<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


拍手ボタン
a0116230_21252561.jpg

a0116230_21252533.jpg

a0116230_21252519.jpg

a0116230_21252572.jpg

a0116230_21252595.jpg


最近ちょっとニュースになってた「取り壊しが決まったけど、せっかくなんで、取り壊す前に著名漫画家がいっぱいラクガキした小学館ビル」、昨日たまたま夜通りがかったんで、シャッター越しやけどちょっと見て来ました。


……すごすぎるやろっ!

20世紀少年→アオイホノオ等→ドラとQ太郎→からくりサーカス→ラムちゃんかな。

ぼくのガラケー画像じゃわかりずらいかもしれんけど、ドラえもんの絵でドラえもんが
「小学館粉砕ハンマ〜♪」
ってありえへん秘密道具取り出して、Qちゃんが
「ギャッ、こ、こわい」
って驚いてんのが面白すぎる(笑)

オレ、学生の頃からそうやったけど、毎週読む漫画雑誌はジャンプやけど、一番コミックス買ってるレーベルずっと小学館やったし(たぶん今もそう)、好きな漫画上位5つあげろっていわれたら
・めぞん一刻(小学館)
・アイズ(集英社)
・メジャー(小学館)
・ガンバフライハイ(小学館)
・らんま(小学館)
で、小学館だらけになるくらいコミックスではサンデー派やから(ガンバ+らんま+メジャーだけで100巻以上あるしな……学生時代小遣い総動員して集めた奴を今もまだ現役で持ってる)、
なかなか感慨深かったです。


昔は買ったサンデー漫画、布教のため学校持っていきまくって、いつのまにか所在不明になりまくってたなー(だからウチにはタッチはずっと最終巻しかない。英語の先生には漂流教室借りパクされたし……!)

でも、からくりサーカスとか帯をギュッとねとか、布教に成功して、自腹で自分の分集めだしたヤツ続出するとすごいうれしかった……(笑)

そんな記憶の蘇った小学館ビル訪問でした。
また行こう。

オレって聖地巡礼恥ずかしいぐらい好きやなー……


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-08-26 21:25 | 月曜更新篇

今日はウェブ拍手回答など。
ちなみに今回は予約更新を実験。


>うわぁぁぁ!やっぱりコミケに居たのって大楽先生だったんですか……!?
なんだか見覚えがあるなぁ、って思ってたんですがッ。
今年は例年になくハードでしたが体調は大丈夫でしょうか?
後から響いてくることもあるので気をつけてくださいね。
では、チラシどうもありがとうございました!コラム楽しみにしてます! by Xiao

その節はどうもお世話になりました!
お盆はひっそり辺境紳士社交場でバイトしていました。
そういや、初めて読んだ本が武器屋で――の方にサインしてる途中、その後ろにいた方が、
「えぇぇぇぇぇ!? まさか著者本人んん!? くそ、おれも本持ってくりゃよかったよぉぉぉ!」
ってめっちゃノリよく盛り上げてくれたんが、なんか楽しかった(笑)
コミケ全体が、楽しかったです。
その時のコラムは現在執筆中です、どうぞお楽しみに!


>最近思うんですけど大楽先生ってすごくツイッター向きなんじゃないかと・・・ by コルク栓

いやー、ツイッター用の文脈もイマイチわからんし……。
ただ、オレの性格を鑑みるに、ひとつだけ始める可能性があるとすれば、それは……
宮崎駿監督がはじめた場合……か(笑)
というわけで、しばらくは宮崎監督の動向に注目しましょう。


>大楽先生、細かいことかも知れんけど鬼灯はモーニングですよ? by mochi

これ、けっこうきてました。
ゴメンなさい、そうでした!
みんなけっこう漫画読んでるなー!
引き続き、おススメ漫画などは募集してますー


>頑張って下さい!新作今回も期待してます!!
一番は武器屋の続編を書いてほしいですが・・・(笑) by 芳乃

相変わらずものすごい多い、武器屋続編に対する声。
ありがとうございます、メッセージ、ぜんぶ嬉しく読んでますよ。
中々条件そろわんと発動できないプロジェクトなんで、簡単には約束できないですが。
いつかその時が来ることを、ぼくもじっと待ってますよ。

とりあえずは来月のドラゴンマガジンに、久々に今野さんとのある種”共闘”である萌えコラムが載りますんで(笑)
よかったらチェックしてみてくださいね。


>池袋天下一品は行ったことあります!
このブログで存在知りましたので
「この店に大楽先生も来ているのか・・・」
と観光気分で入店したのを覚えていますw
おいしかったです。というかテーブルとかが妙に低いのが癖になりますねあそこは。 by ヒカル

ハッハッハ(笑) この拍手爆笑した。
確かにあの店のテーブル&椅子、尋常じゃなく低いよな(笑)
赤ちゃん用かってくらい。
おかげでいっつも相当背中丸めて食うハメに。
まぁ、それも天一のよさとわりきって、あの店にがんばって通おう!


>ひとまずBIG-4の執筆お疲れ様でした。
次回作は、七人の武器屋の続編で!と言いたいところですが、あえて本格ミステリーを読んでみたい気もします。
ではでは。お仕事頑張ってください。 by がちゃ

え……ミステリー?
たぶんやりたいっていったら、担当Rに泣かれる思います。
「僕を殺す気ですか?」って(笑)

あとこの前のマテゴハウスでも、
「大楽さんが華麗な複線だらけの緻密さがウリの本とか出したら、俺、どんなに面白くてもアマゾンで星ひとつつけるわー」
とかむちゃくちゃなこといわれたし……(笑)

まあいつか、トンデモ探偵モノでもやれたらやりますわ。
天才すぎて事件が起こらん探偵の自演乙話……とか?(笑)


>退魔歯科師、読んでみたいです(笑)
虫歯菌の正体は、実は悪魔だったんだぜー的な感じでしょうか。 by はむちゅ

過去をさかのぼってこの拍手見つけたんですが……。
この拍手もらったの、今年の五月。
……そういやあれから、歯医者一回もいってへんなー……。
では一週間後に、とかいったまま……。
いや、しかし、だって時間が…………。

退魔歯科師は、上記の探偵モノに統合します!
探偵のライバルです。
しかし、おやおや? 拳と拳をぶつけあう内に、いつしか二人の間に敵愾心以外の感情が……!?


とまぁ、こんな感じで!
また来週、お会いしましょう!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-08-19 17:00 | 月曜更新篇

a0116230_2155109.jpg

a0116230_21553511.jpg


というわけで、変な巡り会わせで、昨日、8月11日は

・人生初のコミケ参加(コラムの取材で今野さんのサークルで売り子体験をさせてもらった)



恒例のマテゴハウス上陸


2イベントが立て続けにひしめく、わりとエネルギッシュな一日でした。

というわけで、軽くですが、昨日の流れを振り返って記録していこうと思います。



イベント№1「コミケ初潜入」

ドラゴンマガジンでやっている拙コラム「大楽絢太の死ぬ気で萌えます」の取材の一環として、今野隼史さんにお願いして、今野さんサークルの売り子を二時間ちょっと体験させていただいてきました。

詳しい内容はまたコラムに書きますのでそちらを見てほしいですが、一日の流れとしては、

・担当Rと、朝八時国際展示場前集合。

・40度を超える場所もあるという殺人的暑さ+その暑さの中、地面に座って開場を今か今かと待つ数万人の猛者たちに絶句。
 ウソ……ウソやろ……

・Rさんに朝メシおごってもらった後、Rさんと離れて単身、今野さんサークル合流。

・すでにお客さんで今野サークル大混雑。今野さんとはほぼ会話する間もなく、
 「おはようございます、大楽さんは本を購入したお客さんにあとがきチラシを渡す役目をしてください!」
「え!? あ、うん、はい、こ、これですか!?」

即、労働力として活動開始。

何で……? バイト休んでいったけど、結果的にまたバイトみたいなことやってる……? オレ……? (笑)

・途中で、たまたま「はじめて読んだ本が七人の武器屋なんです」、ってお客さんが来られてたんで、今野さんに呼ばれて、オレもその本にサインしたり。

・そのまま戦場のような二時間を駆け抜け、ピークが終わったところで助っ人タイム終了。


「ありがとうございました、よかったら新刊もってってください」
「あ、ありがとうございます!」

というわけで、急遽参加させてもらったのに、新刊までもらって、終了。
というか、今野さんはもちろん、近隣サークルの方にはオニギリとか飴もらったり、ごみ捨て手伝ってもらったり、超いろいろお世話になりました。

ありがとうございました!

このご恩は、9月20日売りのドラゴンマガジンに面白いコラム載せることでなんとかお返しできればと思います。

死ぬ萌えのほうでは、今回の取材のコミケをもとに、もっとじっくりしたレポートやりますので、ブログ読者のみなさんも、ぜひごらんくださいませ……(そしてアンケートも)


で、8月11日午前の部、終了。

目を疑うほど、何かの間違いやと思うほど混んでた帰りの国際展示場駅でなんとか電車に乗って、一旦家に帰り、シャワー浴びて一時間ほど仮眠とった後、今度は11日午後の部へ。



イベント№2「マテゴハウス上陸」

というわけで、性懲りもなくというかなんというか、同期の葵せきなさんの家を18時~襲撃。

メンバーは変動ナシ。
おれ、石踏さん、瀬尾さん、さざねさん、の四人。

全員集合後、まずは近隣にあった飲み屋へ。

ここのメシが、マテゴハウス近隣メシの中ではトップクラスに美味かった! 
瀬尾さんも
「串がメインみたいにいってたけど、串以外の料理もちゃんと美味すぎる!」
とべた褒めしてました。

で、けっこう幸せな気分のまま、マテゴハウスへ。

そのまま、いつもどおり、瀬尾さんと葵さんが持ってるアナログゲーム大会に。

a0116230_2285465.jpg


この日は、
・キャット&チョコレート
・さるやま

をまずプレイ。

この日は、特に後者の「さるやま」、が盛り上がりましたかね。
五色の猿を重ねていって、頂点を目指す……みたいなゲームなんですが。

最初はいまいちルールもわからず、全員、? ? という感じで漫然とやってたんですが。

気がつくと、白色の猿が事故的に袋小路に追い詰められて死亡、白い猿絶滅、って展開になった瞬間……全員同時に

(あ……このゲーム面白いわ)

ってこのゲームが”自分達側”のゲームであることを掴み、目の色を変え(笑)

「自分にとって都合の悪い色の猿を絶滅させる戦い」

という……文字にしたらけっこうマッドな感じの戦闘モードに突入。

結局、ぼくら、相手をやりこめるのが全員大好きというか。

気楽なカイジ、みたいな展開が異常に好きなんで、盛り上がりました。

a0116230_22113663.jpg


で、ぼちぼちいい時間(夜11時頃)だったんで、瀬尾さんが持ってきた、ケーキタイムに。

というのも、実はこの日、たまたま、葵さんの誕生日やったんで、瀬尾さんはケーキを買ってきていたのです。

ただ、ケーキ、何故か四つしかなく、さるやまで負けた葵さんは、あわや誕生日やのにケーキ食いっぱぐれかけてましたが……。(結局ありついてた)



で、その辺の時間で、いつもどおり、さざねさんは終電で帰宅。

残ったメンバーは、今度は有名なアナログゲーム「ゴキブリポーカー」で対戦。

これがまた…………

要は、ゴキブリ、かめむし、ハエ、ねずみ、なんかの害虫カードを、裏返しにして、「これはゴキブリのカードです」と宣言して相手に渡す。

相手は、それが本当にゴキブリカードなのか。はたまたゴキブリとみせかけたねずみとかのカードなのか。

それを、ゲームの流れ、表情、空気、会話のおかしさ、場の手札なんかのカードから読み取り、暴いていく……ただそれだけのゲームなんですが。

この四人、なんというか、邪悪さとか計算高さ、けっこう同レベルなんで(笑) ちょうど盛り上がるんですよ。

最後のほう、ぼくとか石踏さんが、だまされすぎて危機察知能力ハネあがって、ニュータイプ並みの回避性能見せてたとことか相当面白かった(笑)。


で、それを1時くらいまでやって、そっからはひたすら朝までトーク。

まぁ基本的に、一晩たったら消えてしまうくらい、他愛ない内容の会話ですが、そういや今回は四人の文章のクセの話とか、わりと小説の話もしたほうやったかな……。

小説で、「」の後に、そのまま地の文章をつなげて一行にする作法を使うタイプか、使わないタイプか、みたいな、些細な話ですが。

例・
①「ぶっ殺してやる!」
  と、大楽は瀬尾と石踏と葵せきなに襲い掛かった。さるやまで。

②「ぶっ殺してやる!」と、大楽は瀬尾と石踏と葵せきなに襲い掛かった。さるやまで。

の違い、みたいな。

ちなみにぼくはこれ、後者のほうはなんとなく気持ち悪くて使えないタイプです。瀬尾さんなんかは違うっていってたかな。


で、なんだかんだ四、五時間しゃべってるうちに、もう朝六時半、とか。

瀬「じゃあ、そろそろお開きにしましょう」

大「今日は喋るのが忙しすぎて、クソゲーとかやってるヒマなかったな」

石「葵さん、それ是非クリアしておいてね」

a0116230_22181957.jpg


※石踏一榮は何故か来訪のたびにマテゴハウスに自腹で買ったそんなに安くもないク●ゲーをどんどん置いていく習性があり、今回もご他聞にもれずよりによって三つも持ってきていました。
 詳しくは書かないですが、三つとも、相当のポテンシャルを持っているということです)

葵「なんでだよ!? 一人でやるとかオイシクもないし最悪だよ!
  ていうか、石踏さんのせいで、うちのゲーム棚におけるク●ゲー率年々ハンパないんですけど!?」


以上!

葵さん、お誕生日おめでとうございます!

そんな感じのマテゴハウス訪問でした。






というわけで、今回「コミケ&マテゴ」レポートはここまで!

また次週、お会いしましょう!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-08-12 22:21 | 月曜更新篇


今日は適当に雑談。


●最近読んだ本

ぼくは最近、家計簿つけてて、そこに買った書籍のタイトルも一応、併記してあります。

そこに書いてある7月に買った漫画とかラノベを見ると……

7月1日 ランドリオール22     
      さすらいアフロ田中10  
      
7月2日 十二国記 丕緒の鳥    

7月4日 ヒストリエ5
7月5日 ヒストリエ6
7月6日 ヒストリエ7

7月8日 ヤングアニマル

7月11日 銀の匙8

7月14日 ゲッサン

7月22日 ぼくのゆうしゃ  
       RIN2

7月26日 我妻さんは俺の嫁1
       私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い1
       魔方陣グルグル2 1
       鬼灯の冷徹1

7月29日 六花の勇者 4


となってる。
読書量がモノをいうラノベ作家としては少なすぎるんやろうけど、おれにしてはまぁ、買ったほうやな、七月。

個別に見返してみると……
まずは、7月4日~6日のヒストリエへのハマり方がエグいな(笑)
一日一回本屋さん走ってる……。

アフロ田中は、おれ、単行本買ってないんやけど、スピリッツでまさかの連載終了を受け止めきれず、なんらかの加筆があると信じて最終巻買ってもうた…………
が、加筆なし。

田中がカタール行って終わる(しかもこの先ぜんぜん続きそうな気配満々で)とか、この先面白くなんの確実なだけに、口惜しすぎる……。

また高校アフロ田中→中退アフロ田中→上京アフロ田中→さすらいアフロ田中、みたいに、冠タイトルかえてやってくれんかな……。
カタールアフロ田中とか。

毎週あんなクオリティでギャグ40巻以上やってたら、そりゃ相当シンドいとは思うけど……。

とりあえず単行本集めるか。


ランドリオールと十二国記は、相変わらず、唖然とするぐらいつくりこまれた異世界+でもそんなもんどうでもいいぐらい登場人物魅力的ファンタジーで、読む度毎度熱出そうになる……。
丕緒の鳥とか、完全に読書脳キレキレ、指とまらん状態で読みきってもうた。

あ、異世界ものでいえば、ぼくのゆうしゃもスゲー面白かった!

単純に大楽好みストライクゾーンに入ってきたボールってのもあるけど、巨人と戦うとことか、脳内でハリウッド超大作CG映画みたいな映像勝手に浮かんで、普通に興奮した。

これで二巻闘技場編とかどう考えても楽しみすぎるやろ……(笑)

次マテゴハウス行った時、隙見て本棚から二巻の見本誌物色しよ……。


ま、以上です。

あ、そうそう、なんかおススメ作品あったら、よかったら拍手で教えてください。
(鬼灯の冷徹は、ウェブ拍手で教えてもらった。ヤンジャン毎週読んでたのに完全スルーしてた……けど確かに面白かった! ありがとう)



あとはネタは…………。

あ、そうそう。

ぼく、ドラゴンマガジンで萌えコラムやらせてもらってるじゃないですか……?

二年くらい。

その二年やってるコラムで、今まで執筆者本人も気づいてなかった衝撃の事実が明らかになりました!

担当R(ラディッツ)との電話で……(笑)

なんかの流れで、”マスコットキャラ”の話になったんですが。

担当Rがこういうのです。

R「ま、でも大楽さんにもマスコットキャラいるじゃないですか。死ぬ萌えにいる、マスコットキャラ」

大「え?」

寝耳に水とはこのことです。

いや、一応、掲載してもらってる以上、毎号、原稿のページには目ぇ通してるハズなんですが……

大「あのページにマスコットなんかいました?」

R「? いますよ。大楽絢太の死ぬ気で萌えます、のタイトル文字あたりに。なんていうか……”かまいたちの夜”みたいなのが」

大「かまいたちの夜!? どういうことですか!?」

本棚から昔のドラマガ引っ張り出して、萌えコラムページのタイトル文字部分を凝視するぼく。

すると……確かにいました

”かまいたちの夜”が!

雑誌の中身は勝手に公開にできないので口惜しいですが、確かに文字のところに、マスコットのくせに妙にミステリアスなシルエット型の、不思議なヤツがいます……。

ぼくの画力で真似すると、こんなかんじ。

a0116230_7292778.jpg


いや、マジで、ぼくの画力がどうとかじゃなく、もとがこんなんなんです(笑)

ウソだと思う人&気になる人は過去のドラマガor次のドラマガでぜひチェックしてみてください。

こんなヤツいたんや!? という驚きと、

これは”かまいたちの夜”としか呼称しようがない、という納得がえられると思います(笑)



そんな感じで、今週は以上。

また来週、お会いしましょう。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-08-05 07:29 | 月曜更新篇