<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


拍手ボタン

おつかれさまです。

今日は久しぶりにウェブ拍手返信やらせていただきます!

>トーキョー無職日記、そんな悲しい事になっていたのですね……(涙)
生々しくて痛々しくて、リアルだなぁって思いながら、無職~自立日記までずっと読んでました。面白いですよね! by はむちゅ

先週の記事であげた、トーキョー無職日記について。
そうそう、痛々しくてリアルなんですよね……
仕事抱え込みすぎて、段々追いこまれて、会社行けへんようになる話とか、なんか無性に気持ちわかったなぁ……(笑)
主人公は、漫画の大半を、とある楽しい会社でバイトとして過ごすんですが、
友人は、この漫画読んで、「誰にでも、この主人公が行ってた会社みたいな場所って一個はあるよな」といってて。
確かに、ぼくにとっては、20代前半バイトしてたスイミングクラブのバイトがそうやったし、その友人にとっては、20代後半にやってた、おもちゃ会社の営業やったんやと思います。
そういう、色々シンパシー感じられる漫画なので、よかったらどうぞ。

その他、最近読んだ漫画では、
・「アリスと蔵六」
・「人生って、大人になってからがやたら長い」
がけっこう楽しかったです。


>大楽さんも新作頑張ってください

うおお……最後に本出してから、一年も経ってるのに、気長に待ってくれて、本当にありがとう。
うん、そうやな、がんばる。
今、また、色々編集さんと仕込んでる最中なんで、時間かかるかもしれんけど、取り組んではいるんで……
また気にかけてもらえたら。


>個人的には龍王杯の作品が大楽さんぽさが存分に発揮されてて読みたいです by クロウ

そうやなー、確かに、BIG4、それから龍王杯の”二軍”ネタみたいな、会話とボケと突っ込みで組み立てる話も、おれ、やりやすいはやりやすいんやけど。
次は、久々に、もうちょいストーリー成分多めでやってみたいなぁ、という思いもあるねんな。
もちろん”愉快”は柱にしたままで。
何かが決まったら、また、ここで発表させてくださいね。


>武器屋~BIG4最終巻まで全既刊を電子書籍で購読・読了しました。
紙の本と電子書籍でヂキヂキヂーンするのでは、大楽先生の懐に入る印税の額に差はあるでしょうか。
可能な限り大楽先生の生活費に貢献したく、差があるなら大きく儲けていただける方で購読することにします!!

特に大楽先生の描く「少年少女青春の“冒険譚”」は、
他の作家先生では拝見できないワクワク感が詰まっていて、
読んでいると胸が熱くなります。
(おかげで眠れません!)

特にBIG4の1・2巻にあったような、(意識されていたのでしょうか…?)
キャラ・世界観・設定・小道具で押して、
一人称ギャグ漫談で進行するテイストも、すっごく大好きです!

今後機会がありましたら、
ギャグ漫談を軸に少年少女たちがアドベンチャーするような、
そんな物語をどこかで描いていただければ!

それが、一読者の思い描く「理想の大楽先生作品」だったりします!
(偉そうでごめんなさい)

これからもずっと応援しています。
くれぐれもお身体にお気をつけくださいませ。 by 幕張在住


うわー、ありがとう。
うん、たぶん、オレもそういう作品かきたいと思ってるし、そっちの方面見つつがんばるわ。
印税の差は、うーん、よくわからんし……
まぁ……でも……こんなこといったらなんかヤバイかもしれんけど、自分にとって好きな媒体で読んでくれたら、どっちみち、オレらそれで満足やで。
紙でも、電子でも、身銭切って読んでくれたら、作者、まじで、死ぬほど嬉しいよ。


>ウケました(笑)
やっぱり大楽さんは日常ネタを書くのが上手いですね。

そんな大楽さんは気分転換ってどういう風にしてます?
ここ数年資格試験のために勉強しているんですけど、仕事帰りの平日ならともかく休みの日だと『休日気分』からどうしても『勉強気分』にシフトチェンジ出来ないでだらだら過ごしてしまうんですよ(-_-;)

大楽さんはどうやって『本業・副業・プライベートなリラックスタイム』ってのを切り替えてますか?

今度の質問にお返事コーナーで聞いてみたいです。

※いつでも良いんで新刊楽しみにしてま~す(*^^)v by 秋田


いやー…………これ、ほんま、難しいよな?
おれは、職業柄、完全な休日っていうのはあんまないし(その代わり、完全な非休日もない)、休みの日の休日気分を、仕事気分に変えなければ……みたいな状況、まずないねんけど。

仕事で集中力切れた時、そこでうまく『気分転換』して、また仕事にスムーズに戻れれば、どんだけ効率いいやろう……
みたいなことは、ほんま、日々思う。
というのも、オレ、そういう時の『気分転換』、ほとんど成功せーへんし。

『気分転換』に漫画読んだら、なんかさっきまでの”気分”がどっかいって、作業めちゃくちゃ戻りにくくなるし。
『気分転換』に散歩したら、確かに、ちょっと気分転換したような気にはなるんやけど、根源的な精神の疲労は回復はしてへんから、集中力微増、くらいにはなるけど、完全回復、とまではいってくれへんし。
『気分転換』にトルネコとかシレンやったら……怖くてやったことないけど、たぶん、そのまま三日は帰ってこれへんやろうし。

うまい具合の『気分転換』って、ほんま難しい。
でも、書いてて思ったんやけど、もう『気分転換』なんて魔法のワードに頼らず、とりあえず手ぇ動かすしかないんかもしれんな……。
これやったから、急に気分切り替わって頭スッキリして脳目覚めて超効率あがった! 
とか、
この儀式行ったことにより、急速にシャキッとして、目の前の扉が全部ひとりでに勝手に開いていった!

みたいな奇跡はこの世に存在せず、愚直に、泥くさく、磨り減った集中力に文句いいながらそれでもなんとかやるのが一番最短ルート……なんかもしれん。

まぁお互い、うまい『気分転換』を探しつつ、情報交換しながら世の中渡っていきましょう……。


>自分もカーテンレールにハンガーかけてるよー。 by 石踏

いや、やめたほうがいいって!
オレのドランクモンキーの末路みてへんかったん!?
まぁ、でも、石踏さんの場合、ガンプラが無事ならなんでもいいんか……。



と、まぁ、今日はここまで。
なんか久しぶりのウェブ拍手、たのしかったな。
またそのうちやると思いますので。
何か思ったことありましたら、些細でもしょーもなくても短くてもたいしたことなくてもいいので、ウェブ拍手通して、どんどん遠慮なくメッセージ送ってみてください。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-04-29 01:03 | 前進篇

お話には数多くのジャンルがありますが、『地方から一人で出てきた人間の、一人暮らし奮闘期モノ』ってあるじゃないですか。
『上京モノ』?

たとえば、今、うちにあるもので、パッと思いつくのは、

・『おのぼり物語』 カラスヤサトシ

 
・『上京ものがたり』 西原理恵子

・『上京はしたけれど』 たかぎなおこ

・『成り上がり』 矢沢永吉

・『魔女の宅急便』 スタジオジブリ

とか?

ああ、全部いいわー。

何もわからんまま出てきて、真に一人という恐ろしい寂しさの中、壁にぶつかって、生き残る為に自分との対話せざるを得ず、今までおらんかった自分を引き出して、なんとか成長していく…………
たぶん、こういうストーリーラインが、自分とも重なって、より燃えてしまうんでしょうが……

そんな中、最近、衝撃のニュースが。

その『上京モノ』漫画の中でも、余裕で大楽殿堂入り、上記のラインナップと同じく一生読み返すやろうな……
と思ってた漫画が、売れ行き不振のため、2000冊の大量返本&裁断。

著者さんが1000冊引き取って、これから自身で手売りしていく計画やということです。

おいおい、マジか~!? いくらなんでも、そんなレベルの作品じゃないやろ、これ……!?

なんか発売の時期もよかったし、てっきり楽勝にドラマ化とかして、また、オレを取り残して、オレだけが知ってた漫画家さんが売れていくんやろうな……とか勝手に思ってたんですが(笑)

まさかそんな展開になってるとは……
本屋さんとかで、それなりに並んでるし、よさそうな気もしたんやけど……。

というわけで、ぼく、全く面識もないですし関係もないですが、ちょっと宣伝。

ここでいってる本とは、

『トーキョー無職日記』 (第一部)
『トーキョー自立日記』 (第二部)

の二冊。

これは、元々、作者のトリバタケハルノブさんのブログで6年半にも渡って更新されてた半自伝的四コマ漫画を、加筆の上本にしたもので、
加筆前の第一部ダイジェストと、第二部は、

→ここ でも読めます。

(かなりのボリュームありますんで、まず本の前に、お試しでぜひこちらから読んでみてください)

(去年完結したんですが、毎週更新されんの楽しみにしてたなー、おい、今日木曜やのに更新されてへんやんけ! とか憤りながら 笑) 

大学中退して上京していた漫画家志望の主人公が、バイトで会社に入ったり、ネットで知り合った友達と友情&淡い恋愛はぐくんだり、会社のプレッシャーに負けて社会から脱落したり……

「こういう経験、誰の人生にでもある」が満載で、読み終わるとけっこう前向きな気持ちに。

……とはいえ、二部の加筆エピローグでは、けっこう後ろ向きな気持ちになったけど(笑)

まぁ、ここで色々いうより、無料で上記のページからお試し版読むのが一番かと思うんで、ぜひ読んでみてください。

冒頭の五作品もそうですが、4月に読むのがぴったりな、初心思い出し本&新生活応援本にぴったりです。


おれもいつかやりたいなー、こういう、一人暮らし上京モノ。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-04-21 13:18 | 前進篇

先週の金曜日、バイト休みを利用して、武器屋時代の絵師さん、今野隼史さんと昼メシ食いつつ、話してきました。

萌えコラムの企画として、去年、コミケ手伝いに行った時ちょっと喋ったけど、ガッツリ喋ったんは一年半ぶりくらいか?

秋葉集合で、ハンバーガーとか食いつつ、神田~よくわからん街~御徒町~練り歩きながら、5時間くらい色々喋ったんですが、久々に放談できて楽しかったです。

今野さんとも言ってたんですが、ラノベ作家と絵師、重なるようで微妙に異業種なところが、近すぎず遠すぎず適度なトークを実現させるんかもしれん(笑)

中学とか高校時代に、RPGツクールつくってた時の、無責任やけど死ぬほど楽かったテンションって悪くなかったなぁ、みたいな話とかしました。

で、まぁ、それはいいんですが。

オレ的に、これはちょっとブログに書かねば、と思ったんわ、オレのネタ帳に関して。

その日も、帰りどっかでプロットとか考えるかもしれんと思って、一応ネタ帳持ってて。

今野さんと喋りながら、なんとなく、互いのネタ帳どんなん使ってるか、みたいな雑談ちょっとしてたんですが。

その時、自分のネタ帳ぱらぱらめくってると、そこに、ほとんど記憶にない意味不明なネタがけっこう書かれてて、今野さんとちょっと笑ってもうた……

編集さんにネタ送る時、当然、自分の中である程度取捨選択するんですが、オレチョイスの、しかも、かなり早い段階で、選抜から漏れた雑草アイデア達らしい……。

今野さんと、そんで、オレ自身を失笑させた、最初のネタがこれ。

・『漫画家養成コース 
          VS 
           忍者養成コース』


どんな異種格闘技戦やねん……(笑)
担当さんの、「どこかにフックがある学園モノを」
ってアドバイスを、どうにかしようとしてる過程やったんか。

次にあった、

・お庭番衆になれへんかったヤツらの就職活動

もよくわからん。
たぶん、現代でお庭番になれへんかったやつらのグダグダ学園コメディ、みたいな話なんやろうか。

これ以降も、


シンクロナイズド・スチューデント

社交ダンス

・登場人物全員スライム

・文房具屋でバイト

魔王がバンドを組む


使いにくそうなボツネタだらけ。

登場人物全員スライムは、新しいかもしれんけど、あんま書きたくないな……。

文房具屋でバイトって、オレ自身やん。オレ自身の現実やん……(笑)

魔王がバンドは、昨今では、もはや全然新しくない目のつけどころってことで、確実に担当さんにボツにされるタイプのネタやと思って、自分で嗅覚働かせて消したくさい……(笑)


ま、こういうのが、なんらかの果実になると信じて、これからもいっぱいこういう雑草ネタ考えていくしかないわな。

そりゃ、代表で王様になれる、ミランの本田みたいなアイデアがんがん量産できたら、それに越したことないけど、なかなか、そう簡単にはね……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-04-14 18:43 | 前進篇

おしゃれな話。

今年で、上京12年目ぐらい、実家を出て自分で暮らしていくスキルもそれなりに高まってると自負してた大楽絢太なんですが……(いままでぼくが数々つくってた、華麗な料理の数々を見ていただければご納得いただけますよね?)、

そんなぼくを持ってしても、いまだに、いまだに存在理由のわからない二大家具があります。

それが、カーテンクローゼット

この二つだけは、ほんまに存在価値が不明でした。

だって、”かければいいやん”と思って。

服を。

カーテンレールに。

こんな感じで。

a0116230_17262879.jpg


ずっと不思議でした。

自分以外、他の人がこれをやらへんことは。

ぼくは、最近はあんまりやらないですが、カーテンレールの上に本も並べてた時代もありますし、その時も本当に不思議でした。
「本棚にもなる。クローゼットにもなる。カーテンレールにもなる。こんな便利な家具、なんでみんなこういう風に使わへんのやろ?」

葵さんの家いっても、友達の家いっても、意外にこのカーテンレール使用法は使われていませんでした。

怪奇。奇妙。不可解。

まぁ、でも、いいや。

たぶん、みんな、カーテンレール過小評価してるんやろうな、って。

オレの周りでオレだけが、カーテンレールのこと本当に理解してあげられてるんやろうな、って。

ずっとそう思って日々を送っていました。

そんなある日。

というか今日。

なんか、最近、そろそろあったかいし。

ガチの冬服だけじゃなく。

若干軽めの、春とか秋に着る服でも着るか、と、ロンTとかパーカーとか、久々にうちの自慢のクローゼットから取り出して、袖通そうと思った瞬間……
事件は起こりました。

a0116230_1713455.jpg

a0116230_17134599.jpg

a0116230_17134538.jpg


服が……
めっちゃ日焼けしとる


いや…………えええええええええええええええ!?

オレが大好きやった、”ドランクモンキー”って書いてある、幼稚園のバザーかどっかで買ったロンTまで、こんがりやられとる……!

いやいや、ちょお……勘弁してくれ!

うわ、でも、そうか……!

二年前から住んでるこの部屋、過去12年で、一番日当たりいい部屋……!

いままで、オレのカーテン・クローゼットが、使用できたん、
ただ、いままで、奇跡的に日当たりが悪かっただけ。

オレ以外の人が、あんまりあの方法やってへんかったん、
服がカーテンの代わりに日焼けしてしてまうから、やったんか……!?
めっちゃ当たり前の理由やん。

a0116230_17401992.jpg


うぅわ、この服、どうしよ……。

a0116230_17152098.jpg


とりあえず、対処療法として、家の壁側の”かもい”? の部分にフックかけて、つっぱり棒置いて、そこを簡易クローゼットにさせていただてました。

はぁぁ…………。

というわけで、上京12年目の真実。

この大都会・東京で、知的でおしゃれなアーバンライフ本気で送ろうと思うんやったら……
カーテンとクローゼット、自分の部屋にいる。

また大きく勉強になったわ……クソ。

オレが無知なばっかりに。
うちのエースTシャツ、ドランクモンキーが…………!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-04-07 17:13 | 前進篇