カテゴリ:養成所篇( 81 )


拍手ボタン
葵せきな先生、行ってらっしゃいませ(`^´)ゝ

はたしてなにが待ち受けているのか……向こうで葵センセが起こす珍爆騒動、期待してますよ☆

そして、がんばって! けっこうすごいステージに立とうとしてる気がするけど(笑) がんばれ~!



というわけで、お隣の葵さんがサイン会のため、台湾へ旅立とうとしています。

ちなみに、僕の現在の担当、”三代目”K林さんは、葵さんのサブ担当でもあるため、K林さんも台湾へ葵せきなの護衛、S級戦闘員、エージェント、SP、として旅立ってしまいます。

K林さんも無事に帰ってきてくれ…………
じゃないといまきってるプロットとか、テツワン3巻が……

とにかく、葵せきな一行が無事に戻ってこれるよう、祈っております。



なんか奇跡的な偶然ですが(笑)

今日は、アジア繋がりで、もうひとつ話題を提供。


先週末ぐらいに、ウチに、こんなもんが届いていました。

a0116230_6324759.jpg


まあ、このブログにこられるような方ならご存知かと思いますが、自著、『七人の武器屋』でございます。

で、なんでこの時期に、武器屋、しかも一巻が、いまさらウチに届くのか?

不思議に思った方は、タイトルに注目してみてください。

a0116230_633482.jpg


カメラよります。

a0116230_6335658.jpg


うん。なんかヘンでしょ?

それもそのはず。

この本は――韓国版、『七人の武器屋』なのです!

最近韓国で出たのかな? 
詳しくはよくわかんないですけど、なんかうちに、これらが届きました。


で、韓国版、けっこう日本版と違うんですよ~。

まず、本のデカさが違う。韓国版のほうがデカい!

a0116230_6351725.jpg


a0116230_6404740.jpg


a0116230_63530100.jpg


まあ、こんなくらいは違う。

これにより、なにが変化するかっていうと、当然、まず、絵の大きさが違います。

もとのサイズを見慣れてるからか、めちゃくちゃデカくかんじる。正直、迫力も増して感じるような……。

印刷もキレイに出てるし、今野さんの絵を存分に楽しみたい方は、韓国版いいかもです(入手方法は…………わかりませんが)

あと、しらんかったんですけど、どうも韓国って「 」 ……つまりカギカッコあんまり使わないようです。

少なくとも、手もとの韓国版武器屋では、一回も「 」出てきませんでした。

会話は、ぜんぶ、” ” でくくられてます。

たとえば、日本版で、とある人物がとある場面で、「絶対! 絶対、クリームはつけない!」って力説する場面があるんですが、韓国版ではこんなふうに変化しています。

「絶対! 絶対、クリームはつけない!」    (日本)

”절대로!  절대로, 크림은 쫓지 않는다! ” (韓国)

うーん。

わけがわかりません(笑)

ちなみに、ぼくは当然、韓国語を一文字も読めません。

だからまず、そもそも、この表記も、

a0116230_6361748.jpg


どっちが俺でどっちが今野さんを示してるのかいまだにわかりません(前に一回武器屋担当Tさんに教えてもらったけどもう忘れた……)


ただ、武器屋一巻て、実は、韓国版になろうがどうなろうか、一目でそこがどこのシーンかわかるページも幾つかあるんですよ。

いちばんまるわかりやったんが、一巻で、ジャンが、ジャンケンで勝ちまくるシーン(笑)

原文で、

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

『ホイ!』 ジャンの勝ち!

って、六回連続で同じ文章を羅列してるシーンがあるんですが。

さすがに、ここは、翻訳しても、まるわかりです。

だって、同じ単語六連続でいうとか、そんなシーン他にあるわけないし(笑)

なんか、韓国版やと、こんなかんじになってました。


『호!』 장의 승리!

『호!』 장의 승리!

『호!』 장의 승리!

『호!』 장의 승리!

『호!』 장의 승리!

『호!』 장의 승리!



うーんー(笑)

ていうか、いま気づきましたけど、「 」はないけど、『 』は使われてるんですね。

ちなみに、『호!』というのは、適当というか。実際の韓国版では、また違う字が使われてます。

でも、その文字が、再現不能だったので、とりあえず호! を入れてます。

장의 승리! のほうは、韓国版を正確に再現できてます。

ジャンの勝ち! という意味だと思います。

『장의』か、『승리』、どっちかがジャン、という意味なんでしょう。



そんなこんなで。韓国版武器屋の紹介でした。

韓国の人、面白がってくれたら嬉しいなぁ。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-27 06:43 | 養成所篇
ぼく、わりとパワーヒッターなんです。

パソコンのキーボード叩く時。

だから、いっつも最終的に、一番強く叩くエンターキーが「ガッ!」とかいって、はじけ飛んで、キーボード寿命終えてまうし。

昔、ルームシェアしてた時の友達から、「キーボード叩く音自重で」、と釘をさされてしまったりするわけです。

ま、でも、いまは一人暮らしやし。

別にいいかな、と思い、最近はまた剛打復活してたんですが……

今日、自宅ではなく、バイト先で思わぬ弊害が。



ぼくは今日、久しぶりに文房具屋のレジを打っていました。

なんか今日は気分がノッていて、ご機嫌に、かろやかに、レジのテンキーを打ってお客さんをさばいていました。

「えー。お会計1208円ですね。2000円おあずかりします」

2、0、0、0、現計!!

ガガガガガガガガ!

絶好調にレジのテンキーを打つぼく。

「えー。お会計3202円ですね。3500円おあずかりします」

3、5、0、0、現計!!

ガガガガガガガガ!

絶好調にレジのテンキーを打つぼく。

「えー。お会計700円ですね。1000円おあずかりします」

1、0、0、0、げんっ

「だいらく君!」

恍惚の瞬間を迎えようとしていたぼくに、いきなり、隣でレジを打っていた女性先輩から鋭い声がとんできました。

「え? 現計を……」

「レジ壊れるから! なんでそんな強く叩くの!?」

「…………」















バイトって大変やわぁ……(泣)


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-25 03:56 | 養成所篇
今日はドラゴンマガジン発売日です。

ちなみに知らない人もいるかもしれないので一応説明しておくと、ドラゴンマガジンというのは、富士見書房が1988年から刊行しているライトノベル雑誌です。


こんなかんじの。


a0116230_2302394.jpg



で、そのドラマガ、

今号で、めでたく、300号!(おめでとうございます!)
(てか、ラノベ雑誌で300号ってすごいよな……)

しかも、伝勇伝アニメ化!
(まったく……もう…………)
(楽しみにきまってるやろ!)

豪華なことに、付録に、生徒会の一存カレンダーと、ハイスクールD×Dしたじきもついてる!(その人気、羨ましいにきまってるやろ!)


そんな中、テツワンレイダーも、ところどころで顔出してます。

①116P、テツワンレイダーカラー特集ページ。

ここでは、なんと、2月発売の2巻に先行して、1巻ではまだ出てないレギュラー4人が使う『剣精』が、全員分登場しております。

つまり、グレンとディア以外にも、

メグとレイン、

ロザリーとサーペンティアン、

ツバサとアイ、

全員の人形形態の『剣精』が初お披露目。

桜沢さんが、めっちゃ気合いれて描いてくれました!

素晴らしくかわいいイラストになってます。
ぼくは無理いってデータをもらって、パソコンの壁紙にしているくらいですから。

ぜひご覧あれ☆


②ドラゴンマガジン300号記念プレゼント。

今号のドラマガには、300号記念で、絵馬に、イラストレイターさんがイラストを、作家がサインを書き込んで、それを読者さんにプレゼントする企画があるんです。

というわけで、ぼくがサインを、桜沢さんがディアのイラストを描いた絵馬も、景品のひとつとしてラインナップされています。

当たった人に、ご利益があるように念じながらサイン書いといたので、ご利益が欲しい方はぜひぜひご応募ください。
個人的には、受験生とかにあたってほしいけど……。


あとは、それくらいかな。

読者ページに、読者さんが送ってくれた嬉しいテツワンハガキが載ってたのが嬉しかった。


というわけで、来月に迫ったテツワン2巻と共に、今日発売のドラマガもよろしくおねがいしますm(__)m



さ、2巻のあとがきでも書こうか。

締め切り明日の朝やし。

でも、あとがきが16ページもあった1巻に続いて、2巻も驚愕のページ数やねんな……っ。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-20 23:07 | 養成所篇

※今まで使っていたPCのメールアドレスが、今後一切使えなくなってしまいました。

お仕事関係の方には、近々新しいアドレスをお送りしますので、しばしお待ち下さいm(__)m




イタタタタ……

というわけで、やってもうた。



えっと、1月14日に、富士見書房の新年会がありました。

バクマンにでてたような、スーツやらドレスで来る人多数の、来場者500人だか1000人規模、まじで華やか大パーティです(おれもスーツ)。

新年会、ぼくが参加するのは今年で4、5回目なんですが、今回はいろんな人から深すぎる話が聞けて、なんかいままでで一番有意義に新年会を過ごせた気がします。

ほんまに、すごいパワースポットに行って帰ってきたくらい、パワーもらえた。

というわけで、パワーももらったし、ものすごい興奮して、朝8時頃家に帰って、シアワセな心地でベッドに入ったんですが…………

ブーンブーン……

その直後。

携帯震える。

メール来る。

見ると。


【Yahoo! JAPANより重要なお知らせ】

大楽絢太様

これまでコンビニエンスストア払込票をお送りし、Yahoo! JAPAN の有料サービスご利用料金のお支払いをお願いしてまいりましたが、現在までに入金の確認がとれておりません。

よって、Yahoo! JAPAN 利用規約に照らし合わせ、Yahoo! JAPAN ID のサービスの全面利用停止と、将来にわたってのご利用制限を実施いたしました。

恐れ入りますが、今月発送する払込票にて期限内にお支払いくださいますようお願いいたします。

※なお、すでに全面利用停止後のお支払いとなりますので、払込票にてお支払いいただいた場合でも、該当するYahoo! JAPAN ID のご利用再開はいたしません

また、全面停止が適用となりましたお客様には、別のYahoo! JAPAN ID 取得による利用を含め、再度のご利用をお断りいたしております。

何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



要約すると、といった具合の、完全自業自得メール、来る。

ふーん。

了解です。

というわけで、新しいアドレス用意してます……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-17 22:08 | 養成所篇
テツワン2巻の著者校(校正者サンの誤字脱字チェックが入った原稿を、作者がチェックする作業)やってるんですが。

既に累計20時間以上やってるのに、ぜんぜん終わらへん…………!

後回しにしてる部分も考えると、40時間ぐらいかかりそうな計算になる。

僕は著者校の段階で、文章に手を加えるタイプなんで、もとから時間がかかるほうではあるんですが。それでも、いままでの平均は18時間ぐらい。今回はどう考えても異常事態……。

原因は僕の脳みそ君でしょうね……。

著者校の時、本来脳みそは、

①直さなアカン箇所発見
 ↓
②その箇所に入れる新たな言葉を脳内検索……
 ↓
③答え出る。それを原稿に赤ペンで書く。

って感じに動いて、だいたい三ステップで問題を解決、サクサク仕事できると思うんですが。


なんか、最近の僕の脳みそやと、

①直さなアカン箇所発見
 ↓
②その箇所に入れる新たな言葉を脳内検索……
 ↓
③NowLoading……
 ↓
④答えの検索開始……
 ↓
⑤NowLoading……
 ↓
⑥答えの検索終了。ただし、「検索の結果、候補が420000件見つかりました!」の状態。
 ↓
⑦Now……NowLoading……
 ↓
⑧答えの絞込み完了。ぼんやり答えが出る。
 ↓
⑨NowNowNowNowLoadingLoadingLoadingLoading……
 ↓
⑩その答えが、前後の流れ的に大丈夫か、もっかい確認。
 ↓
⑪Now……Loading……
 ↓
⑫よしこれでいいか。次行こう
 ↓
⑬Now……


……みたいなかんじで、一行直すのに、13ステップぐらいかかってるかんじする。

とにかく「本来そこにあてはまるハズの言葉」を思いつくのに、えらい時間かかる場合が多い。Loading長い。

というか、最近、単純にうまく言葉が出てこーへんこと多いねんな……。

この前も、パソコンの前で、

「あー。こういう奴のこと、なんて呼ぶんやっけ? 『優等生』? じゃなくて、えーと、あーと、えーと……」

考え込むこと10分。その後、パソコンとか類語辞典とか使って調べるも、俺が脳内で思い描いてる答えは発見できず。

「くそ……アカン。突破口すらまったく見つけられへん。しゃあない……とりあえずここは『優等生』って書くしかないな」

その妥協案で書く。
半月後。

「あ! あの時書きたかった言葉思い出した! 『優等生』じゃない! 『委員長』や! くっそ、優等生より、委員長のほうが、ぜんぜんイメージ近いのに……」


……みたいな事件あったし。

最近ほんま、(自分の中で)ピンとくる言語思い出す能力が、なんかオカシイほど低下してる。

日常会話でも、一番いいたいキーワード出て来ず、ニュアンスの似た二番候補、三番候補でかろうじて会話繋ぎとめてる――場面、多いしなぁ……。

うーん。このカンジ……どう考えてもヤバイ。

100ます計算とかして、ほんま早急に脳みそイジめて回復させようかな……。



あ、回復といえば。

いきなりですが、2010年の僕のテーマ『回復』です。

一年のテーマが『回復』とかいう人も、あんまりいない気もしますが(笑)

僕にとってこの『回復』というのは、そろそろわりと直視せにゃならんテーマでして。

まず今年は、いい加減、長年確立できずにいた、
『自分にあった、息抜きする方法』を確立したい。と思ってます。

僕、原稿書くのは辛いですけど、原稿以外、やりたいことない機械人間なのも事実なんですよね。

ここでゲームとかガンプラとか、自分に当てはまるもんがあればいいけど、そういうのまったくない人生やし。

なんかいろいろ試してはみるねんけど、結局あてはまるもん見つけられず休暇終了、で、精神的に乾いたまま次の原稿へ移行する――デビューしてから、いままでの休暇、100%このパターンやし。

茂野吾郎も、海堂高校で折鶴1000匹くらい折って、休息の大事さを痛感してたしな(笑)

というわけで、2010年は、仕事をしつつも、同時に息抜きの方法を確立する! 年にしたいと思っています。

だから、テーマは『回復』

で。そこにさっきの100ます計算とか、要するに『脳力の回復』も加えましょうか。

つまり、2010年は、『息抜き方法を確立して体力気力を回復させる年』でありながら、同時に、『脳力の回復』させる年。


……というわけで、今年は白魔導師になります。


……たぶん結局、最前線で殴りあうクセが抜けへん暴走白魔導師になりそうやけど……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-08 22:32 | 養成所篇
というワケで、僕と相方、絶対売れそうにない二人組がテレビに出てましたね(笑)

相方、なかなかインパクトあるでしょ(笑)


まぁ、感想は、観た人それぞれあると思うんでお任せしますが。

僕個人、当事者としては、

①オンエア観てて、自分の出番が近づいてくるにつれ、異常に胃が痛くなった。

②俺、ただの添え物のハズやのに、全編予想以上にガッツリ映ってて驚いた。全カットも可能性として考えてただけに……

③反面、コントが9割以上カットされてて、ショートコントみたいに編集されてたことが意外にもどかしかった。

……というのが感想ですかね。

①の、胃が痛くなったっていうのは、わかりやすくいうと、小説書いて、それを他人に目の前で無言で読まれてる時に感じるプレッシャー――の、強化版を、無意識に喰らってたからやと思います。
いまさらやけど、自分で全力出して作り上げたモンを観られた後のジャッジの怖さ――みたいな感覚は、小説とコント、まったく一緒やねんな……。


②の予想以上に自分が映ってた件は、まぁ僕、収録の日の二週間くらい前から、相方に俺が内通者やとバレへんように苦労してたんで……その分、気をつかってくれたんやろうか……。

③の、ネタがカットされた部分については、時間的に俺らだけで2分なんか貰えるわけないし、100%そうなるんは分かってたから、そんなん全然気にならへんと思ってたけど。
実際、ちょっと不完全なものが流れると、やっぱり「くそ! これじゃ伝わらへん……!」みたいな、欲が出たなぁ。

ま、でも、どう考えてもやっぱりしゃーないな。

俺ら出たん、ネタ番組じゃなくて旅情番組やし(笑)

おまけに、俺らザコ中のザコやしなぁ。


まぁでも、テレビ収録あったり、合宿あったり、思惑通り、NSCでは莫大に経験値稼げたよな……。

210000EXPぐらい得た感じ。

おかげで、

・緊張のコントロール

・覚悟せなアカン状況に直面した時、覚悟を決めるまでの速度

のパラメータは、明らかに、慣れもあって、去年に比べてだいぶレベルアップした。

まぁ、あんまり作家に関係ないっていうか、僧侶がチカラと体力のパラメータあげてるようなもんやけど(笑)

でもやっぱ、この一年ぐらいで観たもん、感じたもんは、徐々に脳内で醗酵して、そのうち作品のネタとして、ごちそうに化けそうな予感するなぁ。

未来で待ってて。



さぁ、降ってわいたようなテレビ出演も終わったし。

ちょっと頭を急速に切り替えて、テツワンに没頭しようかな。

なんか最近、ほんま肉壊状態から脱してきたぞ。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-04 01:36 | 養成所篇
あけまして、おめでとうございます。

2010年になりましたね。

2010年……すさまじく未来な年号ですね。

いろいろあった去年と同じく、今年もどうせ手強くいろいろあるでしょうが、ま、その辺もブログに書いていければと思っています。

今年も、ウチのブログともども、よろしくお願いいたしますm(__)m


大楽 絢太




……ちなみに、今から、3日か4日まで、実家の京都に帰ります。

いちおう、向こうにもパソコンはあるので、向こうで更新できたらするつもりですが、オカン曰く「なんか最近急にいんたーねっとできひんようになった」状況らしいので、ちょっと難しそうな予感。

というわけで、2009年の総括、2010年の豊富、など、ゆく年くる年的記事は、東京に帰ってきてからになりそうです。

出演予定のテレビ、3日の「田舎へ泊まろう」も、京都ではうつらないので、僕は恐らくリアルタイムで見られません(泣)録画です。
よかったら、僕のかわりにチェックしてやってください。

ではではいってまいります。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2010-01-01 09:10 | 養成所篇

さて、今日は、先日いっていた個人的ニュースの話でも。


2009年12月11日。

今まで伏せていましたが。

実はこの日、僕の人生に、ウソみたいな、とある事件が勃発していました。


12月11日(金)

この日は、そもそも、最初から、とんでもない日でした。

・テツワンレイダー2巻、最終締め切り。

・富士見若手作家大忘年会

ただでさえ莫大なエネルギーを使うイヴェントが、最初から二つも組み込まれており、徹夜も続いていて、僕はその日最初から、わけのわからないテンションで過ごしていました。

そんな中。午後三時。15時。

がんばったおかげもあって、原稿も完了。

久々に会心の原稿だったし、かなりのランナーズハイな気分で、僕は編集さんに原稿を送付しました。

とりあえずこれで、原稿は完了。

あとは夜からの作家飲みに備えるだけ――

そう思って、ベッドに寝転がろうとした瞬間。

デッデッデレレ♪ デッデッデレレ♪ 

部屋に、旧ドラゴンボールZの冒頭、界王サマの声の人が前回のあらすじ喋ってる時にダラダラ流れるBGMが鳴り響きました。

いや、意味わからんと思いますが(笑)

すいません、僕の携帯の着メロ、最近何故かずっとこれなんです(笑)

どんな曲か気になる人は、「ドラゴンボールZ 前回のあらすじ」とか、「プロローグ&サブタイトルⅡ(曲名)」で調べてみてください。

懐かしすぎて、たぶんニヤけてまうと思いますけど(笑)

で、着メロのディティールはどうでもいいか。

はよ先話せってかんじですよね。

とにかく。

その時、ベッドに寝転んだ僕の携帯に、何者かから電話がかかってきたのです。

この時、僕に電話をかけてきた方に関しては、ここでは言及できません。

ただ、出版業界関係者ではなく、もちろん、僕にとっては、僕の携帯に電話が来るなど、絶対想像できるわけもない相手だった、とだけ記載しておきましょう。

そのXさんから、僕は、いきなり、どえらい話を聞かされることになりました。

その話は、現段階では、詳しく描写することができませんが――

その話を、僕の目線からのみで、僕的に重要な部分だけ抽出すると、


1月3日、テレビ東京さんで18時から放送するテレビ番組の企画に協力してくれないか?

その為、12月22日、収録中のテレビ東京のスタジオに、僕と、僕が某養成所で組んでる相方、二人で行って。

 徳光さんや石田純一さんやら石川梨華さんやらそして観覧に来てる一般のお客さんに向けて、ネタを披露してくれないか?



こういう解釈になります。

…………。

もう、ね。

意味わからないでしょ?

でもね。これ、純度100%の実話なんです。

僕……誰でしたっけ?

ヤキトリですよね?

アルバイターの、ヤキトリ野郎ですよね?


さぁ、盛り上がって参りました(ノ`´)ノ

話は続きます。

幸か不幸か。

電話でその話を聞いた時。

僕は、ちょうど原稿(しかも会心の)を送った直後で、ものすごいフワフワしたテンションでした。

「と、まぁ、そういうことだから。22日はよろしく」

「了解です」

だから、僕、そんな重大な話にも即答。

……そして電話を切った瞬間。

ツー、ツー、ツー、ツー……。

「はわわわわわわ……」

――僕はわれに返り、激しく興奮。

テレビ……!? すか?

脱稿直後のテンションも交じり合って、気が狂いそうな、意味不明なテンションになる僕。

というわけで、実は先日の飲み会、僕はこんなわけのわからないテンションでいっていたのでした(笑)

あの場にいた作家サンで、僕の内なる困惑に気づいた人はいたでしょうか?

僕としては、僕の案外つかみどころがないというか、感情出さへん秘密主義な一面を全力全開で出してた場面だったんですけど(笑)


あ、そうそう。

ちおみに、お断りしておきますが。

僕はN○Cに通ってはいますが、別にそこでうまくやっていってるわけでもなく、むしろ、最下層。
超地味にやってるだけの、ザコ生徒その43ぐらいです。完全に脇役です。

では、何故そんな僕が、テレビ東京さんのスタジオに行け――などということになったのか?

答えは簡単。

相方です。

いま、N○Cで組んでる相方が、テレビ東京さんと関係のある、ちょっととんでもない過去をもっていまして。

①テレビ東京の人が、その相方はどうしてるか、追跡しようとした。

②調査の結果、相方はN○Cに通ってると判明。

③さらに追跡調査の結果、現在、N○Cで相方を作って、コンビを組んでるらしい。これはオイシイ。

④じゃあ、その相方含めて、二人ともスタジオ呼んで、ネタやらせれば? それくらいできるっしょ。芸人学校いってんだから。

……そういう流れで、僕に電話がきた模様です。

つまり、実力とかまったく関係ない。運だけ。相変わらず、悪運の強さだけは手放していないようです。


えー、というわけで、長々語ってきましたが。

なにがいいたいかというと――要は告知です。

ただし、小説はまったく関係のない告知(笑)


1月3日(日)

テレビ東京(東京やと12チャン)

18時~21時

『田舎に泊まろう! スペシャル 2010年ちょっと気になる田舎へ』


の、わりと前半のほうで、

なんか僕、テレビに出ることになった模様です。

しかし、何故田舎へ泊まろうで、お笑いが関係あるのか……?

その辺は、本放送を見ていただければわかると思います。

というわけで、正月早々、俺の顔なんざ見たくはないと思いますが(笑)

このブログにも何回か書いてた、荒川で相当訓練した、けっこう自信あるネタを披露したので、お急ぎでない方は、録画でもいいんで、ぜひぜひ見てやってください。


ちなみに、スタジオ収録は、もう終えています。

またそのうち書きますが。

本番三秒前、相方と無言でかわしたアイコンタクトのドラマチックさが今でも忘れられません。

あと、徳光サンに、「キミ度胸すわってるね」とお褒めいただきました(笑)


その他、スタジオに行く前にも、何場面かで、今回僕はこの企画に関わらせていただきました。

ただ……当たり前ですが、僕はこの企画の主役でもなんでもありません。

目玉は、なんといっても相方ですから(笑)

だから、本筋じゃない僕の出番は、本放送ではけっこうカットされると思います。

(僕も本放送を見るまで、どういう風になってるかはわかりません)

さすがに全カットはないと思いますし、ネタはわりと放送されると思うんですが。

全カットやったらやったで、みんなで盛大に失笑しましょう(笑)


というわけで、告知でした。

放送日が近くなったら、また改めていいますけど、3日よかったらよろしく~。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2009-12-29 02:09 | 養成所篇
クリスマスですけど、普通にバイト。

うちのバイト先、すごいで(笑)

僕が行ってる文房具屋は、なんというか、東急ハンズ的な、巨大文房具屋なんですが、この時期、お正月用の年賀状と、お年玉袋と、筆ペンと、あとクリスマスカード買うお客さんが店に集結。

今日とか、マックスで、レジに60人以上は並んでたと思う。

挙句の果てには今日俺、ディズニーランドみたいに、『ここが最後尾です』みたいなプラカードもって、お客さん誘導してたし。

完全に『文房具屋』のレベル超えてるわ……。



さて、雑談。

最近は、バイト終わった後、頭の栄養補給のために、いろいろマンガ読んだりしてます。

最近買ったマンガ

・ランドリオール15巻

・アオイホノオ3巻

・おおきく振りかぶって13巻

・僕の小規模な生活3巻

・ハンター×ハンターの最新巻――は、明日買う。


12月、ここ数年で最大のマンガ当たり月やな。

中でも、ランドリの最新刊はちょっと次元の違う面白さやった。

ランドリ、いままでも十分90点ぐらいのハイクオリティの面白さあったけど、最新刊の、お母さんが爆笑してるシーンで、俺の中で一気に壁を突き破ったというか……
とうとう二、三年に一本出会えるかどうかのSクラス・マンガにクラスチェンジしたわ……。

ランドリは、いつかここでガッツリおすすめしようと思ってるんですが、とりあえず、剣と魔法のファンタジーが好きで、なおかつ、キャラクター達の楽しそうな学園とか観るの楽しみやったら、借金してでも買うべし。やと思う。

あー、語りたい!

めっちゃ楽しいねん……! 

でも、楽しいだけじゃないねん……!

怖いくらい緻密やねん……!

4巻、5巻の何気ないセリフ覚えとくと、15巻ぐらいでキャラクターがいうたセリフの意味が変わってくるとか、しかもそういう仕掛けまったく見せびらかす風でもなく、「別にわかってもわかんなくてもどっちでもいいですよ~」的に、作者の人がめっちゃ自然に連発してくる緻密さもあるねん。

でも、そこが本質じゃなく。

俺は、ただ、主人公達の学園生活が、羨ましすぎて、この作品好きやねん。

俺も屋上にレンガで風呂つくったり、寮の壁に穴開けて、隣の部屋の寮生と毎日喋ったり、学園に襲ってくるモンスターの群れと、学生代表ティ・ティの指示の下、学生騎士として死闘繰り広げたりしたいねん……。

…………アカン。
この作品、好きすぎて、ブログで本気で宣伝するとしたら、執筆時レベルに脳みそ回して、推敲に三時間ぐらいかかりそうやから、今日はこの辺で。

ランドリ本気宣伝はそのうちやります。

ちなみに。

僕、語りたいけど、好きすぎて語れへんマンガに、

『キャプテン翼』

というマンガもあります。

ちなみに超ミクロトリビア。
僕の一作目、『七人の武器屋』の主人公マーガスの名前は、『キャプ翼』の超端役、西ドイツの核弾頭、マンフレート・マーガス君からとってます。

『キャプ翼』は、面白さを点数化して自分でランキングしたら、たぶん自分の中では19位ぐらいのマンガやと思う。

それでも、かつて『キャプ翼』ほどのめり込んでハマったマンガなかったし、今後もないと断言できる。

おれ好きすぎて、1巻から37巻まで、背表紙に書かれてるキャラクター全員言えて、友達に怖がられたしな(笑)


いまでもはっきり覚えてますが、僕が人生で初めて買ったマンガは、『キャプ翼』の14巻と21巻と29巻でした。

小学生当時、アホすぎて、僕は単行本の番号の意味すら理解できず、ただ表紙でのみマンガ買ってました(笑)

だから、最初、時系列めっちゃ飛んでた(笑)

14巻で、中三の翼が「いま一番戦いたいライバルは岬クンです!」って宣言してて、「? 岬どこ行ったん?」と思ってたら、次に読んだ29巻で、いきなり翼と岬がコンビで、イタリア代表と世界大会で激闘を繰り広げてるというメチャクチャぶり(笑)

でも、それでも、息すんの忘れるぐらい面白かったなぁ。

あーアカン……。

やっぱり語り・エネルギーがグングンにあがってきた。

中学大会の、翼と次藤の伝説的死闘について、5時間ぐらい喋りたい……!

けど、明日も朝早いし、やめときます。

ランドリとキャプ翼についてはそのうち書きますわ……。


というわけで、ただマンガについて語っただけの今回の更新でした。


そういえば、最近、個人的に重大なニュースがありまして。

次回か、その次の更新では、それについて書こうと思います。お楽しみに?





…………。

……しかしサンタ遅いな……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2009-12-25 00:55 | 養成所篇
原稿終わったのに、原稿終わる前より忙しいの気のせいか……?

前からうすうす感づいてたけど、締め切り前って、時間は圧倒的にないねんけど、忙しくはないねんな。

起きて、机座って、仕事して、寝るだけやから。
一日の総移動距離、6メートルぐらい。

反対に、一日のうちに、学校とか、バイトとか、銀行とか、市役所とか、医者とか、そういうのこまごま回らなアカン日のほうがぜんぜん忙しく感じる。
時間的には、原稿に追われてる時の倍くらい余裕あるねんけど……。

そんなかんじで、最近普通に日常の業務(主にバイト)をこなすだけでやや疲労気味。

つか、いまカレンダー見たら、12月、あと21日と31日しか休みないやんけ……
どんだけ連勤したら気が済むねんおれ……☆

ま、今年は正月地元の京都帰る予定なんで、
そこまでは根性でもたせようヽ(`Д´#)ノ



さて、今日はお友達の作品の宣伝でも。

12月は、同期と、親交ある作家サンの本でまくりです……


まず、ドラゴンエイジに載ってる今野サンのマンガ『スパイシィ・スパイズ』ね。

今回は後編。

この後編、この前K林さんにエイジもらって読んだけど。

相変わらず今野さんらしさ全開の話やわ(笑)

エイジ、あんだけいっぱいマンガ載ってるけど、今野さんの作品だけは、今野オーラが出まくりで、一瞬で見つけられる(笑)

このマンガの連載版みたいな。他のスパイとかいるんか……?



あとは、12月発売の、ファンタジア文庫の本。

12月は知り合いの本出すぎや。

同期だけでも、

アオイさんの『生徒会』

アワミチさんの『リリカ』 

イシブミさんの『D×D』 


さらに、

サザネさんの『エデン』 

テシマさんの『マルク』 


まじで出まくりや(笑)

このブログにリンクしてる人だけで5冊って……!

そういえば誰かがいってたけど、2009年は、ほぼぜんぶの月で、17期の誰かが一冊は本出してたんやって。

ギニュー特戦隊並にマジメに働いてるなぁ俺ら(笑)

俺も、心が壊れて、また肉塊状態に逆戻りせぇへん程度に、その波にのってバランス保ちながらがんばろう(ノ`´)ノ



あと書くことは…………とくになし!

寝る。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2009-12-20 23:59 | 養成所篇