<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


拍手ボタン

さっきウェブ拍手メッセージ見たら、

>葵さんとのツーショット、是非見てみたいので、宜しければお願いします。 by ソラカラ

>二人のツーショットとても見たいです! 私自身は大楽さんが出た例のテレビ番組やドラマガ7月号のファンタジア大賞発表のページでお二方の顔は見知っておりますが、それがそのような表情でヒキつっているのかとても気になります! BIG4の3巻を絶対買うので(UPしなくてもたぶん買います)ぜひ!お願いします!!!!!! by HAWARD

系のメッセージが異常に来てたんで、あ、そう? (笑)

じゃあ、一応許可も得てるんで、晒そうか?

絶対誰も得せんけど……!

あの時撮った写真は――これ↓ 

















a0116230_10581670.jpg





う~~ん(笑)

なんともコメントしようがないな。

いうまでもないけど、短パンダブルピースのクソ餓鬼がおれです。

しかし、こうしてみると、普通にハシャイでるようにも見えるけど……まさかな。

オレらももういい大人、スカイツリーごときで、しかも「ソラカラ~」ごときでそんなハシャぐワケないもんな……(笑)


というわけで、スカイツリーネタは以上。

次は久しぶりに拍手返答でもそのうちやろうと思います。

何か常日ごろ抱いてた質問などありましたら、適当にメッセージまでー。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2012-06-28 11:22 | 4×4=16篇
と、いうわけで。

6月23日、『生徒会の一存』の葵せきな様と東京スカイツリーにいって来ました。

a0116230_717584.jpg


すがすがしいまでの曇天の中、ぼくらは一体何を見たのか・・・?

せっかくといやせっかくなんで、内装や景色の写真を、ぼくらの当日のテンション、会話などと共に、ぼく視点からもレポートしておきます。


PM15:00

押上駅(東京スカイツリー駅)改札……。

大「おっす」

葵「(無言で軽く頷いて)、おつかれ」

大楽&葵、かったるく集合。

大「しかし……人凄いなぁ」

知ってる方も多いと思いますが……スカイツリーは、ただでさえ現在最注目観光スポットやのに、さらに下に複合商業施設みたいなんも出来てて、そこ目当ての観光客&地元の人もいるんで、えげつないほど混んでます。

大「まじで日本で一番混んでる場所ちゃうか……ココ」

葵「でも、先週のほうがすごかったけどね」

と、葵せきな。

詳しい事情は葵さんのブログに書いてあるんでそこに任せますが、葵さんは、先週もスカイツリー来て、スカイツリー登ってます。

大「二週連続って。どんだけスカイツリー好きやねんお前……」

葵「しかも、どっちも同じ時間帯。15時からっていう、夕焼けも夜景も見えない、一番中途半端な時間……」

大「ていうか、先週どうやったん? スカイツリー。感動した?」

葵「ん? 感動?」

大「いや、だって。600メートルやろ? つまり、今までの人生において見たことのない景色がそこに広がってたんやろ!?」

葵「何で急にそんなロマンチックなことを……? そこまでハードルあげられても、それはそれで……」


とかいってるうちに、チケット受取カウンターに到着。チケット貰って、エレベーターに向かいます。

a0116230_7182598.jpg


ちなみに、スカイツリー。

もう、これはほんまに、ぼくと葵さんが、子供の頃のピュアな心を失ってるのが原因やと思うんですが。

なんか、途中で、「ん?」「だから……何?」って固まってまう場所が、妙にいっぱいありました(笑)

楽しみ方がわからんというか…

その一つが、エレベーターに向かうまでの場所にあった、東京スカイツリー周辺の地図を日本絵にして……けどその日本絵の中心は、液晶パネルか何かになってて、ただの静止画じゃなく、地図の上を車とか人が動いてるように見える……

だから……何? 

結局、そうとしかいいようがない、周辺地図作品。

何故か周囲は盛り上がってるんで、ぼくらもいちおう、盛り上がろうとするんですが……

大「へ、へぇぇ」

葵「ふ、ふぅん」

大「なるほどー」

葵「なるほどねー」

大「……」

葵「……」

なんか失敗(笑)

大「なんなん……この周囲とおれらの激しい温度差。この絵のどこが凄いんかぜんっぜんわからへん……」

葵「ハッキリいうなよ(笑)せっかく連れてきたんだからもっと楽しそうにしろよ!」

大「すまん、接待プレー失敗した(笑)」

とかいってるうちに、エレベーター到着。

スカイツリーの高速エレベーターは4基あって、それぞれに、春、夏、秋、冬をイメージした意匠がほどこしてある、とのこと。

乗ってみると、ぼくらは今回、夏、でした。

葵「ていうか、先週もオレ夏だったんだけど……」

大「まさかのダブりか……」

ちなみに、ここのエレベーター、乗ってみると、中に速度表示するパネルがついてて。

分速600mとか表示されてました。

大「分速600m!? すげっ、え、だってそれ、時速にしたらどんくらい!?」

葵「えーと、分速の60倍? だから?」

大「えーと……」

葵「……」

大「まぁ……いいか」

葵「うん」

なんかめんどくさくなって、放棄……(笑)

けど、今冷静に計算してみると……600×60で、時速36000キロ?

そんな速度に人間耐えれる? なんかおかしい……

いや、違うわ、600m×60やから、時速36000mか。

だからつまり……

まぁ……いいか。

とかいってる間に、第一展望台に到着。

そこで飛び込んできた景色は――

a0116230_7185929.jpg

a0116230_7191856.jpg


なんか――予想以上にスゲェ!

大「オイオイオイオイ! 高っ! なんか――怖いぐらい高いやん!?」

葵「だね」

これは、葵さんともいってたんですが……

東京タワーとかやと、高さ333メートルとはいえ、展望台あるのは中腹やから、実質高さ150メートルとか。

やから、案外、土地柄もあるけど、周囲のビルに高さの面で相当肉薄されてるんですよ。

対して、スカイツリーは、完全一人旅というか……周囲に並ぶもの一切ナシ!

周囲のマンションとか、めちゃくちゃ低く見える。

a0116230_7203846.jpg


というか、ほんまに、果てしない向こう――東京の端から端まで、余裕で見渡せてる感じやった。東京って、こんな平野なんやなー。

で、一応、足もとの人間とか見えるんですが、

大「スゲー! 人が蟻のようや!」

葵「たぶんその感想、スカイツリーで2000回ぐらいいわれてると思うよ」

大「ッッ(笑)」

めっちゃ屈辱的な瞬間やった……!

いちおう言葉を操る職業ついてんのに、思わず、超フツーの感想いうてもうた……!

けど、ほんま、ここの景色なかなかすごかったよ。


で、そのあとは、せっかくなんで、追加料金払って、50分待って、もう一個上の展望台へ。

でも、ここが、ちょっと・・・(笑)

この展望台。視覚的に、そこまで劇的な変化ない上に、なぜか、デザイン上の問題なんかなんなのか、窓の大きさがめちゃくちゃ小さくなって、むしろ、第一より景観悪いんですよ。

だから、第二展望台ついた瞬間、

大「お、おぉ~~? ……。あれ?」

葵「先週オレもまったく同じ反応した(笑)」

ってテンションに。

けど、それでもぼくは、せっかくスカイツリー行くなら、第二展望台行くこと進めます。

特に、男だけで行ったりした時は。

なかなかの……絶望味わえますから(笑)

その絶望を味わう手段。葵さんのブログにもありますが……それは、第二展望台で行える、有料写真査撮影のコーナーに参加すること。

これは、列に並んで、自分の番が来たらちょっとしたステージのような場所に立ち。

列に並ぶ他の観光客、列に並んでない他の観光客にニヤニヤ見られながら、「ソラカラ~!」って叫ぶところを1200円払って撮影されるという……けっこうな、狂気の所業で(笑)

いや、ぼくも、ほんまにおシャイな人間なんで、当然スルーしようと思ったんですが……

大「うわ、何あれ……めっちゃ恥ずかしいやん。あれに並ぶ勇気はないわー」

葵「だよねー」

大「でもせっかくやし並ぼうぜ?」

葵「何で!?」

といった感じで。

ぼくにも、どういうロジックが働いたんかまったく説明できひんけど、当日、ぼくらは、何故か、列へ(笑)

ここで起きた出来事が、やっぱこの日最大の衝撃事件で……

いや、列待ってる間。

ぼくらの、五組くらい前にいたお客さんが、オジサン三人組で。

その人らがステージにあがった瞬間、ぼくらの前のカップルの女が、

「うわ、男だけかよ(笑)。イタタタタタ……やめてやめて(笑)」

みたいな、蔑みのコメントを発しやがって。

ぼくと葵さん、完全に沈黙(笑)

大「ちょっと待って……あのイケてるオジサンたちでああなるんやったら。おれらみたいなオタクコンビがあそこいったら、いったい、どれほど嘲笑されんの(震)」

葵「もぉぉぉぉぉ、完全罰ゲームみたいになってるじゃんこれ!?」

地獄地獄地獄地獄。

とはいえ、もはやぼくらの後ろにも列出来てるんで、退避不能(笑)

そして、とうとう、ぼくらの番がやってきます。

周囲の焼けるような視線に汗がにじむ中、

係員「では、上のカメラを見ながら、ご一緒に♪ ハイ、3、2、1、ソラカラ~!」

大&葵「ソ、ソラカラ~!」

怒涛の写真撮影。

その時の写真は……

頑張りすぎてるんで、とりあえず公開保留しておきます(笑)

けど、ぼくも葵さんも、とっくに何回も顔出ししてるし、別に出してもいいっちゃいいって結論に至ってるんで……要望あったら、腹くくるかも……誰も何も得せんけどな……!

そんなかんじで、1200円払ってやけに消耗したスカイツリー撮影を終え……
ぼくらはスカイツリーを後にするのでした。


あとは、下のショッピングモールで、本屋のラノベコーナー、漫画コーナーでオタトークに興じたり、

大「お? 何この店」

葵「石踏さんが喜びそうな店だね」

大「記念に撮っといてやるか……」

a0116230_722931.jpg


日々クソ忙しい生活を送ってる石踏さんの為にライダー撮ったり。

お土産買ったり。

散々迷った挙句、錦糸町の牛角行ったり……

a0116230_7223142.jpg


して、けっこういい時間だったんで、そこでツアー終了。


大「んじゃ……、次会うんは、石踏さんが召集かけた時かな」

葵「てか……なんでうちに集まる招集を石踏さんが……」

大「なんか新しいゲーム買った?」

葵「Wiiのマリオパーティ」

大「いや、もう、準備万端やん(笑)」

葵「ッッ(笑)」

大「じゃーねー」

葵「はいよー」



というわけで……企画終了。

いやー、あれ?

なんかこうして振り返ってみると・・・なんか、けっこう面白かった?(笑)

まぁ久々にガッツリ喋れて楽しかったかもな。

というわけで、葵さん、チケットありがとうございました。

またなんか面白そうなんあったら、どっか連れてってくれ!


ではでは、とりあえず今日はこんなところで。

ソラカラ~!ヽ(`Д´#)ノ


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2012-06-25 07:56 | 4×4=16篇
a0116230_1515166.jpg


久々更新する時って、だいたいネタは「萌えコラム」に関してな気がする……。

というわけで、2ヶ月ぶりに秋葉にコラム取材に担当さんと上陸してます。

今回は、「男装喫茶」。
オレの守備範囲どんどん広がっていくぜ……!

けっこうがんばって連載してるんで、来月20日頃発売のドラマガ、アンケート含めて、よろしくお願いします。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2012-06-21 15:15 | 4×4=16篇
以前、キャイ~ンの天野クンが、テレビで
「アボカドと岩海苔混ぜて、白いごはんの上にのっけて食うと涙出るくらいウマイ」
ってゆってたんで、試しに雑にやってみた。

a0116230_1448016.jpg

a0116230_1448063.jpg

ウ……ウんマッ!

予想外に、ウマッ!

アボカドの、トロけるような濃厚な味が、岩海苔のしょっぱさで増幅されとる!

こりゃ、今後のレギュラー間違いナシやな……!
天野クン、尊敬に値するわ……!


今日は、金星のヤツとAKB総選挙か……。
金星のヤツは見逃したけど、バイト後、総選挙、まだやってたらいちおう見たいなー。
なんとなく今年は、板野友美を応援してる。幾らなんでも、昔に比べて順位下がりすぎて可哀想や!

こういうの見ると、またBIG4で 四天王総選挙やりたくなってくるな。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2012-06-06 14:48 | 4×4=16篇

最近、なんかぜんぜんブログ更新してへんなー。

嵐と嵐の合間やったし、むしろ更新するならココ・・・やったハズなんやけど。自分癒すので精一杯やった・・・。

とかゆってる間に、BIG4四巻書かんと・・・。

ちなみに先日書き上げた三巻は、7月発売に向けて順調に動いております。いまはワダさんが可愛いイラストいっぱいあげてくれてる(今日ラフとか見せてもらった)。
こうご期待。


そうそう、そういえば、前回書いてた原稿『BIG4』三巻に関しては、”一日の生産量”、最初から最後まで、記録しておいたんですよ。

つまり、初日から最終日まで、一日何枚原稿書いたか、記録しておいた。

1日50枚~100枚近く書く猛者揃いのラノベ界において、ぼくはかなり遅めに属するんでお恥ずかしい限りですが・・・
しかしぼく自身は、他作家の日常・思考を追体験できる記録が好きすぎるんで、公開しましょう。
ただの記録やから読みにくいですが、無機質な数字の羅列から、その日起こったドラマを読み取ってください。

枚数表記は、20×20の原稿用紙枚数換算です。

-(マイナス)表記がある部分は、さかのぼって改稿した結果、むしろ前日より総執筆枚数が減った時に使われてます。

原稿生産枚数『0』が続いてる時期は、どうしてもヒットを打たなアカン試合で、ヒットを打てずもがいているプロ野球選手の気持ちでも想像してください。


ではスタート。


日付     その日の執筆枚数

3月6日   6枚       

3月7日   13枚     

3月8日   3枚        

3月9日   0枚 

3月10日  3枚    

3月11日  0枚

3月12日  8枚

3月13日  4枚

3月14日  0枚

3月15日  0枚      

3月16日  0枚

3月17日  0枚

3月18日  8枚

3月19日  0枚

3月20日  0枚

3月21日  3枚

3月22日  4枚

3月23日  0枚

3月24日  0枚

3月25日  1枚

3月26日 -1枚  

3月27日 -1枚

3月28日 24枚

3月29日  0枚

3月30日  7枚

3月31日  0枚

4月1日   0枚

4月2日   0枚

4月3日   5枚

4月4日   10枚

4月5日   11枚

4月6日   -2枚

4月7日   19枚

4月8日   0枚

4月9日   15枚

4月10日  0枚

4月11日  0枚

4月12日  0枚

4月13日  7枚

4月14日  0枚

4月15日  7枚

4月16日  0枚

4月17日  0枚

4月18日  5枚

4月19日  14枚

4月20日  37枚

4月21日  0枚

4月22日  7枚

4月23日  0枚

4月24日  11枚

4月25日  4枚

4月26日  11枚

4月27日  2枚

4月28日  -1枚

4月29日  13枚

4月30日  24枚

5月1日   10枚

5月2日   21枚

5月3日   0枚

5月4日   0枚

5月5日   28枚

5月6日   5枚

5月7日   -5枚

5月8日   29枚


・・・終了。

これで、確か340枚ぐらい。

あと一週間ぐらい改稿して、入稿した。

こうして振り返ってみると、0が続いたんは4日が最長・・・

一日最大執筆枚数は37枚か。

やっぱ遅いなー。

昔は、これでも、70枚ぐらいかけた日もあったんやけど・・・。

とはいえ、テツワンの限界期なんか、0が二週間ぐらい続いて頭オカシクなりそうやった時もあったから、それに比べりゃ近年稀に見るスムーズ進行か・・・

ちょっとづつ前へ進もう。

しかし5月7日とか今読み返すと、なかなか勇気あるな。締め切り前日に、5ページ後退するとか・・・!


今後はできるだけ”0”の日を減らして、フタケタ日を増やすのが目下の課題やなぁ。

そんなわけで謎の記録報告でした。

たぶん、4巻でもやるかな。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2012-06-05 02:30 | 4×4=16篇