20代のうちにやりたかった10のコト

私事ですが、先日、10月19日の誕生日で、とうとう人生のステージが20代から30代に突入することになりました。

で、せっかく20代最後の日+30代最初の日なんて一生に一度の二日なんでなんかやりたくて、
10月18日~19日に、個人的に小イベント企画・実行してみました。

題して『20代のうちにやりたかった10のコト総決算ツアー』

振り返れば、もう30代に突入するとはいえ、20代でできんかったこともけっこうある。

その中から、すぐさま実行できそうなモノ、若干でも興味あるモノを、片っ端からクリアしていく企画。

狙いを定めた目標は以下の10個。

・東京地方裁判所にいって裁判傍聴
・キックボクシング体験入門
・テニススクール体験入学
・高田馬場のベトナムサンドイッチ食う
・インド映画観る
・ヒップホップダンス体験入門
・メンズエステ”ダンディハウス”突撃
・一人で牛角行って”一人焼肉”
・一人でカウンター式のバー行って飲む
・ヤクザ映画~仁義なき戦い~観る

難易度低~難易度高まで玉石混交ですが、とりあえず気になってたんやから仕方ない。

というわけで、セルフ小企画、『20代のうちにやりたかった10のコト総決算ツアー』レポートスタートです。
だらだら書いていきます。

というわけで、挑戦①『東京地方裁判所にいって裁判傍聴』

軽い気持ちで行ったんですが…………割りと早速カウンターパンチ喰らった。
修学旅行とかで行った方も多いみたいなんですが、ぼくは完全に初体験でした。

まず、一階ロビーのファイルで、今日裁判所で行われる裁判の予定を確認。
(あ、裁判所、入場無料で予約もなんもなしでフラッと入れます)。

ファイルざっと見た感じ、事件は9割、覚せい剤と振込み詐欺関係やった気がしますが……
時間も押してたので、まずは、振込み詐欺の裁判から。

ここで、いきなり喰らった。
ま、ちょっと考えりゃわかることなんですけど。
裁判傍聴って、被告の方とけっこう至近距離に近づくって事でもあるんですね……。

ぼく、審理にちょっと遅れて入ったんですが、その瞬間、かなり気合入った被告の方に「何、野次馬しにきてんだコラ……」って感じで直視されて、かなりビビった。
そ、そうか……こういう状況も想定して傍聴いかんといかんのか……。

まぁそれでも、審理一件と、判決一件を傍聴。
(判決は、懲役とか言い渡される、最後の最後のやつです。これが案外10分くらいで終わる。ぼくの見たやつは、詐欺罪の方が懲役4年言い渡されていました……)。

結局一時間ちょいの滞在でしたが、下には食堂とかコーヒー飲める場所もあって、思ったよりはフランクな場所やって知れてよかったです。
まぁぼくは怖いんであんま二回目行きたくないですけど……。
エレベーターで待ってる時、
「今日ロクなんやってねぇなぁ。そっちはどう?」
って聞いてくる傍聴マニアのおじいさんにチョイ喋りかけられたけど、中々あそこまで人の裁判気楽に楽しめるようにはなりそうにないなー。

②高田馬場のベトナムサンドイッチ食う

二件目はうって変わってライトな任務。
前に知人に教えてもらった、高田馬場にある”バインミー”ってサイドイッチ屋でベトナムハムとレバーペースト
のサンドイッチ食う。
うん、これは、聞いてた通りうまかった。パクチーとか利いててオリエンタル風で。最後のほうになればなるほど、口が味に慣れてよりおいしかったな。
次回はパクチー追加で食おう。

③インド映画「きっとうまくいく」を観る

高田馬場に、ちょっと前の映画を安くやってる早稲田松竹って映画館があって、そこに前から気になってた映画「きっとうまくいく」がやってたんで観てきました。
正直、映画なんで、初挑戦! 感はないんですが、まぁインド映画初挑戦って都合の良い解釈で。

で、きっとうまくいく…………よかった。
詳しいことは公式サイトか何から、チェックしていただきたいんですが。
これは、もう、ほんまに、ちょっとでもオレのいうこと信じてくれるなら……絶対映画館で見てほしい。

たぶん、観た人ならわかってくれると思いますが、間違いなく人生で三本の映画に入る最高すぎる映画でした。
まったくそんな予定ないけど、いつか息子とか娘生まれたら、生涯の一本として、一番みせたい映画やとすら思った。

とにかく、主要の三馬鹿トリオがいいヤツすぎる……(泣)。
めちゃくちゃ明るいストーリーやのに、公式サイトのポスター観るだけで、三人の友情に泣けてくる。
ラストとか気持ちよすぎるやろ……。

インド映画らしく、”いきなり踊りだす”演出とかはあるんですが、きっとうまくいくは、それが世界仕様で、最低限……劇中で三、四回程度? に抑えられてて、しかも脚本めっちゃ地に足ついた緻密なタイプなんで、
緻密な脚本+抑え目なインド演出っていう、世界中どこにもない、異様なパワーと緻密さがあわさった無敵の映画誕生しとるわ……。

最高の三時間でした。

④テニススクール体験入学

まだまだ続きます。これも、前から運動不足解消がてらやりたかったテニススクール入学。
中・高テニス部やったんで、10年ぶりぐらいにテニス挑戦。
やっぱ楽しかったな……!
試合で、温和そうなおじいさんのサーブに全く反応できずあっという間に畳まれたときは、さすがに下唇噛んだけど。

⑤キックボクシング体験入門

なんとなくキックボクシング。
うってかわって超ハードやった……。
講師の人とか、足にガッツリ、タトゥー入ってて……。

けど、正しいジャブとかワンツーの打ち方教えてもらえたんは、よかった。
あと、スパーリングで、何故か廻し蹴りだけが異常に的確に、鞭のように放てて、相手に
「な、なんかやってたんですか……!?」
って驚かれて、なんでやろ……と思ったんですが。

そういえば、ぼく、自分でも忘れてたんですけど。
小学校の時、6年程、少林寺拳法習ってたことを電撃的に思い出しました。

そ、そうや……おれにそんなキャラ設定あったな、そういや……。

散々蹴りの練習したんで、それがいまさらになって活きてきました。三つ子の魂百までですね……(日常生活には全く役だたんけど……)

⑥ヒップホップダンス体験入門

これは、受付までいったんですけど、まぁこの日、ぜんぶ飛び込みでいったせいもあり、レッスンスケジュール的にあわず受講失敗してしまいました……。
まぁ、でも、これは正直受講失敗して良かった。
既に始まってたレッスン見たら、みんなダボダボのTシャツにキャップとかかぶって、マジな感じのラッパースタイルやったのに、オレが持ってんの、キックボクシング終わりの、汗ズクズクの普通のTシャツと短パンやったからな……いってたら確実にイジメられてたと思う。

⑦メンズエステ”ダ○ディハ○ス”突撃

これも、正直思いつきで突入。
いったことないし、一回くらいいってみるか、と。

……これも若干ナメてたなぁ。

いや、まぁ、僕の頭がおかしいといえばおかしいんですが。
ぼくの認識では、”ちょっと贅沢なマッサージ屋さん”みたいなイメージやったんですよ。

ですが、内容は、脱毛、痩身、フェイシャルマッサージ……と”美”に対するサービスのみ。
ぼく、”美”に対する欲求とか、もう、まったくないですし……。
担当してくれた人も困惑してました。
コンプレックスとか聞かれたけど、おれ別にそんな自分の顔について深く考えたこと人生で一回もないし……。
自分が一重か二重かも、最近やっと知ったくらいやし……。

で、結局、5250円のフェイシャルマッサージ一回体験コースみたいなの受けたんですが。
結果、ちょっと苦い思い出になりました。

いや、マッサージ自体は、鼻の毛穴に詰まった汚れとかとっていただいて、大満足? やったんですが。
終わった後、ウン十万かかる、年間正式コースへの誘いを「いえ、別にいいっす」って一蹴したら、店員さんの態度激変。
それまで、割りと打ち解けてたのに、即「ではお帰りはこちらです」ってめっちゃ冷徹にあしらわれた。

そ、そうか……向こうとしては、正式入門せん、体験だけするお客さんは全然採算あわん困ったお客なんかー……。

というわけで、若干へこみながら退転。
お世話になりました。


⑧一人で牛角行って”一人焼肉”

ラストスパート。
これも、前から一回挑戦してみたかったことなんでいってきました。
けど、まぁそうなんやろうなー、と思ってた通り、案外既に、一人焼肉、市民権を得てるのか。
特に変な子扱いもされず、スムーズに食えました。
近くでコンパやってる若者達に、いつチラチラ見てひそひそ笑いものにされるんやろ……と身構えてたんですが。眼中になし(いや、まぁ、当たり前か?)
店員さんも優しく、楽しい食事でした。
ま、でも、やっぱ”イベント”じゃなく、”普通の一回の食事”として考えると、焼肉って高いな……。
なんだかんだこの日も3000円くらいしたし。
まぁ、でも、これで次回からは一人で余裕でいけるな。

⑨一人でカウンター式のバー行って飲む

正直、これが、個人的にこの日最高難度の任務でした。
割りと盛り上がってる、既にチームワークが出来上がってる店内に入り、そこで楽しくお酒を呑む……。
普段なら絶対いやですが、まぁ今日は特別なんで仕方ありません。
一か八か、中野にあるカジュアルワインバーの店内ヘ……!
結果……
案外、大丈夫でした。
店員さんも、そりゃプロですし、ぽつねんとしてたらなんとか話つなげようとしてくれますし。
隣の人たちも、思ったより話しやすく、誕生日の話したら、ワインとチーズケーキおごってくれました。

案外、これももう、次回からこなせることはこなせるか……?
これは、気分転換て意味では、緊張→緩和で、かなり効果絶大かも知れん……。

⑩ヤクザ映画~仁義なき戦い~観る

ラスト。
今まで見たことあるようで見たことなかった一本を見る。尾田栄一朗さんも大好きっぽいっていうのもあって。

……面白い!
つか、指なくなるは腕なくなるわ、見てて絶句するシーン連続やったんですけど、
エネルギー余って仕方ない若者が組織つくってやがて自壊……
わりと新撰組的群像劇な流れもあるんですね。
最初登場人物多すぎて、誰が誰やねんって感じやったんやけど、いつの間にかけっこう全員に感情移入できてよかった。
でも、これ、一巻で全然完結せぇへんねんな……。
まさか、あそこまで”戦いはこれからだ!”なシーンで終わるとは予想もしてへんかった。
ま、この流れで、広島死闘編とか見るか。




以上! 
そんな感じの29→30でした。
予想通りやけど、一日に5個とか6個イベント詰め込むとすげぇ充実感ほとばしるな。
最後のほう、裁判傍聴とかはるかかなたの記憶やったし……。

というわけで、これからもこんな感じで気楽に生きていこうと思います。
30代大楽絢太を、今後ともどうぞよろしくお願いします。


拍手ボタン
by dkdkdkdkdk1 | 2013-10-22 14:37 | 月曜更新篇
<< 芸術の秋 うっ >>