スーパー文具タイム
思わぬ質問が一件。

>プロ文房具屋さんの大楽さんに質問です。
おすすめの文房具教えて下さい! by KK

そ、そうねー……おれ、バイトやし、プロじゃないけど。
もう4年以上、割と大手の文房具屋でバイトしてるんで、ちょっと喋る知識くらいはもうあるんか……?

というわけで、今回は文房具回にしたいと思います。


文房具ネタ①【替え芯について】

文房具屋には(特にうちには)けっこう様々なラインナップの商品売ってます。

ボールペン、シャーペン、万年筆なんかの筆記具は当然。
ノート、ファイル、テープにホッチキス。
莫大な数のシステム手帳、綴じ手帳。
アルバム。
ご祝儀不祝儀に使う金封。
あとオーナメントとかペーパーウェイトとか半分インテリアの商品ね。

こん中で、今日話すのは、【事務用筆記具】に関してのネタ。
ボールペンの替え芯についてです。
これが、けっこう、勘違いされてることが多いんで……。

えーと、まず、世の中のボールペンの大半には、それぞれ専用の替え芯があることは、ご存知でしょうか。
知ってる人が大半やと思いますが、実はぼくはバイトに入るまで知りませんでした。
ボールペンは、書けなくなったら、芯だけ買って簡単に付け替えられる。
そして替え芯の値段は、本体の半分以下、だいたい一本60~80円で売買されてる(輸入品、あと国産でも金属製のものとかは限りではないですが)。

そこまでは、まぁご存知な方も多いと思うんですが。

ここからが本題。
もう……五、六年ぐらい前から売れてる商品なんですが。
最近完全に浸透しつつある、
・ジェットストリーム(ユニ、ていうか三菱)
あとは、
・フリクション(パイロット)
について。

これの替え芯に関して、案外、ある機能に気づいてないお客さんが多い気がします。
それが、そのシリーズ内での”互換性”について。

えーと、まず、ジェットストリームも、フリクションも、大きく分けると二つの商品に分かれます。

ジェットストリームやったら、

・ジェットストリームの単色 (ボールペン一本につき一色だけ芯が入ってるもの)
・ジェットストリームの他色 (ボールペン一本につき複数色、芯が入ってるもの)
(ちなみに、そこにシャーペンも組み込まれてる場合、商品名の横に &S とか、+S とか、+1 とかの表記がきます。これはだいたい全メーカー共通)

フリクションやったら、

・フリクションの単色
・フリクションの他色

(……厳密には今は、どっちのシリーズにも金属製の芯を使った派生商品がありますが、それはここでは省きますね)

で、たとえば、単色と多色のボールペンの替え芯には、互換性がないのですが。
(つまり、持ってるのが多色やのに、単色用の替え芯持ってかえったら全く入らない。この悲劇に見舞われてるお客さん星の数ほどいる)、

単色同士、多色同士なら、同じシリーズ内であれば、先の太さが異なっても、互換性がある、っていうを、案外知らんお客さんが多い気がする。

たとえば、ジェットストリームやったら、

持ってるのが
【太さ0・5の単色の黒ボールペン】

やったら。
そこにいれられるのは、太さ0・5ミリの黒の替え芯だけ……
ではなくて。

そこに、単色の0.38、単色の0.7、単色の1.0、全部普通に使えるんです。
ジェットストリームの、それも単色用の芯ならね。

これを多色に転用すると。
たとえば、市販されてる、0.5ミリの五色多機能ジェットストリームボールペンの本体に。
あとから別で買った、0.38ミリ芯を三色を入れ替えて、0.38ミリの黒・赤・青が使えるようになった、市販されてない超極細芯が使える多機能ジェットストリーム作ったり。
反対に、全部1・0ミリの、これまた市販されてない極太多色ボールペンつくったり。
もしくは、一本のボールペンの中に、1・0の赤、0.7の赤、0.5の赤、0.38の赤を混在させて、超きめ細やかに著者校正できるようボールペンをつくってみたり!(まぁぼくはつくったことありませんが! ただでさえ赤いれすぎて殺されそうになった身なので!)

けっこう、いろいろバリエーション広げられるんです。
(単純に、最初買ったやつが、若干太くて、次はもうちょい細い芯にしたいな……っていう場合ももちろんOK。次は0,7の本体に、0,5の芯とかいれればいいんです)


フリクションの場合も、

持ってるのがフリクションの単色なら、ノック式でもキャップ式でも、
単色用の0.4芯、0.5芯、0,7芯、これ全部入れられます。
最初に買った本体に入ってた芯の太さに関係なく。

そして多色の場合
……ここだけちょっと難しいんですが……

フリクションの多色のボールペン替え芯は、今のところ、0・5ミリの黒赤青緑しか発売されてません。

ですが。

なぜか、これに関しては、同じフリクションシリーズの、フリクションスリム、という商品(単色の0.38ボールペン)の替え芯と互換性がありますので。(何故かあんまりオフィシャルにアナウンスされてない)。

これを使えば、本来0.5ミリの商品しか流通してない多色フリクションに、0.38ミリの芯を入れて、なおかつ、フリクションスリムの替え芯は、七色ぐらい色が展開してますので、
見た目は0.5ミリの多色フリクション。
中身は、ピンク、パープル、ライトブルーの0.38芯、
みたいな割とオリジナルなフリクションもつくることができます。


とまぁ、こういう具合で、同シリーズ内での互換性。
これを知らんお客さんがけっこう多いんで、話してみました。
これ知ってると知らんとでは、替え芯の有用性、大幅に変わってきますんで。
もしご存知じゃなかった方は、是非是非活用してくださいませ。

他にも、今日話した内容で、何かわからないことがあれば、遠慮なくウェブ拍手へどうぞ。
答えられる範囲であれば、答えたいと思います(どんなラノベ作家!?)



以上!
本題の、文房具ネタ②【おすすめ文具について】に全く到達できひんかった(笑)

というわけで、このネタは、次週に引こうかと思います。
それまで、他に、何か文具関係の質問あったら(せっかくなんで、ほんまに店員に聞きたいような全く普通の事務的ガチ質問でも大丈夫ですよ 笑)
是非ウェブ拍手へどうぞ。

けっこうへまやらかして、クレームがついたことも一度や二度じゃない池袋店のDでよければ、答えさせていただきます……。
この前なんか、お客さんに脳天チョップ食らわされたしな。
こんな大人になって他人に殴られるとは夢にも思わへんかった……。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2014-07-28 19:23 | 前進篇
<< スーパー文具タイム (下) 20 >>