僕のスーパーロボット大戦

このブログには珍しい、ゲームの話題!

というのも、実は最近、『スパロボV』を寝る前にちょくちょくやってまして。

いや、PS4恐るべしですね(瀬尾さんありがとう)

戦闘アニメの進化具合が半端じゃない。

僕はZシリーズまるごと飛ばしてるんで、「第三次α」以来12年ぶり――(って、調べたら第三次αって2005年発売!? マジか!?)、の据え置きスパロボなんで、超衝撃ですよ。
特にヤマトとか何アレ……。もうただのアニメやん……。
しかも戦闘中、原作の歌がそのまま歌付きでBGMとして流れるっていうとてつもない未来設定。

ぼくはなんだかんだ、ゲームボーイの初代スパロボ(パイロットはおらんくて、目玉が入ってるガンダムを使ってボスをひたすら裏技で説得して仲間に入れていくゲーム)からやってるんで、ほんま時代を感じましたよ、いい意味で。

昔の自分にいってやりたいです。

「お前、ZZのBGM、”アニメじゃない”じゃないことにやたら憤ってるけど、20年くらいしたら、歌つきで飽きるほど流れるで」と。

いや、ほんま、ゲームハードのパワーアップを、こんな方面に活かせるとは……と関心しきりですよ。

メンバーもいいですね。

富士見からは、もはや常連になりつつあるフルメタが登場……って、マジですごいよな、これ……。自分の作品(しかもラノベ)がスパロボの常連になるって……。どういう気持ちなんやろう……。

そんな豪華メンバーいる中、僕は今回は、何故かナデシコのスバル・リョーコをやたら重用してます。
リョーコだけが、中盤で既に撃墜数300を超えてるという歪な僕のスパロボ世界……(アキトは撃墜数42、アムロに至っては30台とか…)

ま、まぁ平行世界がテーマやし、これもスパロボやろ……。

僕、シュミレーションゲームやる時、味方ちまちま動かすの面倒なんで、一機だけ異様に強いの作って突っ込ませて、あとは反撃で全滅させるプレイスタイルがもう中学くらいの時から癖づいてるんで、どうしても”満遍なく”な部隊にならへんねんな……。

結果、使うユニットの基準が、

・敵陣で一人で粘れる回避力、高火力を維持できるスタミナ

・一人で殴りこめる機動性、強いP武器の存在

・死ぬほど同じBGM聞くことになるので、格好良いBGMが流れる

・あと、ひたすら同じパイロットの戦闘見るんで、できるだけ明るく喋るキャラ(だからアキトとかはちょっと……。ブライガーとかイデオンとか、仲間と会話してくれる連中やと最高)

になって、今回はそこにリョーコがハマッた感じか。

ま、このままラストまでゆっくりやっていこうと思います(全何話か知らんけど)。
スパロボって、ほんま気分転換的なゲームとして最適やわ……基本良い意味でキャラゲーやし。
好きなロボット使って好きなBGM流すゲームやもんな……。

というわけで、僕にしてはまぁまぁ、リアルタイムなゲームやってますよ、って更新でした。
ほんま、3Dじゃなく、2Dで、こういうパワーアップするゲーム増えたらええわ……。





拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2017-03-27 19:01 | 2016夏篇
<< ファッションへの目覚め? 三月攻勢 >>