カテゴリ:月曜更新篇( 72 )


拍手ボタン
クリスマスも終わったことやし、ブログのデザイン変更しました。

アニマル柄とも迷ったんですが、なんとなくシンプルに行きたかったんで、今後はしばらくこの柄でいこうと思います。
確か、このブログ、開設当初はずっとこの柄やったな……。


というわけで、今日は、年内最後の更新となります。

読者のみなさま、
読者ってほどでもないけど、ブログは読んでくださってるみなさま、
本年も大変お世話になりましたm(__)m

今年は……仕事面では、BIG4最終巻出せたのはよかったけど、その後の新作作業、ずっと、ずーっと同じフロアぐるぐる回ってるだけで終わったんで、もうちょいなんとかしたかったなぁ……。

地球上で一番「停滞」を体現した人間に成り下がってたかもしれん……。
先週、担当さんにも、「あの、ここ数ヶ月、大楽さんの原稿がタイムリープしてる気がするんですが、気のせいですかね……?」っていわれたし……!


まぁ、年の切り替わりを精神面の切り替わりとして、年明けたら、ガラッと変えてやっていけたらいいなぁ……。


まぁ来年も、その過程など、このブログで、いろいろ報告していけたらと思います。

そんなこんなの2013年最後の更新でした。

2014年一月でこのブログももう五年目……
情熱大陸……じゃなく、情熱大楽を、また来年もみなさま、どうぞごひいきにお願いします。

よいお年を!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-12-30 00:45 | 月曜更新篇

あ、12月23日ってことは、来週にはまたこのブログの壁紙変えな……次どうしようかな。

ていうか、もう今年もほぼ終わりか……。

今、なんとなく、今年書いた自分のブログちょろっと読み返してたんですが、最初のほうとかもう全然忘れてるな……。

最近、たまに、ブログにバイトの記述少なくなって、「最近バイト辞めたの?」とかいわれるんですけど、なるほど。
オレ、バイトの話題、年々減ってるな、確かに。今年の頭は、まだたまに話してたんか。

実際には、バイト開始から四年が過ぎて、新しい発見も事件も向上心も何もなくなって、長老として、植物のようにバイトできてしまってるんで、ただ記事に書いてないだけです。

うーん、この状況、どうなんや……?

新しい刺激を求めて、バイト変える……か?

それとも、さらなるプレッシャーをかけるため、バイト完全に辞める。

けど、BIG4やってた時とか、今のバイトの負担にならなさ&気分転換力にかなり救われてたんやけどな……
まぁ、実際今の貯金じゃ、バイト辞めたら新刊出るまで食っていけへんか……うーむ。


そして、驚くべきなんわ、今年、新刊出す故の告知ブログが、一年で4月20日の「BIG4五巻」一回しかなかったことやな……。

カスみたいな立ち居地やのに、なんで執筆ペースだけは高畑勲みたいな大物ペースなんやオレ……
(あ、かぐや姫見ました。テーマといい劇中歌といい女童といい、超良かったです)

まぁ、毎回、この、シリーズの谷間の時期は
(うーむ、オレ、もうお話生み出す能力枯渇したか? いやでも過去毎回なんとかなってきたし……けど今回という今回は……)の繰り返しなんで、平常運転といえば平常運転なんですが……。

来年こそはなんとかしたいですね。

あ、このブログの次のテーマ、決まったな。

”新シリーズへの道”篇やな。


というわけで、バイトから帰ってきてあわてて書いたんで、短いですが、今日はこんな近況報告で。

来週で、ブログも年内最後の更新やな……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-12-23 23:37 | 月曜更新篇

バイト&原稿しかない一週間だったので、雑談。

先週~今週にやったことといえば、先週行った萌えコラムの取材内容、原稿にして、担当さんに送って、OK出たんでそれを入稿してもらった……ことくらいですが。

そういや、この萌えコラムに関して、一個面白い? 数奇な? エピソード思い出したんでここに記しときます。


次回で17回目、つまりもう三年近くやってるドラゴンマガジン巻末コラム『大楽絢太の死ぬ気で萌えます!!』

積み重ねもあり、最近こそ、内容的にも執筆速度的にも、最低限のことが形になってきてるこのコラムですが……連載開始時は、パターンもつかめず相当四苦八苦でした。

書くのにも、普通に二週間とかかかってた気ぃするし(最近は一~二日)

どこに面白いポイント絞ればいいか今以上にわからず、内容も、もうちょい雑多な感じやったんかな?

しかもその時、普通の原稿のほうもあって、余裕なかったし。

まあハッキリいって、これはヤバイ連載始まったか……? と思った記憶があります。


で、面白かったんが、第一回が終わって第二回書こうかってなった時。編集Rさんがぼくにいったんです。

R「いやー、第一回の評判微妙でしたよ……ていうか、私、なんか怒られましたもん。あれだったらブログのほうが面白い。
 ブログより面白い原稿とれないのはお前のせいだって。だからもっとがんばれって」

大「えぇぇ!? 厳しっ!」

R「というわけで、今回からよりチェックきつくしていきますから。二人でなんとか巻き返しましょう!」

大「いやいやいや。萌えコラムにそんな時間かけてる余裕ありますかねぇ!?」

このプチ会議により、萌えコラムの原稿キャッチボールの厳しさが何故か激化。

何回送ってもOKが出ず、萌えコラム難しすぎるやろ!? 正解何!? って感じでけっこう追い詰められてたんですが……

それから時は流れ。

今年の八月。

あの時の路線変更のおかげか、『死ぬ萌え』は、打ち切りスレスレとはいえいまだに生きながらえることに成功。

で、その日、ぼくは、久しぶりにマテゴハウスの面々と遊んでいて、飲み屋でメシ食ってる時、ちょっとだけ死ぬ萌えの話になったんですが……

確か細音さんが、思いがけず死ぬ萌え読んでくれてて、感想くれたんが発端やったかな。

細「死ぬ萌え面白いですね。あれ、内容が濃いんですよ!」

大「え、えぇ!? 読んでくれてんの!? ありがとう。いやけど、あれ、最近はマシやけど、初期、めっちゃ大変やったわ……」

細「というと?」

大「いや、おれ、当たり前やけどコラムとか書いたことないし。どう書いたらアカンから、初回、あんまうまく書けんかってん。
  そしたら、ウチの編集さんに、別の編集さんからお叱りの言葉あってさ。ブログのほうが面白いからもっとがんばれって……」

その時です。
いきなり話聞いてた石踏さんが、申し訳なさそうな笑顔で、

石「あぁ~、それ、私、私」

と突然話に入ってきました。

大「ん?」

細「何が私?」

怪訝に思っていると、

石「いや、だから。コラムよりブログのほうが面白いから、もっと面白くしてくれってウチの編集さんに何回も抗議したりして……」

大「チェック厳しくした犯人……おまえかぁぁぁぁぁ!」

……まさかの展開にめっちゃ笑いました……(笑)


というわけで、以上。
そんな石踏さんのおかげもあってなんとか連載継続できてる本コラムは、ドラゴンマガジンの最後のページにだいたい載っとります(笑)
次回は1月20日売りか。

いまさらですけど、よかったら見てねー!

ではまた来週。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-12-16 06:40 | 月曜更新篇

今日は久々に担当Rさんと「死ぬ萌え」取材で秋葉原に……。

今回は、たぶん六回目ぐらいの原点回帰で「タイ古式メイドマッサージ」とやらに行ってきました。

ていうか。

こういうオーソドックスな潜入系、たぶん3、4ヶ月ぶりの挑戦やったんで、若干忘れかかってたんですけど。

この取材、相変わらず、何回やっても、店入る瞬間のプレッシャーはんぱないなぁ。

下の写真からにじみ出てると思うんですが……

a0116230_2314129.jpg


一人で、夜、むきだしの札握り締めてここ行くの……ほんま、なかなかの恐怖やと思いません!?

入ってみるまで、安全な店かどうかほんまの意味ではわからへんし……

毎回、この瞬間だけは、「ああ、オレ、生きてるって感じするぜぇ……」ってなんかカッコいいモノローグ浮かぶ(笑)

で、今日は、それでなんとか取材を終えて、カフェ。で待機してたRさんと合流して、串焼き屋でメシ。

a0116230_2315878.jpg


……これもう、締めのお茶漬けの写真やけど。


妙に記憶に強く残ってる会話は、

R「大楽さん……このアボカド、残り全部あげます」

大「え? なんで?」

R「実は私、アボカド好きじゃないんですよ……なんかヌルヌルして」

大「え……えぇぇぇぇぇぇ!? オレ大好物やし、いつも頼んでるし、現に今日もアボカドと鳥ささみのあえものとか頼んでもうてますけど!?」

四年ぐらい組んでるけど、そんな情報はじめて知ったわ……

オレ大好物やし、今まで数十回行ったメシの中で、絶対一回や二回は知らず知らずアボカド頼んで苦しめてたやろうな……
今度からは若干意識しよう。


あと、そういえば、今日面白かったんは、マッサージ店行く前入った、とある中古フィギュア店での出来事。

ぼくとRさんは、何故か覚えてたんですが。

昔、葵せきなさんのブログにこんな記事が載ってたんご存知でしょうか?

要するに、一回800円くらいするガチャガチャ的なやつで、同じ人形ばっか出たっていう爆笑記事なんですが……。

ぼくは今日、店頭の一角見た瞬間、思わず「うおっ!」って声あげてしまいました。

あのダブりフィギュア。

a0116230_2339281.jpg


何か、いつのまにか、プレミアついてる……!?(笑)

「Rさん、これ、葵さんのブログに昔出てませんでしたっけ!?」

「あった気がする……(笑)」←Rさんは、葵さんの元担当。


というわけで……自分でも驚き、三年越しの、他人ブログでの複線回収イベントでした(笑)

葵さん、よかったな(?)

あ、もし不要やったら、喜んで回収するんでご一報ください。家までいくで。

そんなこんなで、今日も今日とてな秋葉原漫遊日記でした。

今回のコラムは、ぼくの龍皇杯作品も載る2014年1月売りのドラゴンマガジンに載りますので是非。

しかし、一応、二作品同時掲載やのに、もひとつスペシャル感出んな……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-12-09 23:47 | 月曜更新篇

まったくの思いつきですし、あれ? オレそんな可愛らしい
キャラやっけ? という困惑もありますが、なんとなく、
年の瀬なんで、ブログのデザイン変更してみました。
なんかサンタ柄です。

たぶん、もう、一年ぐらい?
あのアニマルで固定されてたからな……

気に入ってたし、またいつかあれに戻る可能性大ですけど、
このままいったら完全にあのアニマルに飽ききってまうかも
しれんので、気分転換にも年始ぐらいまではこれでいこうと
思います。

というわけで、サイトリニューアルのお知らせでした。

と、まぁ、それだけで終わるとアレなんで、そういえば、
今日目の当たりにした、警察での落し物制度の変貌、そして
そこで見た、醜い自分の本性……についての話でもしとくか。

みなさん、警察に落し物届けたことってあります?
これ、案外小学生時代とかに、届けたことある人多いと
思うんですが……
確か俺は、小学校の時、500円玉届けたら、半年後に
それもらえた記憶がかすかにある。

で、今日、家の前の道路に。
某宅配便サービス会社の、顧客情報満載の、伝票冊子が
まるまる落ちてて。
軽く見た感じ、思いっきりまだまだ使う予定&今も使っ
てる感じバリバリやったんで、まぁ自分で電話したりして
処理してもいいけど、そのほうが楽そうやし。
近所に交番あるし。
交番もってって、落し物扱いで、あとの処理任せようと思っ
たんですよ。

で、実際もってって、書類書いて、さぁ帰ろうか……と思っ
た時。
おまわりさんにいわれました。

「これ、半年間、万が一連絡つかなくて、落とし主現れなか
ったら、拾った方の物になる決まりなんですが、その場合
どうされますか?」

……これは即答です。
いりません!」
宅配便の伝票もらっても、活かしようないしな……。

で、予想外やったんが、次の一言。
「お礼のほうはどうされますか?」

「え?」

一瞬意味がわかりません。

「ど、どう、というと?」

「いや、届けてくださった方には、落とし主から謝礼をも
らう権利があります。
謝礼をもらう権利を行使しますか?」

「……………………」

まさかの究極の二択に一瞬フリーズしました。

え……えぇ!?
落し物の謝礼って、拾い主がそんなグイグイ明言してもら
うシステムやっけ?
そこはもっと、水面下で、というか、気持ちの問題じゃ
なかったっけ?

いや、そりゃ、正直、謝礼もらえるならもらいたいけど。
ここでお巡りさんに、
「ハイッ。ぼくは完全なる善意で、なんの見返りも謝礼も
期待せずこれを届けにきました……が!
謝礼をもらう権利は行使します!!」
って笑顔で言い切れる人間、この世にいるか?

少なくとも俺には無理やった。

「謝礼をもらう権利、行使します!!」

生きる為にいろいろ泥をすすってきた私ですが、
この言葉だけはどうしても口から出せん(笑)

相当の面の皮の厚さ必要やん……!

「では、今後すべての権利を放棄する、に丸をしてください」

結局、おまわりさんにそういわれ、

「いや、すべてっていうとまた話がその………………ハイ」

なんか口モゴモゴさせながら、書類に丸しました……。


てか、これ、まだこんな伝票とかやし、葛藤も多少ですんだ
けど。
漫画でよくある三億円のダイアモンドとか拾ったりした時、
ホンマ、地獄の苦しみ味わわなアカンやん……(笑)

三億の10%が謝礼やとして、3000万……?

額がデカいからこそ、
「3000万もらう権利、行使します!!」
余計いいにくいよなぁ(笑)

落とし主の人にも、お礼いわれつつも、
(何いってんねんコイツ……? マジで権利行使したん?
どんだけ恥知らずやねん! 金の亡者ですやん!)
ってさげずまれるやろうし……

けど、3000万のお礼、迷わず放棄できるかぁ?

いや、そりゃ、人間として、
「ハハハ。いやいや、礼はけっこうです。じゃ!」
と名前も告げず立ち去りたいけど。
3000万やで!


……いや、別に今日、端から1%だって謝礼なんか期待してへん
かったし、自分でやるのめんどうやから交番いっただけ
……なハズやったんやけど(笑)
なんなんでしょうね。
この、いざ、
”すべての権利を放棄する”を前にした途端、浮き彫りに
なった、醜い自分の一面は……!(笑)

俺、善意で交番いったのに、なんでこんな葛藤を強いられな
アカンねんやろ……!

うーん、まぁ、いい勉強になったわ。

てか、前みたいな、明文化されてへん、あいまいな謝礼シス
テムに戻せへんのかな……!
わびさび、的な。
察する文化的な。
いや、まぁ、でも、たぶんこっちのほうが、トラブルも少な
いんやろうし。
100%いいルールなんやろうな……。

ってなんで俺はこんな謝礼をちょっとでも多くもらえへんか
自分の利益のことばっか考えてるんやろ……
どうかしてるぜ……

そんな葛藤の日曜の昼下がりでした。

……なんかさわやかなブログにサイトリニューアルしたのに、
早速台無しになる生臭い話になってもうたな……(笑)

ま、また来週から巻き返します!


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-12-02 03:40 | 月曜更新篇
先週、もう一回更新して告知したかったんですが、ちょっと出来ませんでした……すいません。

なので、ここで、改めて告知。


先週、11月20日に発売されたドラゴンマガジン178pにちょこっと載っていますが。

えー、ドラゴンマガジンには、かつて(なんともう約10年前)
龍王杯』という企画がありまして。

まぁ要するにこれは、ドラゴンマガジン紙上で行われる作品のバトルロイヤルといいますか。

エントリーされた六人の作家が、全員短編書き下ろし小説をドラゴンマガジンの同じ号に掲載し。

読者さんからの投票で、どれが一番面白かったか順位を決定。

で、一位に選ばれた作品が、そのまま、晴れて紙上で作品連載権を獲得できるという……

われわれ文筆業界には珍しい、目に見えて順列がつく血沸き肉踊る企画。


で、この龍王杯、当然ファンタジアで仕事してるぼくは、存在は知ってたんですが。
ちょうど、ぼくがデビューする2005年の一年前、2004年で一回企画終了してしまってて、全くタッチできなかったんですよ。
だから、同期のメンバーなんかともよくいってました。
「俺らも龍王杯やりたかったなー」って。
「俺らの代、ちょうど六人やし、龍王杯とかやるのにけっこうピッタリやねんけどな」とか。

過去の龍王杯優勝作品もすごかったしな。
「スクラップド・プリンセス」「まぶらほ」「伝勇伝」「EME」

で、で。
その龍王杯なんですが。
なんと再来月、2014年1月売りのドラゴンマガジンで、10年振りに復活するようです!

で、まぁ、もうお分かりかとは思いますが。
前置きが長くなりましたが。

その2014年1月売りのドラゴンマガジンで開催される復活第一弾、第八回龍王杯に。
おれ、なんか、うまいこと白羽の矢がたって、参加できることになりました!

おっしゃあああああああああああ!

というわけで、というわけです。

再来月、1月売りのドラゴンマガジンに、その龍王杯用に書き下ろしたぼくの新作短編が載ります!

題名はまだ決まってないですが、内容は『勇者パーティ……の、二軍。馬車の中でくすぶってる戦力外軍団が、ひたすら馬車の中で一軍の座をめぐって争う』みたいな話。

まぁいつものお気楽ファンタジーです。

今回は、ぼくにしては珍しく、もう一応原稿あがってるんで、作品は完成してます。

今回も担当さんとまぁ色々考えながら一位目指して書いたんで、よかったら読んでみてください。


ちなみに、戦う他の作家さん五人は、ドラマガによると

アサウラ先生、

大黒尚人先生、

初美陽一先生、

村上凛先生、

山田有先生。

とのこと。

……すんごい強敵そろいやなー。


というわけで、これはまたしても読者さんの応援不可欠な企画なんで、よかったら、来年一月応援よろしくお願いします。

一月、普通に楽しみやな!

第八回龍王杯、興味もたれた方は、今月20日に出てるドラゴンマガジンにも、直前企画で、他の作家さんがどんな作品書くのか? とか、より詳しく描かれてるので、是非。
あ、今月号には、オレの萌えコラム、先月の大喜利大会での大楽絢太の放送事故直前死闘編も載ってるよ! それも含めて、是非。

そんな感じの告知でした!

あ、で、このドラマガ企画とは別の、新作長編シリーズも今書いてます。
相変わらず破壊と再生を繰り返し、なんか途中で超魔王みたいな生物になりかけたりしながらも、なんとか進めていますので。
もうしばらくお待ちを……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-11-25 04:47 | 月曜更新篇

2009年2月、”都内のスーパー(つ○かめランド)をたらいまわしにされる派遣バイト”をクビになったあたりから始まった、この大楽絢太ブログですが。

その後、2009年11月~、現在の文房具屋バイトに漂着。

というわけで、今月で早、今のバイト入って四年目突入です。

しかし、年重ねるごとに、なんか一年一年の実感というか、重みみたいなんが麻痺してきてんのか、ぜんぜん実感わかんなぁ……。
今の四年って、20代前半の二年くらいの時間密度しかないような気がするねんけど……。


というわけで、11月はバイトの秋ということで、先日のバイトエピソード募集からウェブ拍手回答させていただきます。


>自分も某『7』ってコンビニでで客に理不尽な説教をくらったことがあります。

その人いつも自分に対してだけ怒鳴ってくる人なんですけどその時は小型のストラップみたいなやつでquiqpayっていう電子マネーでの支払いをしてたんですけどうまくレジが反応しなくてその客に『読み取れなかったのでもう一度おかざしお願いできますか?』って言ったら『今やっただろうがボケ!ちゃんとしろや』的なことをさんざん言われてどうにかレジで支払いやってやっと帰ったと思ったらすぐに戻ってきて『お前今レシート渡したか?』とか聞いてきて『渡しましたよ』って答えたら『どこにあるんや言ってみろや!はよ言えや!くそが』みたいなことを延々言われて罵詈雑言を吐いたら帰ったんですけどあの時はホントに我慢できなくてそれが帰った後レジの前で大声で叫んだという嫌な記憶があります^^;

今になって思えば叫んだ時に他の客とかいなくてよかった・・・

ちなみにレシートはその人のズボンのポケットにくしゃくしゃにして入ってました。 by 芳乃

いきなり面白すぎる……(笑)
当時の怒りがめちゃめちゃダイレクトに伝わってきます。

いるよな……困ったお客さん。
オレも、某七コンビニでバイトしてる時、新聞買おうとしてるおじいさんに会計の小銭投げつけて渡された時、さすがに人間の尊厳粉砕された気ぃしてちょっと目の前真っ赤になったわ……。

そういや、18の頃、100円ショップでバイトしてる時、二十歳くらいのヤンキーにおもいっきり目ぇつけられたこともあったな……。
何が気にくわんかったんか、レジ終わり、「てめぇ、明日覚えてろよ」って捨てセリフと共に去っていって。
うわ、憂鬱やわぁ……とおもって翌日レジ打ってたら、その人、ほんまに律儀に、店にまた水かなんか買いに来て。
レジ並びながら、めっちゃこっちにらんでたんやけど、その時奇跡的に、レジめっちゃ混みだして。
意外に空気読む人やったんか、自分の後ろにもいっぱいお客さん並んでんの見て、「チッ……」って舌打ちして帰っていって(笑)
その後は二度とこんかった……。

あとかつて怖かったんは、「お前、そんな接客していいの? お詫びになんか安くしろよ。じゃないとツイッターに書き込むぞ?」っていう、新手の脅し。

いるんですよ……そういう新種のサイバークレーマーが。
当然すべて黙殺ですけど、遭遇するとやっぱすんごい憂鬱な気分になります。

というわけで、全アルバイターのみなさん、そういうお客さんに負けんようがんばりましょう……
同じような状況で、歯をくいしばってる仲間もたくさんいると思って。


>喫煙者じゃないとタバコの銘柄はなかなかおぼえられないですね私もわりとわかるようになったのは半年過ぎた頃だったと思います、しかし「マイセン」ということは結構前の事なのかな? いまマイセンは名称変わって「メイビウス」になっています。客はぜんぜん以前の感じで注文させるので、新人バイトのパニック率が上がっています「はっ! マイセン? メイビウスって書いてあるけど……」といった感じに……。
by HAWARD(一部抜粋)

キツイですよね、煙草関連……。
慣れてきても、「キャメル」とか、ウチでは表に並んでへんかったラインナップいきなり聞かれて(別の戸棚に入ってんの運んで売る)絶望した覚えが……。
ぼくがコンビニバイトやってたんは、ちょうどデビューの二ヶ月前までなんで、もう八年前です。
あの時は、まぁ他に二つ掛け持ちしてたんもあってキツかったんで、人生で唯一「急遽実家に帰ることになったんで来月で辞めます」って方便使って辞めたなぁ……。


>僕が最初に面接に行って研修を受けたのが
「七」のK店だったのですが、そのオーナーさんは夫婦で2店舗経営されていて、
『あ、住所ここならもう1店舗の方も入ってくれると嬉しいなぁ』
と軽い感じで頼まれ、そういわれると断れない僕は
あっさり引き受けてしまいました。

今は週5日のシフトのうち4日を慣れ親しんだ?K店で働き、
1日だけT店で働いています。
このT店がなぜか僕と相性が悪いのかわかりませんが、とにかくミスが多く、
シフト時間の勘違い、弁当付属の醤油爆破、公共料金の受け取りミス(1万円相当)
など、もちろん僕の不注意や不慣れが原因のものばかりなのですが、
中には5年くらい働いているベテランパートおばちゃんが
『え?これNGだったんだ?』
と目を丸くするような革新的なミスを犯したり、
最近では全く関係ない別の時間帯の人が犯したミスをなぜか俺が謝罪、クレーマー処理をする羽目になったりし始めました。

自分がミスするだけでなく
ミスを起こさせる何かがT店にあるんじゃないのか・・・・。

と正直申し訳なさと半分のあきらめの境地になっています。
逆に4日働いているK店ではミス未だに0
なんですよね・・・・。なんなんでしょう。

でも現金を持ち帰りかけたことはないです!w逆にすごいミス!
元気付けられたのでまだまだ頑張りたいです!! by ヒカル

発端となったヒカルくんの七バイトレポート。
ミス0ってすごいな。
公共料金って、桁がデカいからけっこうビビルよな……。
うん、がんばれ。

しかし、うちの読者、”七”でバイトしてる人けっこう多いな。
やっぱバイトといえばコンビニみたいなイメージがあるんやろうか。


>コンビニバイト、辛いこともありましたが、こんな美味しい出来事もありましたー
一年以上一緒に働き続けた年上大学生のお姉さまとなかなか親密になった挙句、自転車で二人乗りしながら帰ったことが何度かあります、げへへ。 by 素人

一転、こんな明るいニュースも。
うんうん、まぁ、バイトって負の一面ばっかじゃないよね……(泣)
仲間ができる時もあるし。

そういや、二人乗りイベント、オレもあったわ……。二十歳くらいの時。
入って一年くらい経った頃、同期の女子に、いきなり、「ねぇ大楽っち、後ろのせてってよ♪」ってラブコメっぽくいわれて。
女子にまったく耐性なかったオレは、
「え!? あ、あぁぁぁ…………や、やめとくわ? じゃっ」と逃亡。
そしたら帰宅後、仲良かった後輩から、
「大楽さん何やってんですか!? あんなラッキーイベントもう大楽さんの人生に金輪際訪れないかもしれないんですよ!?」
って説教のメールきてた……いや……無理……無理……。


>バイトの思い出ですか?私もそれなりにありますね。
例えば警備のバイトをやっていて幼稚園児を連れた保育士の人に「オジサンに挨拶しようね」って言われた時とか(当時二十歳)。
後は、スーパーの警備をしていて、店の責任者の人と仲良くなって、「どうせ余るからこれあげるよ」と言われて松茸をもらったりとか。
後は焼肉屋でバイトしてて、キッチンでお腹空いたからと焼肉を食べまくったりとか。(笑) by がちゃ

店の食い物を食べるようになってまう、ってのはあるよな。
おれが働いてたとこ、廃棄ダメで、余りもらったりはできんかったトコが多かったんやけど、”七”の時は、自分で売ってた炙りベーコン串があまりにもいい匂いすぎて、帰りわざわざ自費で買って。
そっから、なんかスイッチ入ったみたいに、一時期毎日コンビニフード食いまくってもうた時代があった……。
そういや、コンビニフードといえば、最近ファミマで売ってるプレミアム肉まん、食ったらマジで驚愕のうまさやったな。
歴代肉まんの中でもトップクラスに美味いと思います、オススメ。


>前回は私のコメントに返事をくれてありがとうございます!
以前にフォーチュン関係でも取り上げられた事があったので嬉しかったです。

バイトのエピソードを募集しているとの事でしたので私の自慢話を少々(笑)
学生時代にファミレスでバイトしていたらご指名が入ってた事です。

私は大学時代をドラえもんでおなじみのファミリーレストランにてウェイターとしてバイトしていたんです。
文面じゃ伝わらないですけど私は、まぁ良くしゃべる方で、ある程度ならマニュアルを無視して個人でカバー出来る範囲のオーバーサービスをしていました。(若い頃なのでマニュアルに縛られるのが嫌だったってのもありましたけど(^_^;))

そんな私に中年マダムのファンが出来上がり、私がお店を休みの時は入店せず、私がいる時はお水から最後の会計まで全部を指名頂いてました。
私もノリノリでその人達に付き合っていたんですけど、徹底しているなぁ!って驚いたのが、私が休憩してる時間帯でも他の子からは受け取らず『秋田さんを呼んでよ~』っと言い私を呼んだ事です。

マジか!?
と思いつつ「いや~今日は○○さん達に逢えないと思って凹んでた所ですよ。」とか言いつつ給仕しまして彼女らはキャーキャー言ってました。
その他少々ありますが、一番の自信作は以上です。
ちなみにそのバイトのおかげで得た特技は〔ピザをキッチリ5等分にカットする〕事です。 by 秋田


いいねー。お客さんに贔屓にされるのって、なんだかんだ鼻高いよな。

”ちなみにそのバイトのおかげで得た特技は〔ピザをキッチリ5等分にカットする〕”
って、すごいな。
オレ、高校の時のピザ屋時代、割と高頻度で均等に切れず、店長に怒られ続けて、何枚か自費で買い取らされたことあるわ……。
自給800円くらいやのに、3000円くらいするピザ買い取らされて、公園で一人で食うあの惨めさね……。
この辺の鬱屈した経験は、きっと今後の創作活動に活きていく……よな?


というわけで、以上、とりあえずのバイトウェブ拍手回答でした。
またこれ系の拍手が溜まったら、また、その時に。

あ、そういえば、今週は、11月20日売りのドラマガに関して、ちょっと告知があるのでもう一回更新するかもしれません。
ひとまず、これにて。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-11-18 03:46 | 月曜更新篇


バイトエピソード、いくつかいただいております。ありがとうございました!

まだ引き続き募集しております。

バイト先での複雑な人間関係やら、困ったお客さん、恋バナ、失敗談、成功談などなんでもいいんで、よかったら教えてくださいませ。

ちなみにぼく最大級の失敗談は……なんやろ。

ピザ屋のデリバリーで、方向音痴ぶり炸裂させすぎて、10分でいける道1時間半とかかけてたら、
いつの間にかあだ名が『船長さん』(方位磁石が壊れてるっていう暗喩)になってたこととかかなぁ……(泣)

手先が不器用すぎて、店内でピザ作る時、オレが半年かけても生地にスプーンでトマトソース塗る基礎段階の練習してるのに、入って一週間くらいの女子高生が秒速で追い抜いていったこともあったなぁ……。

まぁ機会があれば語ります。

ほんま苦渋なめた記憶しかないけど。


さて、先週の更新から今日までの間に、二つほど軽い事件ありました。

まず一つは……先週火曜、またウィルス性腸炎になった……。

外でカレー食って帰ってきたら、夜二時頃に尋常じゃない気持ち悪さに襲われて、トイレ直行。リバース。

そのまま朝までトイレへばりついて、朝ソッコー病院いって吐き気止めの点滴うって、バイト休んで週末くらいからなんとか持ち直しました……。

医者によると、去年の11月、今年の5月にもなってるらしいんで、年三回ペース……??

「ウィルス性腸炎なりやすい体質なんすかね(笑)」って医者にも失笑されたけど、知らんがな……。

まぁ、でも、正直、ぼく。
実家出て以降、外から帰ってきて『手洗い・ウガイ』する確率ほぼゼロ、原始人的な生活送ってたんで、さすがにそのライフスタイルに限界きたんかもしれません……。

イキがってたけど、三十路こえたことやし、そろそろその辺おろそかにせんようにするか……。

というわけで、今後は手洗いウガイしようと思います(三歳児……?)


もう一つ。
2008年、7月頃にわざわざ名古屋まで行って買った、愛キーボード『REALFORCE108UBK』
が、五年の酷使に音をあげ、とうとうエンターキーが元に戻らなくなってしまったんで、それを買いなおしてきました。

まぁ、でも、ほんまようがんばったわ、コイツ……。
何回か書いてますが、ぼくはどうしても指先の力加減ができず、バイト先のレジでも、キーボードでも、打つとなると無意味に強打してしまうんで、対象物がよく壊れるんですよ……。

キーボードに関しては、『REALFORCE108UBK』来るまで、半年に一回はエンターキー”ポーン”って飛んでいって、使い物にならんくなってましたから……。
20000円くらいしたけど、普通やったら、10台以上壊れてる期間を、一台でがんばってくれてたんでこの人には感謝しかないです。
武器屋以降、テツワン1~5巻と、BIG4の1~5巻は、全部こいつで書きました。
ありがとう。
まぁでも、無為やり使おうと思えばまだ使えるんで、一応押し入れにいれておきますが……。

a0116230_2324189.jpg


で、後継機。
アマゾンレビューなんか見るとよく書かれてる通り、この『REALFORCE』シリーズ、一回使うとそれ以降、他のキーボード使えんくらい打ち心地いいんで、当然このシリーズから探しました。
五年前は名古屋まで遠征しましたが、いつの間にかだいぶ浸透してきてるのか、調べると秋葉原のヨドバシカメラ→ソフマップ→ツクモ電気にかなり試し打ちできる見本があるっていうんで、最近いつの間にか、萌えコラムと大喜利大会でしか行ってない街・秋葉原へ出陣。

値段が値段ですし、下手したらまた五年近く使うかもしれん品物。
で、過剰に気分盛り上げ過ぎて、文筆業にとって一応、キーボードは、兵隊が戦場に持っていく銃と同じというか。
原稿という戦争を潜り抜けるため、たった一つ身につけることが許された、命を預ける武器……という気負いも高まってしまってたんで。
相当迷いました。
喫茶店とかでクールダウンする時間も含めて、四時間以上熟考。

色は、白か、黒か、その他か。
テンキー、ありか、なしか。
あと一番重要な、キーボードが反応する重さを、30gにするか、45gにするか、その他、にするか
(数が小さければ小さいほど、力がいらずにキー押せる。45gでも異様なほど軽くて、30gやと最初ちょっと戸惑うくらい、押してる実感ないレベルに軽い。
今までは”その他”、キーボードの中央は55g、周囲は30gって変則機種やった)

色が白で、テンキー無し、加重が30gっていうのがあればそれが一番よかったんですが……。
こういうときにありがちなことに、そういう痒いところに手が届く条件そろってる機種に限って、存在せん……そもそもつくられていません。
というわけで、どの条件が絶対譲れへんか、どの条件は目ぇつぶれるか、永久に自問自答……

ぼく、優柔不断なんで、ほんまこの作業、苦手というか、遅いんですよ……
決断くだすん。
ファミレスとかで選ぶ時も、おれ、ベストの答え見つけるのに時間かかりすぎて大概最後やしな……。
だから原稿も遅いんやろうな……。

で、一つの店につき三回ずつぐらい訪れて、ひたすら試打。

その結果……
もういい加減、脳も湯だってきてたんで。
一か八か、これにしました。
『REALFORCE89S-10th』

・最新機種のくせに何故か、PCへの接続が、USBじゃなく、昔の、丸いチューブにトゲトゲが入ったモデムを使う『PS/2接続』。
・ウィンドウズキーが最初から排除されてる。

という意味不明な弱点は内包してますが。

・テンキーなし
で、
・加重30g
という条件をそろえている、唯一の機種。

というわけで、後継機、『REALFORCE89S-10th』(通称10周年野郎)がうちに上陸です。

a0116230_2324152.jpg


で、一か八かの買い物やったし、こういう時ってだいたい失敗するんですけど……。
30g、打ちやす! 
あと、テンキー無し、マウス近くに置けてそうとうスムーズやな!

今のところ、奇跡的に移項に成功してるようです。

とはいえ、二万以上したし、ちゃんと回収せんと……。

というわけで、今後はこの10周年野郎で、新作書いていこうと思います。

じゃないと宝の持ち腐れ感ハンパないもんね……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-11-11 23:02 | 月曜更新篇

11月……か。
最後に本出したん四月やから、もうオレだけ七ヶ月も時止まっとる……!?

あ、でも、そういえば、たぶん今月20日売りのドラゴンマガジンで、ちょっとだけ何か発表あるかも……です。

残念ながら新シリーズに関して、ではないんですが……。

まぁでも、一応、オレの”新作小説”に関すること……ではあると思います。

近くなったら、また告知しますね。

しかし新シリーズもなんとかせんとな……。


ではでは、今日は、ウェブ拍手回答をば。

>私も今野さんの個展に昨日行ってきました。
ただ、『ダイコン少女と井戸の底』?の原画に値段がついて無かったのが残念です。。。
あれに値段がつけば幾らでも買うつもりだったんですが。

その個展の前に大楽さんのお勧めしてたインド映画「きっとうまくいく」を観てきました。
とても良い映画でした!!
普段はレイトショーで周りに人がいない環境で観てるんですけど、久しぶりに大勢の人と笑ったり泣いたりしちゃってました。

大楽さんにも親友といえる友達はいますか?
今度ブログの更新ネタに困った時は、その話しや学生時代の話しをを聞きたいですし、お勧めの映画リストみたいのも知りたいです!!
最近は寒暖の差が激しくなってきましたので風邪などを引かないようにご自愛下さい。 by 秋田

おー、なんかいい拍手。
「きっとうまくいく」→今野さん個展って、すげー充実した一日やろうなぁ(笑)

友達……まぁ、「あ、コイツとオレ、一生友達やな」と思ったような友達は、いることはいるかなぁ……。

一緒にオーストラリアとか、イギリスとか、エジプト行った友達なんやけど。

イギリス行った時、夜の八時にロンドン着いて、そっから、いちかばちか、全く英語よめへん中、寝台列車みたいなん飛び乗って。
そしたら、その列車、寝台列車じゃなくて(笑)

夜の12時過ぎ、普通に、イギリスの西の果ての「ランズ・エンド」ってど田舎で降ろされて。
見たとこ宿もないし、2月の冬のロンドンでクソ寒いけど、やることないから、ぶらぶら二人で延々左右に草原広がる山みたいなん夜通し歩いてて、
でも二人でだんだんテンションあがってきて、
「スゲー! なんかドラクエみたいや!」
とかハシャいでる時、そいつに、
(あ、コイツとオレ、一生友達やな)
と思った。

まぁその後、駅のベンチに座ってる時。
気づいたら何故かホームレスにオレの背中のリュックがベンチにロープくくりつけられてて、
結果、列車乗り過ごして次の列車まで五時間ぐらい待たなアカン展開になった時、
友達「おいお前何やってんねん!?」
大楽「ハァ!? 完全にオレのせいちゃうやろ!? ホームレスさんのせいやろ!?」
って、瞬時に気まずくなったけどな……。

……こんなエピソードでよかったんやっけ……?(笑)


>今野さんのブログに書いてる『一息ついて顔を上げると意外なお客さんも来ててびっくりしたりもしたのですが』って多分大楽さんですよね(笑)

あと、卓球とか行くんですね!自分は卓球が一番好きなスポーツなので卓球の文字を見てなんだか嬉しかったです(笑) by 芳乃


オレも”意外なお客さん”のうちの一人やとは思う(笑)
まぁでもこっちも完全にスニーキングに徹してたから、見つかってむしろこっちがびっくりして、なんか狼狽したまま会場を後にするしかなかったわ……(笑)
卓球、いくよ。下手やけどね。
オレ、基本、ゴルフとか、バスケとか、小さいゴールに球いれるスポーツ異様に下手やねんな……
バスケとか、10回レイアップしても、一回もはいらへんとかザラやったと思うし。
でも最近スポーツしたいです。
この前体験入学したテニススクール、まじで通おうかな……けど月一万……うーん。


>「マンガ家」嫁さん「ラノベ家」夫くんおもしろそうですね! 探して購入してみます、早く大楽さんの本も読みたいです! by HAWARD

あ、”嫁さん”はよろしく! アマゾンとかじゃないとなかなか買えんかもやけど、面白いと思うよー!
新作は、うーん、遅くてほんまにゴメン……。
そろそろまじでなんとかするわ。


>誕生日おめでとう。
そしてようこそ三十路の世界へ。
よい十年を!
……といいたいのに波瀾万丈な大楽さんを期待してる僕を許してください
あと原稿がんばって! by 手島


あ、手島さん!
いや、まぁ、ぼちぼちぼくも落ち着いていきますよ!
なんかインテリジェンスあふれる30代目指すわ。
原稿?
うーーーーーん…………。
まぁ、でも、おれ、がんばる。


>でっかいことは、良いことだ。最近、ラノベ離れが進んでる自分も大楽作品は、つい買ってしまう。そのままの君でいけ! by 欧羅火

がんばります!
でも、まずはオレが新刊出さんと、なんともならんしな……。
がんばります。


>7年後、逆にバイトしない先生ってのは
どういう生活を送られている予定ですか?
やはりバイトという色々な人間関係や
理不尽な扱い、それこそ巻き込まれ主人公的な状況に置かれる舞台こそ
大楽先生っぽい気がしますw

俺も最近になってようやく某「7i」な
コンビニで働き始めました♪
7年後・・・・俺にはこのワードで
時のオカリナしか思いつきません・・・・ by ヒカル

いやー、そうやねんな。
正直、恐ろしいことに、オレ、”バイトしてへん自分の生活”って、微塵もイメージできひんねんな……。
17くらいからほぼ途切れずいろいろやってるから、あまりにもう普通になってもうてて……。
バイト行かず、執筆だけしてて、その生活でおれ、精神のバランス保てるんか一抹の不安はある。
まぁ、その時になったら、なるようになるやろう……。

ちなみに某「七」コンビニ、ぼくも半年ほとバイトしてたことあります……(笑)
朝5時~9時までの、わりとキツイ時間帯で、しかも相当スタッフさんにキツク当たられた、あまりに苦い思い出やけど……(笑)
「七」、レジでやれること多くて、けっこう大変やった。

全く覚えてない状況で、ゴルフバックの郵送とか頼まれた時、脂汗2ℓぐらい出たわ……。

タバコも、おっちゃんに小銭投げられて、「セッター一つ」「せ、せったー?」「セブンスターだろうが!」(えぇぇぇ!? し、知らねー!)
「マイセン一つ!」「ま、まいせん? ですね、えーとえーと……」「そこにあるだろ! マイルドセブン! 何年やってんの!?」(今日初日っす!)と相当翻弄された記憶が……。

あと、レジの売り上げのカネ、間違って三万くらい家に持ち帰りかけて、あわてて引き返してコンビニ戻ったけど、それ以降おれの株暴落したんも切なかった……(笑)

まぁ、そんなドンくさいのオレくらいやし、ヒカルくんは大丈夫やと思うけど……。
よかったら、またレポートください。
愚痴でも、いやいや案外楽しいですよ! でも、なんでも。

あ、でも、今思いついたんやけど。
今バイトやってる人、昔バイトやってた人の、苦労話、辛酸なめ話、失敗話、逆に、自慢話、楽しかった思い出話、または楽なバイト情報、オススメできないバイト情報……なんかの、バイト情報、このブログで集っても面白いかもな(笑)

オレはあるでぇ……辛酸なめ話やったら(笑)
ウチの現担当さんも大好きな、『大楽のピザ屋で「おはようございまーす!」事件』とか……!

よかったら、ウェブ拍手で、いろいろ教えてください。
集まったら、ここに載せます!
色々情報交換して、みんなで傷、なめあいましょうや……。


ではでは、今日は、これにて。

みんなで傷、なめあいましょうや……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-11-04 20:22 | 月曜更新篇



今日は月曜に更新できそうや。

さて、今日は、特に重要な告知事項もないんで、二点程、オススメ紹介を。

a0116230_149432.jpg


一つはこれ、漫画『マンガ家嫁さんとラノベ家夫くん』


PHP研究所から出てるエッセイ漫画で、簡単にいうと、ラノベ作家と結婚した現役マンガ家の奥さんが、ラノベ作家×マンガ家という特殊な二人の結婚生活
(二人とも昼夜逆転、二人とも収入が不定期なのでそれのやりくり、等、微妙にフツーとは違う)
を描いたエッセイ漫画で。

マンガ家とラノベ作家、二つの特殊職業の裏側、というか地に足ついた生活が覗き見れて、すごい面白いです。

ラノベ作家はラノベだけでメシが食えるのか? とか。
アイデア出しが、ただ遊んでるだけに誤解される問題とか。
あと全ラノベ作家が思ってるであろう、床屋・美容院で自分の職業どう説明するか? 問題とか。

いろいろあるある満載。

で、僕、このマンガ家さんとラノベ作家さんとは、なんだかんだ割とデビュー当時(やから……七、八年前とか?)から、
年に何回かカラオケ行ったり、遊ばせてもらっててですね(当時はまだ結婚してなかったな)。

その縁からかこのマンガ、私、大楽絢太らしき人物……ラノベ作家”D”なるキャラクターも登場します。

しかも一回は何故かオチ要因……(笑)

自分がマンガに登場するとか、たぶん初体験やったしうれしかったなー。

そんなこんなで、内容面でも、そういう小ネタ面でも、いろいろオススメなんで、興味もたれた方、『マンガ家嫁さんとラノベ家夫くん』是非いちど読んでみてください。

ライトで、寝る前とかにちょっと読んだりするのにちょうどいいですよー。


もう一つは、まぁ毎度おなじみ、『七人の武器屋』時代の絵師さん、今野隼史さん関連。

今年は今野さんフル回転の年なのか、今年の六月に続き、10月24日~11月5日まで、再び現在今野さんの個展が行われています。

ちなみに、2011年の一回目のレポートはこちら。
       2013年6月のレポートはこちら。

ただ、今回、過去二回と違うのは、
①まず会場が、中野ブロードウェイという、ド都心のしかもメジャー会場ということ。
②今回は”販売”有。つまり、そこに飾ってある原画を気に入れば、購入できる、ということ。

②は特に、特徴的ですよ。
前回、前々回のレポートに詳しく描きましたが、印刷されたイラストと原画って、放つパワー、情報量、ぜんぜん桁違いですから。
特に今野さんはアナログ描きやから、原画、まじ、半分生き物かってくらい、えげつなく躍動してますから。
額もつくっていう話やし、あれが家に飾れるっていうのは確かにあこがれる。


値段は、正規の、つまり学生さんなんかに簡単に買えてしまうような値段ではない、大人の値段ですが。

ものによっては、手の届くものもいくつかあるし、

a0116230_14943.jpg


150円のポストーカードとか、絶体絶命英雄はじめ、物販も充実してる。

まぁそもそも、入場無料やし、フラッと立ち寄って眺めるだけでもいいし。

是非。

出展されてる絵は、今野さんのHPからもいけるピクシブのページに網羅されているので確認できます。


ちなみに昨日、ぼくも、知人と卓球行くまえ、ちょっとだけ時間があったんで、フラッと中野いってみるという”フラッと見”で遊びにいかせてもらいました。

日曜+夕方+今野さんがその場で絵を描くライブペインティングのクライマックス……やったということで、けっこうすごい人手(笑)

今野さんが人に囲まれてて近づけないので、これは気配消して絵を見て人知れず立ち去ろう……と思ってたら、その途中で絵が完成、それでその直後、今野さんがこっちを発見してくれたので、ちょっとだけお話できました。

まぁその直後、他のいろいろなお客さんとの会話に戻っていったので、邂逅は一瞬でしたが……(笑) まぁ今野さん落ち着いたらまた遊んでやってください。活気あるいい個展でした。


というわけで、なんか期せずして芸術の秋らしく、絵関連の更新になったな。
それではまた来週。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-10-28 14:09 | 月曜更新篇