<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


拍手ボタン

先週金曜日、高校時代の友人Yと上野の『キャプテン翼展』に行ってきたんですが……(注・ぼくはキャプ翼の大ファンです)、

まぁ色々ポスターとか買えたり、あと、サッカーボールを蹴って入った場所によってもらえるカードが、二人とも松山でガッカリやったり(いや、松山もいいけど、おれ、岬がほしかった)、色々楽しめたんですけど……

驚いたんが、『幻の第四話掲載!』のコーナー。

そこには、雑誌連載当時、高橋先生が既に第四話を書き上げていたものの、速報で聞いた第三話のアンケート結果があんまり芳しくなく。
故に、その四話まるまる破棄して、全く新しい第四話を書いた――。
(そこで生まれたのが、わりとキャプ翼でも象徴的な話、
『翼が、ボールをゴールのバーに当て、跳ね返ったボールをオーバーヘッドでゴールにブチ込む技をロベルトから教わり、ラスト、ロベルトに「ビバ翼ぁ!」といわれる話』)

ただ、幸運なことに、その時破棄したほうの『幻の第四話』も、高橋先生の書斎に残されていた!
というわけで、今回は特別に、高橋先生に許可を得て、それを展示します!

そういう説明があり、で、説明どおり、そこに、そのボツになった第四話完成原稿がまるまる原画で展示されてたんですが…………

こ、これが…………いや、ほんま。
驚くほど。
驚くほど、パラレルワールドな原稿で。

本編では、一巻から最終巻まで専業主婦やった翼のお母さんが、何故か、この第四話では小説家ってキャラづけしようとされてて、翼達のエピソードそうとうボヤけさせてるし……

若林を尊敬する小若林みたいなキーパーとか、なんか番長みたいな格好したサッカー選手とか、その後正史では一切登場せんかった正体不明のライバル山ほど出てくるし……

ライバル校の修哲小にいたっても、井沢、滝、来生、高杉などその後のレギュラーメンバーは一切出ず、わけのわからん、ちょっと後輩に厳しい先輩……みたいなヤツが何故か幅を利かせとるし。

翼のオーバーヘッドも、このあと約束する翼と若林の再戦の約束のくだりも全くでてこんし。

「結果、この改稿した第四話はジャンプ紙上で爆発的な人気を誇り、そこからキャプテン翼は不動の人気を得ることになりました。もしこの幻の第四話がジャンプに掲載されていたら、キャプテン翼は、今とは全く違う作品になっていたかもしれませんね……!」とか書かれてるし。

な、なんやったんや……これっ。

まぁ、でも、どこの世界でもやってること同じなんやなぁ……とも思いましたけど。

ぼくも、どうしてもうまく話動かず、最後まで書いたけどイチから書き直すことになって、その時ボツにしたパラレルワールド原稿の話で、武器屋時代の今野さんとか、現担当さんとかと盛り上がることがけっこうあります。

今野さんともよく話すんやけど、やっぱ、一番多く話すんは現担当さんかな……

テツワンの3巻とか、BIG4の最終巻は、現行版とは全く違う、キャプ翼でいうところの小若林とか、小説家になろうとしてるお母さんとか、どこ目指して走ってるんかわからん迷走キャラ山ほど出てくるからな……

今書いてるやつでは、できるだけそーならんよう、がんばろうと思ってます。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-06-30 19:36 | 前進篇
ブログの古い記事探ってみると、

2009年→22個。

2012年→32個

やったらしいです。

ぼくが、漫画週刊誌で、毎週確実に読んでる漫画の数。
(対象雑誌・ジャンプ・マガジン・サンデー・ヤンジャン・ヤンマガ・スピリッツ・チャンピォン)

けど、最近、明らかにそれが減ってる!

つか、2012年の時のレギュラーで読んでた漫画に比べると、

ジャンプ→ワンピース、ナルト、ブリーチ、黒子、めだかBOX(完結)、暗殺教室、斉木楠雄、

ヤンマガ→サイコメトラーエイジ、ナニワトモアレ(完結)

スピリッツ→アフロ田中、ラストイニング、バンビーノ(完結)、アイアムアヒーロー

マガジン→はじめの一歩、ダイアのA、あひるの空、ベイビーステップ

モーニング→ゾンビ取りガール(休載中)、宇宙兄弟(不定期連載に)、ジャイキリ、ライスショルダー(完結)、グラゼニ、ひらけ駒(休載)、おもに泣いてます(完結)、たまにクッキングパパ。

ヤンジャン→キングダム、ハチワン、へーせいポリスメン、ガンツ(完結)、べしゃり暮らし(休載)、じょうじ。

チャンピォン→弱ペダ、バキ


めっちゃ終わっとる!

特にスピリッツ壊滅的やん。

こら、読む漫画の数めっちゃ減ったと感じるハズやで。

というか、上記の漫画の中でも、最近なんとなくトーンダウンして読んだり読まんだったりにランクダウンしてる漫画も相当あるから、今毎週確実に読んでるのって、

ワンピース・ハンター・黒子、
喧嘩商売、
一歩・ベイビーステップ、あひる、
ハチワン、
バキ、ドカベン、弱ペダ

実質10個くらい……?

アカン…………物事を面白がる器官、好奇心、そういうモンが減退しすぎとる……!

というわけで、

a0116230_1573579.jpg


しばらく、自分自身改造フェア? 漫画再発見フェアということで。

ジャンプ、サンデーマガジン、ヤンジャンヤンマガスピリッツチャンピォン全誌買って(あとできればグランドジャンプとかも買うか……)、

ほんまはオレのストライクゾーンに入ってたのに、なんとなく見落としてた、オレが好きそうな漫画探してみようと思います……。

とりあえず今日はジャンプ、ヤンマガ、スピリッツ買って、『オケラのつばさ』と『高嶺の花』、面白いのに読んでなかったことに気づいた。

今後3年、もしかしたら5年10年楽しめる漫画を、もっかい探そ……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-06-23 15:07 | 前進篇
6月12日(木)

15時~バイト。

……やったんやけど。

朝(?)、起きたら、既に時計が14時59分。

……やってもたぁぁぁぁぁぁぁ!

噴きだす大量の汗。

(このままでは遅刻するッッ……!)

脳裏にフラッシュバックするのは、寝る直前の自分の行動。

「あ、しまった。携帯とは別の、大音量アラーム、セットすんの忘れてた。
 まぁ、でも、いっか……。布団から出て、セットしにいくのめんどくさいし……。
 今日は、まぁ、六時間ぐらい寝れるし、携帯のアラームだけで余裕で起きれるっしょ……オヤスミ……」

何やってんねん……寝る前のオレ!
それから数時間後。
ギャグ漫画かってぐらい、忠実に自分の失敗フラグ回収してるやん。
携帯アラームじゃ、ピクリとも覚醒できひんかった!

(いや、でも、まだ落ち着け! 時間はある! まだ慌てるような時間帯じゃない!)

バイトは15時から。
いま14時59分。
諦めたらそこで試合終了。
残り一分でなんとかバイト先まで行くことに成功すれば――

(いや、落ち着け……!  ……無理や)

学習しろや!
こういう時、オレ、絶対まずこういう非現実的な解決法、全力で考えようとするけど。
オレ、ルーラとか使えへんし、どうやって一分でバイトまでいくねん。
現実路線で考えようや!

(となると……バイト先に何か言い訳の電話を……!)

作家の脳みそをフル回転させ、言い訳を検討しだすぼく。

(体調不良…………。
 バイト開始一分前に?
 店開いた後、いくらでも連絡できる時間あったのに、バイト出勤一分前にいきなり体調不良になって電話するってこと?
 無理。バレる。これ、完全に、”あ、コイツ今起きて口実として体調不良っていってるわ”ってバレる)

(じゃ、今日が出勤やって忘れてた、ってことにして、もう、向こうから連絡あるまで篭城を決め込むか……。
 …………アカンアカンアカンアカン。
 なんか、遅刻より、バイト忘れのほうが罪軽いみたいに錯覚してるけど。
 最初の嘘守ろうとして、結果、犯してる罪数倍に膨れがあってる! もっとマイルドな解決法を……!)

(電車の遅延……。
 いや、でも、これも、今このタイミングで電話する必然性ないし……もし遅延してたとしても、もっと早く電話できるよな……!)

「ふぅ」

こういう時、いっつもそうですが、言い訳三つぐらい検討したところで、とある現実に気づきます。

「無理やな☆」

寝坊以外の理由に擬態するには材料なさすぎ!

というか、どのみち、そんな理由あったとしても、オレにそんな仮面かぶり続ける胆力・演技力ないやろが……!

「仕方ない。ありのままを話して、引導渡されよう……!」

というわけで、ようやく腹くくって自首(最初からしろや! つか、そもそも寝坊すんな!)

店「はい、お電話ありがとうございます、○○池袋店Aです」

D「あ、ど、どうも。アルバイトの大楽ですけど」

店「あ~大楽さん、お疲れ様です。どうしました?」

D「えーと、ちょっとお話したいことがあって。店長、副店長、主任、そのへんのシフトに干渉できる幹部クラス誰かいはります?」

店「はい、お待ちください」

保留音。

店「お待たせしました、店長Bです」

D「あ、店長、どうも」

店「おお、どうした」

D「いやー、あの、実はですね、店長。……すいません、今起きたんで、つくの三時半ぐらいになりそうなんですが……」

店「今起きた!? はぁー」


――というわけで。

この後、罪滅ぼしに、今月、あと一回余分に出勤するというペナルティ与えられつつ、この事件は終了……。

何やってんだか……。

まぁ、むしろ、それくらいのペナルティで済んで助かったわ……。

普通のバイトやったら、もっと厳しい罰あたえられてたやろうしな。


というわけで、今後はちょっとめんどくさいからといって、携帯アラームに妥協せず、大音量目覚まし時計もちゃんとセットしようと思います。
まぁ、でも、ヤバイ時は、あれすら無視して寝てしまうねんけどな……非常ベルみたいな音鳴ってんのに。

なんか最先端の目覚ましでも探してみるか……?


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-06-16 15:47 | 前進篇

先週の「冒険の書」、結局買ってしまった……まぁでも悔いなし!

今日は、萌えコラム書いてたんやけど、いろいろバタバタしてて徹夜で書くハメになり、仕方なくそのまま寝ず、久々に完徹状態でバイト行くことに……。

a0116230_20594220.jpg


写真は、フラフラでなんとか休憩時間まで辿りついてジャンプとか読み出した瞬間の写真。
なんとか最後まで持ちそうや……。
というか、もう体力的に限界、必要最小限の動きしかできん状態で動いてるから、妙に自然体でリラックスした動きできて、むしろいつもより有能なバイトになってもうてるかもしれん。
余計な雑念まったくわいてこんしな。


というわけですいません、今日はここまで。
帰ったら爆睡しようと思います……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-06-09 20:59 | 前進篇
先週、ちょっと探してる昔のジャンプがあったんで、中野のまんだらけいってきたんですが……

その道中、ふと、目当てではないタイプのまんだらけ店舗
(中野のまんだらけは、四階建てくらいのダンジョンみたいなショッピングモールに、漫画のまんだらけ/ゲームのまんだらけ/アニメのまんだらけ/フィギュアのまんだらけ……みたいに、無数に、たぶん10個以上の店舗点在してます)
のショーウィンドウに、思わず二度見してまうくらい、懐かしい物が……

a0116230_18352827.jpg


ゲェッ!
これ、オレがビデオの最後のCMで見る度、死ぬほどほしかった……
SDガンダム外伝の、第一章と第二章のカードダス(いわゆるラクロアの勇者と伝説の巨人編)を順番どおりファイリングできて、ついでにそのバックボーンとなるストーリーも絵物語として学べるようになってるという……
当時の小学生男子の購買欲ギュンギュンに刺激した、伝説の一品……
冒険之書
やんけ!!!!

ウソやろ……!?
タイトルの下には、”MANUAL FILE BOOK VOl・1”って書いてあるけど、ついぞVol2は出ぇへんかったという、アレ……!
これ、見つけた瞬間、相当ソワソワしました。
(え? だって、えぇぇ……? やだやだ、うそ、そんな。うそ。うそだよね)
なんか、ラブコメ少女漫画で、主人公が、密かにずっと憧れてた先輩と偶然隣あわせになった瞬間みたいな……。

値段見ると、4500円。
しかも、この商品、6000円出せば、ファイル本体だけじゃなく、実際のカードダスも、第一弾と第二弾はフルコンプされてる状態でも売ってる、とのこと。
えぇ……?
じゃあ、騎士ガンダムとか騎士アムロとかサイコゴーレムのキラカードとか……
昔ほしくてほしくて仕方なかった、けど、世代的にちょっともう入手不能やった(オレ、ちょっと後の世代やったし、既にその時にはカードダスは違う時代に突入してた)あの辺のカードも、一気に入手できるっていうこと……?
それで6000円って、正直、相当安くないか……!?

というか、まんだらけ、他にも、

・ふしぎの海のナディア絵コンテ全集 6825円
a0116230_18352811.jpg


・宮崎駿 大塚康生の世界       7000円
a0116230_18352851.jpg


一体どっからどうやって入手したんか見当もつかん、オレの金銭感覚をブレさせる、プレミア品普通に売りまくっとる……!
んあー、この、買おうと思えば買える値段設定、一体何なんや……!?
もっと法外に高かったら諦めもできるけど、これ、生殺しにもほどがある……!

しかも、これ、質屋とかと一緒で。
もし誰かに先に買われてもうたら、次、同じ商品がまた流れてくるかどうかもうわからんし……

バイト賃金に換算すると、約二日分くらいかぁ……。


とりあえず、今は本出せてないし、蓄えも不安定なんで自制しましたが……。
そのうち決壊して、たぶん、どれかは買ってしまいそうな気がします。

本出す度、一個づつ買い足していく、とかいう構想もいいかもな……。


というわけで、まんだらけ探索レポート? でした。

しかし、今ってネットとかアマゾンとかで何でも買えると思ってたけど、そういう場所にもない、こういう場所にしかない隠れ商品って、この世にぜんぜんあるんやなぁ……。
自分の足使わな手に入れられへん物があるって、なんか…………まだ未開の地が残ってたんか、地球! みたいな感じで、妙に希望感じて、嬉しかったような。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-06-02 18:35 | 前進篇