と、いうワケで。

仕事が0・3段落したんで、拍手回答です。

期間中、なんだかんだ、ぜんぶで300近く拍手きたんかな……?

ありがとうございました。

ぜんぶ返すのはちょい難しいんで、抜粋でご勘弁を。

ではスタート↓

だいたい、来た順番に並んでます。











>初めまして、マーガスさん!。なんとなくの拍手ですw by PN:小狐八雲

某ポケモン作家を除けば、これが送られてきた拍手第一号でした。
記念すべき第一号が、なんとなくか……(笑)
でもありがとうございます☆


>27歳の男です!年甲斐もなく七人の武器屋の大大大ファンです!
>特に第2巻が好きで何回も読んでいます。
>七人の武器屋との出会いは、イラストの今野さんのファンだったから読んだっていうのが最初でした。
>だから最初はイラストが目的だったんですけど最後のほうはもうシナリオ目的になってましたよー。
>もちろんイラストも素敵でしたけど(*´∀`)

もう、ほんとにありがとうございます。
そして、今野さんファン!
嬉しいですね、こういう絵師さんファン→本編も好きになってくれるパターン。
やっぱ、絵はいいけど話がな……なんていわれるワケにはいかんし……!
次もそういわれんよう、出来るだけ頑張ります。


> 七人の武器屋の短編集出してほしいです。見逃したモノもあるので…。 by うぃんつぅ

ああー。
確かに少なくとも、
『アスベル四天王対決篇』
『マーガスジャンイッコ5歳篇』
『マーガスの母親がアスベルに来る篇』
は、まだ文庫にはなってませんね。
どうなるか分かりませんが、自分でも、いちおういつか出したいな、とは思ってます。
気長に待っててやってください。


>作家志望高1男、ひっさんです。記事のノリとか、作家のリアルがかいま見えるという点とかを楽しませてもらってます。  
新作出るんですね! 武器屋の次は何が来るのか……想像つきませんが、それがまたいい。楽しみにしてます。by ひっさん

作家のリアル。
そうなんです。僕は、それを、異常なほど伝えたい。このブログで(笑)
というか、面白くないですか? 特殊職業についてる人の苦悩って。
僕、『情熱大陸』『プロフェッショナル』『ゲットスポーツ』あたりの
ドキュメンタリー番組好きで、毎週見てるんですが。
やっぱドキュメンタリーの何が燃えるって、その対象の人が苦悩して
それでもなんとかやっていってる姿なんですよね。
だから、まぁ、そういうかんじを出来るだけ出していけたら。
と思ってます。


>別に放置されても私はいいですw 年齢は14で男です。 by 氷楼

いや、とりあげるヽ(`Д´#)ノ


>村玉です。この画像はいったい……by 村玉

あ。ボクが荒川区に住んでた頃、ルームシェアしてた友達の村玉君です。
2年、この人と僕は、同じアパートの一室に住んでました。
家賃は二人でわって35000円。安かったなぁ。
武器屋の一巻と二巻は、ここのアパートで書いてました。


>マーガス! 記念に十拍手です。 by 中学生女子

中学生女子!
なんか僕、昔二年半ほどプールでインストラクターのバイトやってて、
子供教えたりしてたせいか。
小中学生と聞くと、
「お前ら……しっかりしろや! がんばれ!」
みたいな、手荒い叱咤激励テンションになります。
だから、言います。
「お前ら、がんばれ! 勉強か部活か遊びかしらんけど、とにかく、がんばれ!」
僕もがんばります……ヽ(`Д´#)ノ


>22歳男ですo(^^)o
焼き鳥屋さんこんにちは(・∀・)ノ
いつも楽しく見てまーす(笑)
その生命力の強さ見習いたいです(^w^) by REI

いや、何回も言うけど俺、もう焼き鳥屋辞めてるってば(笑)
どんだけ根強い印象もたれてんねん……。
生命力は、確かに、けっこう強めかもな……。
貧乏になれば、生命力は、自動的に相当あがりますよ!


>いつも楽しく拝見しております。おそらく、大楽さんと同年代な女子です。
関西人なので、このブログの文章を見ると落ち着きます。
お忙しいでしょうが、ちょっとずつ更新してくださると嬉しいです。新作も期待して待っております。 by taka

関西人! 
そうですね、確かにこのブログでは、喋り言葉意識して、出来るだけ関西弁使うようにしてます。
でも、すいません、takaさん。
ボクはもう東京来て8年目……。
けっこう、関東弁に毒されてる部分もあるんですよ……(泣)

普通に、「昼飯? ”マック”でいいんちゃう?」とかいうし(死)
部屋で、「つまんねー」「ちげーよバカ」とか、SMAP中居クンばりの関東風独り言いうてるし。
これを期に思い出します。関西スピリッツをね。


>中学校以来ライトノベルには触れてこなかったんですが、七人の武器屋は読み始めてから二ヶ月、もー何回も読み返してます。アニメ化すればいいのに〜。キャラクターが動いて騒いで笑ってる場面が、簡単に鮮明に想像できる七人の武器屋大好きです。面白いです。 by 0430(21歳女

ほんまに、アニメ化すればいいのにねヽ(`Д´#)ノ
世界で一番武器屋のアニメ化を切望してるのは間違いなく僕です。
世のやんごとなき人々、誰かなんとかしてくれや!(魂の叫び)


>北山です。
性別年齢は内緒です。うへへへへ。
同期のブログ見てると、みんな内容がバラバラなのが笑えますね。 by 北山

あ、北山さん
ほんとですよね。でも、ウチと北山さんトコは、よくヒィヒィいってるって意味では若干似てると思う(笑)


>YA・KI・TO・RI☆

YAMEMASHITA☆




とりあえず、こんなもんか……。
けっこう大変や(笑) ウェブ拍手回答!
まだ1・5日分くらいしか消化できてへんし……。

続きはまたそのうち。


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-05-16 20:09 | 養成所篇
というわけで、最近は学生やりながら、執筆してます。

まぁー、学校のほうは、あんまり期待しないように。

俺なんか、そう簡単に通用するわけないねんから。


そもそもが僕は、別に面白い人間でも、人を笑わせるのが得意な人間でもありません。

基本おとなしいし、根暗やしな(笑)

しかも声が小さい。ボソボソ喋るタイプ。

おまけに、人前で喋んの、めっちゃ苦手。

特に大勢の人の前で、一人で喋ったりせなアカン場合、
膝ガクブル、心臓バクバク、頭真っ白。
フリーズ状態になります。

……よくそれでこの学校入ったなお前……ってかんじですが。

まあそういう弱点も、この一年で少しでも強化できればな、と思ってます☆

経験値稼ぎます(ノ`´)ノ

なんにせよ、まずは、漫才やる相方探しからや……。

どうなることやら。



まあ、そういうかんじで、このブログはしばらく(養成所篇)になります。

ヒマやったら、いったい僕がどういう末路を辿るのか☆

チェックしてやってください。



さーて、時間に余裕あるうちに、そろそろウェブ拍手回答に着手せんとな……。
あとでもっかい更新できたらします。


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-05-15 13:29 | 養成所篇
こんにちは。

恐縮ですが、今日はかなりワタクシごとの日記です。

興味ない方は、ぜんぜんスルーで(笑)












さて、前々からいっておりましたが。

四月から――
具体的には昨日から、新生活が始まっております。

えー、去年の11月くらいから、具体的に動き始めてたんですが。

大楽絢太。
もう25歳ですが。

今年、4月から、とある【学校】に通う事を決意しました。

あ、これは冗談でもなんでもなく、まじなお話です。



その学校に行く理由は、いろいろあります。

・その学校に昔から興味があったから。

・ちょっとでも、なんか面白い人になるため。

・将来のネタ探し。

いろいろありますが。

一番の理由は、ズバリ、「栄養補給」のためです。



どうやら僕は、思ったよりエネルギータンクが小さかったらしく(笑)

三年半くらい『武器屋』やって、ガンガン、自分の中身放出し続けたら。

あっというまに、取り返しがつかへんくらい消耗してまいました。

まぁ武器屋四巻書いてる時くらいから「あー、このままいくとヤバイなぁ」と思ってたんですが……。

予想通り、武器屋終わった瞬間、一気に、脳みそが70歳くらい老化して。
ぼくはほとんどただの肉壊と化しました。
いちおう、他人と接する時は、オートモードで普通のフリできるんですけど、
実際にはぜんぜん頭回ってへん状態というか。

もっとシンドイ思いしても頑張ってる人、世の中にいっぱいいるんですけどね……。
まあそれは、仕方ありません。僕のエネルギータンク&根性が人より劣っていただけです。

まぁ、ともかくそれで、消耗しきってしまった僕は、反省したわけです。
普段から、栄養補給のことも、考えながらやらなアカンぞ……と。
あと今からでも遅くないから、栄養補給しろよグズ……と。


ただ、そこで問題になるのは、じゃあどうやって栄養補給をするか? 
ということです。
作家の栄養補給と聞いて、なんとなく思い浮かぶのは、
小説読んだり、映画見たり、マンガやったり、ゲームやったり。
もしくは気分転換にスポーツとか? まあ、そういう感じです。

それらは、ものすごく大事でしょう。
ただ、そういうのは当たり前にやるとして。
もうちょい、「番外編でなく本編」というか、人生の真ん中に食い込んでくるような、趣味のレベルを超えた栄養補給、をやっておきたかったんです。

何故なら、そういう人生をチップ代わりに賭けた挑戦ってノリ、めっちゃ好きやから(笑)
栄養を補給するならば、自分がもっとも楽しめるやり方がいいでしょう。

まぁ、そういう経緯で、学校に通うことになりました。
ヤキトリ屋でバイトしてたのは、その学費を稼ぐためだったのです。


あ、もちろん、文筆業も、やりますよ。
ていうか、やってるじゃないですかヽ(`Д´#)ノ
バイト二つカケモチしながら武器屋書いてた頃に比べれば、
学校との両立は、時間的には何の問題にもなりません。
原稿が遅れたとしたら、それは純然たるボクの才能不足ですヽ(`Д´#)ノ
まぁ、でも、学校行くって決めて、栄養補給に走ったおかげで、
最近はようやく徐々に復活してきましたよ……。


あ、で。
最後に、肝心の、何の学校に行くか、ですか。

「NSC」という名前の学校です。

テレビとかで聞いたことがあるかも知れませんが。
まぁ、早い話が、吉本興業の、お笑い芸人養成所です(笑)

昨日から、そこに通ってます(ノ`´)ノ


……………………。
もしかしたら、予想を超える衝撃展開に絶句されてるかも知れませんが。
実話です。

まぁ、そういうコトです(笑) 

どうなるか分かりませんが、とりあえず、後先考えずにやれるトコまでやってきます☆

というわけで、唐突戦記大楽。

第一部【派遣アルバイト篇】

第二部【幕間篇】

に続き。

第三部【養成所篇】

スタートですヽ(`Д´#)ノ 

詳しくはまたそのうち~♪


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-05-13 18:19 | 養成所篇
いやー、死ぬかと思った……。

というわけで、大楽です。

6日で原稿あげる、つもりやったんですけど、結局、今日までかかってまいました。

今朝原稿送りましたが……

いやー、死ぬかと思った……。

としかいいようがない(笑)




『間に合わんかったらどうしよう』
『今度こそ信用裏切りたくない』
『これは小説になってない』
『自分の作品が理解できない』
『キャラクターが何考えてるかわからへん』
『もっと面白くできるハズ』
『アカンもうおれ終わってる』

起きてる間、止めたいのに、脳みそが勝手にオーバーヒート気味に回り続ける。
他のことをやる精神的余裕がまったくない。
常に息を止めてるかんじ。友達からの連絡全ムシ。
興奮と緊張で、仮眠しても目覚ましより早く目が覚める。


朝に一人で絶望して、昼に一人で解決して一瞬喜んで、夜にまた一人で絶望する。
何日も、何日も、黙々とそんな日々が続く。



……以上、作詞作曲、大楽絢太。
新曲『ああ恐ろしや文筆業』です(笑)

……まぁいいけど。


とうぜん、そんな精神状態で、ブログなんか書けません(笑)

たぶん、書いたとしても、もう頭がカッチカチに硬直してるんで、

「ぼく げんき がばてます」

みたいな文章になる(笑)


というわけで、ブログ放置しておりました。すいません。
ごめんなさい、拍手も、見てる(精神的)余裕なくて、さっきまとめて見ました。
更新ないけど拍手けっこうあったんですねーありがとうございます。

6日でウェブ拍手撤廃予定だったんですけど、まったく取っ払ってる余裕ありませんでした。
せっかくなんで、明日(12日)までつけときますんで、あのナゾの神様みたいなんを見てやってください(笑)


というわけで、まあ、一段落です。
いや、全体で見たら、まだ、0・3段落くらいやけどな……。

なんにせよ疲れた。
ここ二週間くらいとりためたテレビでも見ながら寝ます。



そういえば、個人的な話ですが、明日から、本格的に新生活が始まります。
またそれも報告しますね。
そろそろ幕間篇も終わりか……。


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-05-11 17:02 | 幕間篇
執筆のほう、だいぶ調子でてきました。

シャイニング・ロード……見えたか? (笑)


しかし、GWぜんぶ引きこもって仕事する、って決めて、
昨日めっちゃ買い出し行った後くらいから、
逆にこの状況がめっちゃ楽しなってきました。

なんかこう……秘密基地感?……というか……

よく考えたら、
【一人でずっと引きこもって、自分でメシ作ってやっていく!】
って状況、小学校の時の俺やったら、めっちゃワクワクしてたやろうしなぁ。

一人暮らしとか、家出とかに、異常な羨望あったし……
だから、ドラえもんで子供だけでどっか旅行いくん、最高に羨ましかった。

めっちゃ話それるけど、俺的劇場版ドラえもんランキング↓(笑) 

一位・鉄人兵団
二位・夢幻三剣士
三位・海底鬼岩城……いや……日本誕生……いや……大魔境も……ドラビアンナイト……竜の騎士……

アカン、ぜんぜんまとまってへんやんけヽ(`Д´#)ノ
しかもめっちゃ語りたいけど時間ないし!
ドラえもんタイムはいつかで(笑)


では、再び海底へ潜ってきまーす。



(あ、ウェブ拍手、ありがとうございます。順調にこの機能の面白さにハマりつつあります 笑)


拍手ボタン
# by dkdkdkdkdk1 | 2009-05-02 04:14 | 幕間篇