カテゴリ:2016夏篇( 41 )


拍手ボタン
原稿は増えへんけど外食写真だけは増えていく……。

a0116230_14462030.jpg

a0116230_14462027.jpg


写真は、自分の中で

「あー昼何食べよ……ラーメンでもないしうどんでもないしそばでもないし中華でもないし……」ってなった時、「あぁ!? そうか、ここがあるやん!」ってなる率が高い、フレッシュネスバーガーと”てんや”の写真……。

フレッシュネスもいいけど、特に、てんやっていいよな……!

1・家で簡単に再現できない料理
2・値段案外安い
3・みそ汁ちゃんとうまい
4・他に似てる味の食べ物あんまりない

などの条件を満たしてるからか、とにかく昼飯こまった時てんやに落ち着くこと多い。

家でかろうじて似たような味のもの自作してよく食べてる牛丼屋とかより、遥かに多くいくねんな……。

あと、やよい軒とかもそうやけど、あのそなえつけの漬物(食べ放題)が異様に旨いねんな……
ごはんおかわり自由なら、一杯目は漬物だけでごはん余裕で一周してしまうレベルのクオリティ……。

やっぱり、漬物でもキャベツでもなんでも、”食べ放題”ってつくだけで、なんか心からホッとするよな……
あぁこれで完全にフィニッシュまで自分の口の中の強弱コントロール出来る……! 
あと万が一食べ足りひんかった場合も、漬物で110%にもっていけるっ……ありがとうっっ……って。
この世で腹八分目フィニッシュほど哀しいこともないしな……。

……何の話してたんやっけ……。

あぁそうそう、てんやって最高! って話。

……………………。

てんいちとてんやの話ばっかりして、マジで何のブログなんやろうな……ここ……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-09-26 14:47 | 2016夏篇
買いましたよジャンプ……。

a0116230_1283925.jpg


めちゃくちゃ両さんづくしやな!?

確認したら1pからワンピース始まる91pまで、読者プレゼントのページ含めてぜんぶこち亀や……。

まぁみんなそうでしょうけど、もちろん僕もこち亀大好きでした。
何気に、この前やってた舞台版も見に行ったし、昨日の朝のTVスペシャルも観たし、今日本橋でやってるこち亀展も行く予定……。

というか、さらにさかのぼれば、僕は小学生の時、マンガ家目指してないのになぜかマンガクラブ入ってて、そこでなぜか自分が派出所で働いてる120%こち亀パクリのマンガ描いてたし、
あと、こち亀といえば、なんといってもあのたまに来る『少年時代編』ね……。

a0116230_1283954.jpg


なんか前もいった気がしますけど、オレ好きすぎて小学生の時ノベライズすら買って、それいまだに大事にとってあるという……。

ここに収録されてるのは、「勝鬨橋開け!(説明不要)」、「光の球場!(日向さん)」「浅草七つ星物語!(琴音ちゃんとゴンドラ乗るあれ)」

二巻やと、「浅草物語(東大確実やと思われてた村瀬がやくざになって両津と対決する……あれ……!)」、「浅草シネマパラダイス(映画少年との友情)」、「友情の翼!(最後に列車に向かってメンコばらまくやつ)」

あぁ、思い出しただけで頭痛いくらいツボついてきよるわ……!

ギャグ回やと、超エリート警察犬・ドーベルマンの”ベルグマン”が来たものの、両さんが女湯を覗かせるために酒飲ませた結果(この時点で無茶苦茶すぎる)泥酔、
途中からその事態隠す為に両さんが必死にベルグマンのフリして任務をこなすものの、とっくにバレてて部長にガンガン無茶な命令遂行させられる87巻の「それゆけ! ベルグマン」が、思い出しただけでも腹痛いくらい面白すぎる……(笑)

あと、そうや。
ぼく、上京して最初、二年くらい東京都足立区の北綾瀬っていう街に住んでたんですけど、そもそもそれも、
「東京に住むならやっぱ亀有やろ!」
って確信があったから、亀有のエイブル行って、そこで案内された結果そこに住んだわけで……
(まぁ今思えば、ぜんぜん亀有じゃない場所紹介されてるんですけど……当時は土地勘0やしまったくわからんかった……まぁ家賃35000以下希望やったし亀有じゃキツかったんやろうな……)

うん。
書けば書くほどおれこち亀めっちゃ好きやん……!?
斉木楠雄じゃないけど、水とか空気みたいに、生まれる前から当たり前にありすぎてまじで実感沸かんかったわ……。
なんかめちゃくちゃランダムに、うちにも単行本何冊かあるんやけど、さらにランダムに、また何冊か買ってみるか……。

というか、なんか、すごい目利きの人が選ぶ、マジな傑作選みたいなやつでぇへんかな……。
あったら絶対ほしいんやけどな、オレ……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-09-20 01:31 | 2016夏篇
そういえば、先日実家に電話して。

母親と10数分くらい喋った後、

「で、みんな元気なん?」

って確認するように聞いたら。

意外な返事が。

「あぁ、元気やで」

一回はそう返ってきたんですが、直後、

「あ、でも、あれやな。そういえばお父さん先週脳梗塞なったわ」

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

……いや超ショックなんですけど! そんなさらっと……。

聞いたら、そんなに深刻なものではなく、なんか最近調子が悪く、だんだん足が動かなくなってろれつが回らなくなってきたんで自力で病院いったら脳梗塞やった……
で、通院で治して、今はだいたい日常生活に戻ってる……っていう話やったんですが。

いや、なんというか、現実を思い知らされたというか。
自分の人生が、毎日毎週毎年、グルグル同じ階層で同じようなことやってるだけなんで、ぜんぜん時間が動いてる実感なかったんですけど、現実には時間ってめっちゃ動いてるんやな……。

オレもう33で、お父さん66とかやしな。

オレ14で、向こう47歳とかじゃない。

時は止まってなかったか……!

「ほんま、いい加減いろいろしっかりしてや」

そして話の最後では、母親は話題を方向転換、オレのしっかりしてなさを指摘するモードに変換。

オレがこのお父さんの話聞いた時、終始動揺から抜け出せへんかったメンタルも「長男としてあまりに頼りない」と映ったらしい(笑) 

「あんたほんまいい加減しっかりしぃや」

最後にもっかい念を押してくる母親。

「いや、うん、はい……」モゴモゴいってるうちに電話は切れました。

……ハァ。


しっかり。

オレとあまりにもギャップのある四文字。

でも、んなこといってて許される年齢じゃないんやろうな、ぼちぼち。

しっかり。

まぁ、ここで「今日からしっかりします!」って千行に渡って書いたところで仕方ないし。

なんかこう、行動で見せて行きます……。うん……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-09-12 14:07 | 2016夏篇
先週、現在新作を練り直し中、軌道修正してて、次はうまく修正できてるんじゃ……と書いたんですけど、修正、失敗やったようです。

というわけで、軌道修正を軌道修正中。


ったくかわいいヤツだぜ……。

このオレの手をここまで煩わせるとはな。

だがそろそろお遊びの時間は終わりだ。

見せてやるよ……オレの秘奥義『永久輪舞曲(エンドレス・ロンド)』をな!




a0116230_2341461.jpg


……写真は天下一品神楽坂店の豚トロチャーシューねぎ味玉のせとホイコーロー。

アカン……。

状況が先週から天一の写真がほんの微妙に変わったことくらいしか前進してへん。

つか最近まじでどんだけ天一がえりしてんねん!

あ、でも、神楽坂店は、よそにはあんまりない豚トロトッピングできたり、チューリップ型のから揚げ頼めたりでお勧めです。
同業者のみなさまも、編集部にお立ち寄りの際は是非。

ただ前を向いて。
ただ前だけを向いて。

がんばってこーと思います。ラァッ!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-09-05 23:07 | 2016夏篇

現在、新作を練り直したりしてます。

7月と8月前半で、まずは試験走行的にぼちぼち書いてみたんですが、ちょっといろいろ空転してる部分がありましたので、担当さんの「ストップ」もあり、軌道修正。

次はうまく修正できると思うんですけど、さぁどうなるか……。

a0116230_20111849.jpg


……てんいち食いつつがんばります。

写真は久々にいった池袋西口店。

この日、バイトが予期せぬ残業で、頭割れそうなくらいイライラしつつ食べたせいかやたらしょっぱかった……ヽ(`Д´#)ノ 


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-08-29 20:12 | 2016夏篇
a0116230_12192511.jpg


お盆です。

こういう時は、普段サラリーマンやOLが占拠してるオフィス街にあるスターバックスで仕事するのがオススメです。みんな会社休みで、スタバ誰もおらん……!

写真は霞ヶ関店。
もちろんほぼ無人でした……。


けど、東京で暮らしてると実感するんやけど、お盆ってほんまみんな実家帰るんやな……。

ぼくは実家(京都)大好き? やし、正月とかはできるだけ帰るようにはしてるんやけど、たぶん上京して15年、お盆に実家帰ったこと一回もないな……。
うちのバイト先は、昔からある店やからなのか、お盆や正月帰省することに寛容で、毎年お盆も「今年かえるの?」とかいわれるんやけど、その度「え? いえ」「……ふーん」みたいなやりとりして、「ちょっと期待ハズレだなコイツ……」みたいな空気出されてしまう……。

なんやろ……地方出身者への妙な期待がある気がするねんな……。
でもうちの実家、そんなにお盆を特別なイベントと捉えてたかな……。

同じパターンで、初対面の人に関西出身ですっていうと、「将来的には関西に帰るの?」と聞かれて、その温度差にビックリするパターンも多い。
いや、そんなこと考えたこともなかったっていうか……。
世間的には、地方出身者=最終的には地元が一番良いと思ってるはず=東京は住むところじゃない=いつか帰ろうと心のどこかで思ってるはず、って流れが普通なんやろうか……。
結局そういう時も「え? いえ」「……ふーん」の、期待外れ感、拍子抜け感、出されてしまう……!

うーん、普通に郷土愛あるつもりなんやけど、なんでいちいちこんな拍子抜けされてまうんやろ……!?

あ!?
あ、でも、書いてて気づいたんやけど、もしかしたら”喋り方”のせいなんかな。
特に不自由したことないんで、上京して以降も普通に京都にいる時と同じような喋り方してて、今にいたるんですが。
もしかしてそれが”どうしようもないくらいの郷土への愛を関西弁にのせて喋る男”みたいな風に受け取られてて、それで何かを期待させてしまってるんかもしれん。
中身はわりとフラットな思想の持ち主やのに。
いや、この説かなり濃厚やな……! すげぇ、いきなり核心にたどり着いてもうた。

なんや、カラクリされ分かれば簡単な話やったんや。
だから要は、語尾に”だぜ”とかつけとけば済む話なんや。

「食事? マックだぜ?」
「待ち合わせ? ハチ公だぜ?」
「お盆? 帰らないぜ? 家でファイファンじゃなくエフエフやるぜ?」

これで完璧やん。

ただ……その代償として、そもそもこんな奴、誰も喋りかけてきてくれへん気もするけど……。

なんかスギちゃんみたいになってるし……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-08-15 12:24 | 2016夏篇

先日、同期の石踏さんから

『シン・ゴジラ、めっちゃ面白かったよ。
怪獣映画ってよりは、サスペンス・ドキュメント映画って感じ。
多分、大楽さん好きかもね』

というメールが届きまして。

同期なんかの「大楽さん好きそうな作品」は、確かにストライクゾーンにバァンッって入ってくることが何故か多いので(なんでオレの好み把握できる?)、

観に行ったら……めちゃくちゃ面白かった!

a0116230_18262068.jpg


石踏さんに対する返事はこうです。

『観たで。
無人在来線爆弾とか最高やん……!
背中からイデオンみたいに光線出すのもめっちゃ萌えた。
100点満点の映画や、シン・ゴジラ』

いや、ほんまに良かった……!

相当大変やったとは思うんやけど、音楽といい兵器といい演出といい、根本的には製作陣の自分達の好きなものが一杯詰まってる感じになんかハート破壊された。
熱線のはき方が、巨神兵的やったとことか「あぁぁぁ……」ってホノオ君みたいになんか打ちのめされたもん。

お話も、オレが好きなTVシリーズ前半のエヴァンゲリオン一話分を二時間にしたっていうか、東京に敵が来て、撃退失敗して、新作戦立案して、そこにいる人達が準備して、人事尽くして、そんで決戦――みたいな激熱なお話で、ほんまよかったわ。
確かに怪獣映画ではなかった。


9月に10000円くらいの、脚本付き記録集みたいなん出るらしいけど、たぶんオレ、買うな……。

というわけで、オススメするまでもなく、人気あるっぽいですけどオススメです。

a0116230_1826205.jpg


新宿の東宝シネマは、まん前に天一もあるし、なおいいですよ。
ただ僕の場合、観る前に行ったら、ちょうどゴジラ観終わった後のオジサンがネタバレ全開トークしててかなり動揺しましたけどね……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-08-08 18:26 | 2016夏篇

どういう因果関係あるんかわかりませんけど、親知らず抜いてから、やたら外食行ってました。

おかげで、もう七年(!)くらい通ってて、ただの背景と化して一切興味がなくなりつつあった池袋で、新たなよさげな店をいくつか発見できた……。


a0116230_848233.jpg

火星カレーのカレー

トリッキーな店名×ジビエ肉×独自のカレーソース(なんかキーマ系?)

ここカレーも相当中毒性ある味で、店員さんもいい人で店も綺麗やし感動した……なんでいままでこの店無視してたんやろ……。
写真は豚やけど、馬肉、羊肉、鹿肉、カンガルー肉、そそる肉トッピングがいっぱいあった……。
次は羊あたりに挑んで、最終的にはカンガルーまで登りつめたい……!


a0116230_848315.jpg

KAIRAKUのギョーザ

異常にでかいギョーザを一個単位で増量可でしかもわりと安価で出す店。

通りがかりで入ったけど、ここウマかった!

デカギョーザって、味淡白な場合たまにあるけど、ここのデカは一個のデカに小さいギョーザ三つ分くらいの肉やら旨みやら結集してて己の野生が目覚めるようなうまさやった。
写真はジャンボパクチー餃子。
おれパクチーも好きやし(まぁ嫌いなものがほとんどないんやけど……)気分アガッたわぁ……。

a0116230_849557.jpg

あとぜんぜん新規開拓じゃないけどモスバーガーね。

ここハンバーガーに何故か豚汁つけられるんがうれしすぎる……。

なんかちゃんと身体に優しいもん食べてる気分になれるし。

再発見したわ。

池袋では、あとはだいたい、
BIG4でBIGキャンペーンの時行ったバーガーキング、
バイトの後輩が立教大学の大学生から聞きそれをオレに教えてくれた異常にチキンカツがでかい&うまい定食屋、
西武の屋上のうどん屋、
孤独のグルメのゴローさんがいった坦々麺の店、
あとなんといってもいまや西口にも東口にも完備された天下一品(今年オープンした東口店なかなかいいで)、
あたりにたまに思いついたように行くんですが、そこに、完全に仲間できたな……。

けどこういうのって、中々難しいですよね……。

この前、急にトンカツ食べたくなって、めちゃめちゃボロボロの、けど、逆にそれがウマそう……みたいなトンカツ屋入ったら、何故か店中トイレの匂いが充満してて、カウンターに座ってからめっちゃ頭抱えた……。
トンカツ自体はうまかったっぽいけど、味ぜんぜんわからんかったしな……。

あとは、昔の話やけど、近所にめちゃめちゃ不味そうなラーメン屋があって、けど、いつかは行かねば……と思ってて。
いつか、体調万全で、一食ミスっても持ちこたえられそうな日に行こう……と計画立ててて。
んで、とうとうそんな体調万全の日が来たんで実際行ってみたら……
マジで腰が砕けそうなくらいおいしくなくって……。

つけ麺頼んだんやけど、どうも、つけ麺の意味知らんかったんか……もしくは、本場中国とかでは、それが正しいんか……。

丼いっぱいにただのお湯が入ってて、それに麺が浮いてて。
そっから麺をとって、ツユにつける食べものでてきたんですけど……。

いや、基本は踏襲できてるんやけど。

麺がずっとお湯につかりっぱなしやからどんどんノビていくし、麺をツユにつける度に、大量のお湯がツユに入ってツユがどんどん薄くなっていくしで、食べれば食べるほど、味が落ちていく謎のシステム搭載……

体調万全の時に行ったけど、それでも、食べた後相当ガックリきた……あれ、おなかぺこぺこで体調悪い時行ってたらほんまタダじゃすまんダメージやったよな……。

そういう手痛い失敗もあるから、なかなか、新規開拓も腰が重くなるねんな……。

まぁでも、せっかく池袋にバイト行ってるんやし、もうちょいフロンティア精神上げてみますわ……。

またオイシイ店発見したら報告します。

もしくは、手痛い失敗した場合も……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-08-01 13:46 | 2016夏篇

ブログ書こうとしたら、まさかの、部屋に『テラフォーマーズ』が出ましたよ……。

「うわ、怖い!」「ひゃい!」とかいいながら、ストⅡで残りゲージ0に近いプレイヤーみたいに、逃げ腰で例のジェット撒き散らしてどうにか駆逐しましたが……。

なんかおかしいと思ってんな……。

家帰ってから、パソコン周りで虫の音みたいなん聞こえて、「? なんかセミがどっからか入ってきたんか」と今思えばよくわからんアタリをつけてたんですが、まさか夏とかそんな関係ないコイツやったとは……!

なんか、どういう変化なんかわかりませんけど、年々コイツに対する恐怖が増してる気がします。

実家いた時とか、コイツこんな怖かったっけ?

高校の時、ドラクエⅢのバラモス城でレベル上げしてる途中に寝落ちして、うとうとしてる中、右手にこそばゆさを感じてふと顔上げたら小型がのっかってた記憶はあるけど……。
それも、ぜんぜんびびってなかったっていうか、「ふーん」みたいなリアクションやった気がする……(笑)

セミとかカエルとかも、年々苦手になっていくわ。昔手づかみで余裕でいけたのに……。
近年の、家の前の廊下に、ネズミ花火状態になる気配充満してるセミひっくりかえってる時の恐怖&沈黙ときたら……。

なんで対象への心象変わるんやろうな。
やっぱあれか、野山に行ったりする回数減って、そういう生物に触れてへんうちに耐性がなくなって、苦手になっていくんかな……。
なんだかんだオレ、そういうキャラでもないんやけど、基本的に京都と東京しか住んでないスーパーもやしっ子やしな……。よっぽどあえてそういうとこ行かんと触れ合う機会ないし。
なんかキャンプとか行くか……。

俺、テントも綺麗に張れへんし、火起こす技術も女子によく負けてたし、釣りもやったことないし、方向音痴やし、無人島とかいったら間違いなく三軍扱いなスペックやねんな……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-07-26 00:12 | 2016夏篇
バイトと原稿の夏が始まっております。

だんだん新作の原稿に傾倒してきた……。

次はファンタジー×学園モノ×長編×大楽味=みたいな作品になる可能性……中……いや未来はまだ未確定なんでなにもいえませんけど。
とりあえずプロット(簡単な全体のあらすじ)はそれで通って、いま、それ書いてます。

まぁ僕の場合、
プロット通って、「是非これ書いてください!」っていわれて、「やっぱ無理です」ってプロット書いた本人がギブアップする謎のパターンやたら多いんですけどね……。

なんなんやろ、あの、とりあえず面白そうなプロット書いて、通った後、「あれ? これどうやって書くんやろ……」ってそこで改めて途方に暮れるパターン。

自分で書いたプロットやのに、自分で書くこと想定してなかった、みたいな。
ぜんぜん自分の中の原作者と、著者の息があってないねんな……。
よく担当さんにも、
「あの、確認なんですけど、このプロットって大楽さんが書いてるんですよね? 誰か別の人が”これ書け”って大楽さんに渡してるわけじゃないですよね?」
って問い詰められるんやけど、ほんま、実際それに近い現象起こってんねんな……自分内で。

まぁ具体的じゃないんやろうな……最初のプロットが。

プロットにかんしては、

・ザックリ作って、一回本文最後まで書いて、テーマ炙りだして、もっかいプロットつくって、書く。

やりかたを経て、

・70ページくらいにわたるプロット書く。その後本文書く。

やりかたを経て、

・まったく書かない。次の一行何書くかすら不明

やりかたを経て、

今はまた、新たなハイブリッドにいつのまにか変化しつつあります……。

定まらんなぁ。

うーんまぁこれはしゃあないか。時期とかそのシリーズの作風によって、変わるんやろうし。

タイムマシンがあれば、未来にいって、刊行済みの自分の作品手に入れて、それ分解して、精度の高いプロットつくって書けるからめちゃめちゃ楽なんやろうけどな……。

まぁそんな締め切りギリギリの追い詰められた作家みたいな妄言いってんと、地道にがんばろう……。

そんなわけで、執筆の夏を楽しみます。

そういえば、武器屋一巻の応募原稿も7月と8月のクソ暑い中書いたなぁ……
8月31日の締め切りに追われて……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2016-07-18 12:21 | 2016夏篇