイシかったんじゃ……?


ま、妙なトコも、当然けっこうあったけど。
なんにせよ、楽しめました。

ちょっと(?)続編をにおわすような終わりかたやったんで。
「強襲! サイヤ人編」があることを信じ、続編を待ちたいと思います。


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-03-26 01:05 | 派遣アルバイト篇

ナイトガンダム

↑イシブミさんからも通達がありましたが、そうか、これが出るんか……。


ぼくは、プラモとかに、ほとんど興味がありません。
というか、作れないのです。
プラモが。
手先の器用さ的に。
ぼくの手先の器用さのパラメーター、まじで1、とか、2、とかなんです。


でも……このシリーズは、買ってます(笑)
(まぁもともと完成品やけど)
やっぱり、ぼくも、超ラクロア世代なんですよ……

小学校の時、ラクロアの勇者、伝説の巨人、アルガス騎士団、光の騎士のOVAは、ダビングして、猿のように見てました。

ビデオの後に出てくる、土田名人と変な弟子の、
「太陽は、星に勝ち、星は、月に勝つ……」
「なかなかやるダスなぁ……でも……まだまだ甘いダス!!」
とかいうカードバトルも、めっちゃ好きでした(笑)

たぶん、このネタわかる人、このブログの読者にほとんどおらんやろうなぁ……(笑)

でもアカン!
すいませんけど、書いてたら、めっちゃ映像が蘇ってきた(笑)

湖のほとりで、ゾックみたいなモンスターをジャイアントスイングで倒すナイトガンダム!

サイコゴーレムを倒すための、光の弓と矢(めっちゃ重い)を両手でもって、セイラさんがナイトガンダムのところに早歩きで急ぐトコ!

武道家のネモが、サイコゴーレムにわしづかみにされたとき、
「どうせ叩きつけるなら……あの壁に向かって叩きつけてくれぇぇ!」と叫ぶシーン(笑)

サイコゴーレムが敗れた瞬間、
「サイコゴォォレムゥゥゥゥ」
と妖精キッカが叫ぶシーン。

そして、サタンガンダムに乗り移られて、明らかに邪悪な顔になってるのに、誰にも気づかれへんガンキャノン(笑)


書いてたら、なんか、もっかい見たくなってきたなぁ……。

というワケで、次に出るこのプラモも、当然買いなワケですが。

残念。
ここまで買いておきながら。
カネがなくて、いまは買えません(笑)

だっておれ、給料日まで、全財産の10000円ちょいでやりくりせなアカンし(笑)

いまはガマンやヽ(`Д´#)ノ

バイトの給料日がきてから、ソッコー買おうと思います!


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-03-25 01:53 | 派遣アルバイト篇
もちろん12時~0時まで焼き鳥屋でバイト。

a0116230_1213999.jpg


写真は、焼き鳥屋の近隣店からの”おすそわけ”を、たいらげた後の写真。

お寿司とか弁当とかもらったんで写真撮ろうと思てたんですけど、気づいたらむさぼり食った後でした(笑)



しかし……不思議なもんで、この地獄バイトににも慣れてきたなぁ。

ぼくはこのブログでは、より崩した文章をマスターするためにも、絵文字とか使いまくって、言文一致というか、感情を直にぶちかました文章を書こうと思ってるんですが。

明らかに、焼き鳥屋バイトが始まった頃より、 ヽ(`Д´#)ノ  の文字の使用頻度が最近減ってきてる(笑)

ヽ(`Д´#)ノ←は、なんかヤケクソじみた怒りのドス黒パワーに満ちてる感じが出てて、「いまのおれを体現するのにこれほどふさわしい絵文字はないッッ!」と、ネットからもってきたんですが。
最近、ヽ(`Д´#)ノ な気分になることは、あんまありません。

うーん、いいことなのか、悪いことなのか……ドス黒パワーも、重要な原動力やったからなぁ……。
しかし、そういう感情の変化がわかっただけでも、このブログつけてる意味ありましたね。


ちなみに、最近のおれを新たな顔文字で表すと、

('・c_・`)  「…………」

ってかんじです(笑)

なんかカラッポで、淡々と、無気力なかんじ……


ま、なにはともあれ、二つ目の顔文字をラーニングしました(笑)

これからは、ヽ(`Д´#)ノ に加え、('・c_・`)もバンバン使っていきたいと思います……('・c_・`)


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-03-24 01:51 | 派遣アルバイト篇
今日は仕事もバイトも予定もなんにもない、100%完全なるオフ。
ヒマな日。
いつ以来や……? 2009入って初かなぁ……。

今日を逃すとなかなか機会もなさそうなんで、髪切りにいったりとか、なんかそういうことしときます。

しかし、張り詰めてた反動か、ここ二日連続で、13時間ぐらい寝てまう……。




ところで、さっき、異常に甘いモン食べたくなったんでコンビニに行ったら。

エゲつないもん見つけてしまいました。

a0116230_1743485.jpg


今週発売の『少年サンデー』。

その表紙には、
特別企画まんが『世紀の大合作30P!! あだち充×高橋留美子』 
の文字!

「なぁにぃぃぃい!? これは買うしかない!」

普段、サンデーは立ち読みくらいしかしないんですが。普通に買いました(笑)

あだち充も高橋留美子も、めっちゃ好きです。


あだち充は、高校時代、おこづかいはたいて『タッチ』と『H2』全巻買って。
めっちゃハマッて。
その面白さをみんなにも伝えようと、学校に持っていって、教室の本棚に置いといたら。
ソッコーで、いろんなクラスから狼が現れて、盗難されて(笑)
結果、いま手元には、タッチの最終巻と、間が飛び飛びになったH2しかなくて(怒)
そんな思い出があるくらい、好きですヽ(`Д´#)ノ

でもこの人の書く、野球の試合はまじ好き。
タッチの最終決戦『明青×須見工』、H2の夏の甲子園二回戦『千川×伊羽商』なんかは、何回読んでも息が苦しくなるくらい緊張感感じるやん!!


高橋留美子に関しては、いうまでもありません。
日本にいる漫画家で、ぶっちぎりに一番、俺は高橋留美子が好きや!!

自分の中で好きなマンガを自分で順位づけして上から並べると、

1位『めぞん一刻』
2位『I,s』
3位『らんま二分の一』
3位(同率)『MAJOR』
3位(同率)『ガンバふらいはい』

で、超激戦区の中、高橋留美子が一人で、金メダルと銅メダルを保持します!!
(しかし小学館のマンガ多いな……おれジャンプっ子やのに)

なんか、やっぱり、テンポとか、笑いの趣向とか、なんかあの……愉快な感じが!
好き!!


そんな二人が合作まんがを書いてくれるなんて……今号は永久保存版です。
しかし二人で出した単行本累計の合計、三億七千万部ですって(笑)
うらやましい……


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-03-21 18:17 | 派遣アルバイト篇